旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > ヨーロッパ > ヨーロッパの最新クレジットカード事情とおすすめのカード3枚

ヨーロッパの最新クレジットカード事情とおすすめのカード3枚

ヨーロッパのクレジットカード事情とおすすめのカード3枚
イギリスやフランス、ドイツなどヨーロッパの国々はキャッシュレス化が進んでいることが多いため、クレジットカードが必須となります。また、単純に多額の現金を持ち歩くのは防犯の面から考えてもリスクが高いですし、日本円を両替してくれる両替所が少なくて手間がかかるデメリットなどもあります。

いくつかの国を周遊する場合は、別々の通貨を準備する手間を省けるメリットもありますね。

しかし、一方で「JCBは使えない」「ICチップのないカードは断られる」といったこともあり、特に普段はあまりクレジットカードを使わなかったり、これから発行するような初心者の方は注意が必要です。

このページでは、ヨーロッパのクレジットカード事情を交えながら、最終的に「どういったクレジットカードを持って行けばいいのか?」ということもまで徹底的に解説して行きたいと思います。


ヨーロッパのクレジットカード事情

ヨーロッパと言っても様々な国がありますが、基本的にはどの国もクレジットカードを使用することができます。2015年の各国のキャッシュレス決済比率の状況によるとイギリスが54.9%、スウェーデンが48.6%、フランスが39.1%と順番に続いています。日本は18.4%でした。

この調査から4年経った現在はApple Payをはじめとしたスマホによる決済も普及しつつあるので、よりキャッシュレスが進んでいると言っても過言ではありません。18.4%だった日本でも「田舎じゃなければカードが使える」という状況ですから、倍以上の比率があるヨーロッパの国々では1枚持っているだけで、かなり支払いがスムーズになりますよ。

ヨーロッパで使える国際ブランド

国際ブランドとはクレジットカードに付いていマーク(国際ブランド)によって使いやすさは変わりますので、自分の持っているクレジットカードを事前にチェックしてみましょう。また、これから発行する場合もヨーロッパで使いやすい国際ブランドを選ぶようにしましょう。

VISAかMasterCardならどこでも使える

海外旅行では定番ですがVISAかMasterCardであれば、どこでも使うことができます。昔は「ヨーロッパはMasterCardの方が主流だ!」と言われてましたが、今は他の国同様どちらも同じぐらい普及しています。

AMEXは都市部で使える

AMEX(アメリカン・エキスプレス・カード)は都市部で使えるケースが多いです。地方や田舎に行くほど使えなくなるのは日本と同じような感じですね。

後ほど紹介しますが、最近発行したアメリカン・エキスプレス・カードはコンタクトレス決済が搭載されているため、コンタクトレス決済が普及したイギリスは1枚持っているだけで旅行がしやすくなります。

JCBとダイナースはどこに行っても使いづらい

JCBとDinersClubはどの国に行っても使いづらいです。使える場所を見つける方が難しいレベル。

特にJCBは日本ではVISAやMasterCardと同じぐらい普及しているため、手持ちのクレジットカードがJCBの人も多いかと思います。もしそうであれば新しくVISAかMasterCardのクレジットカードを発行しておきましょう。

ヨーロッパでクレジットカードが使える場所・使えない場所

厳密には国によって違いますが、クレジットカードが使える場所・使えない場所をざっくりと分類してみます。

クレジットカードが使える場所

  • 各種小売店(デパート、スーパー、ドラッグストア、専門店など)
  • 薬局
  • ホテルや宿泊施設
  • 駅や空港内のお店
  • 地下鉄やバス・トラムの券売機
  • コンサートや劇場のチケットショップ
  • レストラン・飲食店・パブ
  • テイクアウェイ(軽食の持ち帰り)
  • ガソリンスタンド
  • タクシー
  • 銀行ATM
  • ニューススタンド・売店
  • 郵便局

基本的には上記の場所でカード払いが可能です。観光で訪れるのであれば現金をほとんど持ち歩かなくても特に困ることはありません。

また、移動手段で鉄道や地下鉄を使う機会も多くなると思いますが、基本的には全てクレジットカードで購入することができます。カウンター・券売機どちらかでもクレジットカード支払いOK。ネットでの購入もできます。

↑こちらはフランス・パリでの切符の買い方ですが、ヨーロッパの国であれば他の国も同じような買い方となりますので、参考にしてみてください。

↑こちらはドイツの電車。このように硬貨でも支払えますし、券売機によってはVISAやMasterCardも使えず、その国の国際ブランドしか対応していなこともありますので、切符が買えるぐらいの小銭は用意しておいたほうがいいでしょう。

また、バスに関しては現金で運転手から直接購入するタイプもあれば、バス内の券売機(カード払いのみ対応)から購入するタイプもあります。どちらでも対応できるように、現金・クレジットカード両方用意しておいた方がいいでしょう。

クレジットカードが使えない場所

  • 安売り/ディスカウント店
  • 露天の売店(果物など)
  • 自動販売機(お菓子、飲み物など)

日本と同じように、安さが売りであったり、露店のような簡易的なお店はクレジットカードが使えないケースが多いです。

旅井
いくつかの国についてはカード払いができる場所・できない場所をまとめていますので、あわせてご参考ください。詳しくはこちら

現金は小銭を用意。紙幣は100ユーロ以下で大丈夫

ヨーロッパでは小銭を使う機会が多いですので、少し多めに用意しておくとトラブルになりにくくなります。チップや交通手段、観光地、小さいお店など急に小銭が必要になったときにも焦ることなく対応できます。

逆に紙幣は100ユーロ以下で十分です。基本的にはカードで支払うように心がけましょう。現金をたくさん持ち歩くのは危険ですしね。

「現金があればクレジットカードは必要ないのでは?」と思っている方は要注意。クレジットカードは身分証明書としても使うことができますし、ホテルのデポジットのように持っていないことで大きく損をしてしまうこともあります

思わぬ場面でクレジットカード払いを求められることもありますので、ムダなトラブルを避けるためにも必ず持っておきましょう。

ヨーロッパ旅行に最適なクレジットカードの3つのポイント

上記で紹介した情報をもとに、現在のヨーロッパ旅行に最適なクレジットカードのポイントを3つご紹介します。多くのポイントをクリアしているほど、ヨーロッパ旅行で使いやすくなります。

国際ブランドがVISAかMasterCard

『ヨーロッパで使える国際ブランド』でも解説しましたが、1枚は必ずVISAかMasterCardのクレジットカードを準備しておくこと。普段の生活ではJCBやAMEXを使っている人も、海外旅行用に1枚発行しておきましょう。

VISAとMasterCardはどちらもほとんど違いはありません。好きな方を発行して大丈夫です。

どうしても迷ってしまう場合はVISAがおすすめ。世界シェアがMasterCardよりも大きいため、お店で使える可能性が高くなります。

ICチップが搭載されている

アメックスカードにもICチップ搭載!海外旅行の支払いでも使いやすさアップ上画像の部分がICチップと呼ばれるものです。ICチップは従来の磁気テープ型と比べてセキュリティが厳重であるため、「ヨーロッパが世界で最も早く普及した」とも言われています。

その影響もあってか、支払いの際は暗証番号を入力して決済するのが一般的。ICチップを搭載したクレジットカードのみが暗証番号入力型の機械に対応しているため、ICチップの付いていないクレジットカードを出すと「使えません」と断られてしまいます

ここ数年で国内で発行されているクレジットカードはほとんどICチップが搭載されているため神経質になる必要はありませんが、国際ブランドとあわせて確認しておきましょう。

コンタクトレス決済が搭載されている

こちらは上記2つのポイントとは違って「まあ、あれば嬉しいかな」というポイント。コンタクトレス決済というのはSuicaやPASMOのようにカードをかざすだけで決済ができる決済方法のことです。コンタクトレス決済ができるクレジットカードには以下のようなマークが付いています。

三井住友VISAプライムゴールドカードのコンタクトレスのマーク

コンタクトレス決済の何がいいのかというと、『セキュリティがICチップよりも強い』『支払いがスムーズ』という点です。暗証番号の入力が必要ないためスキミングの心配がありませんし、カードをかざすだけで決済が完了するため会計がスムーズです。

コンタクトレス決済を利用する方法は以下の2つがあります。

『コンタクトレス決済対応のクレジットカードを使う』はそのままの意味で、コンタクトレスのマーク(波模様のマーク)が付いているクレジットカードを持っていれば使えます。国内ではまだあまりありませんが、三井住友VISAカードアメリカン・エキスプレス・カードなど定番のクレジットカードも続々対応しています。

Apple Payは登録したクレジットカードの国際ブランドにあわせて、それぞれのコンタクトレス決済が使えます。iPhoneをかざしてフェイスIDや指紋認証などでロックを解除すれば決済が完了します。

日本のApple Payも問題なく海外に対応していますので安心してご利用ください。

注意点は『VISAのコンタクトレス決済は対応していない』ということ。世界中どこでも使えるVISAもコンタクトレス決済に関してはいろいろな利害関係によって海外では使えません。

旅井
もしApple Payを使う予定なのであればVISAではなくMasterCardのクレジットカードを登録しておくことをおすすめします。

お好みで保険の充実度やマイルの貯まりやすさも考える(中級者以上向け)

上記の3つを満たしてればヨーロッパ旅行での支払いは完璧です。しかし、クレジットカードには海外旅行保険が付帯されていたり、旅行がお得になるサービスを付帯しているものもありますので、それらを上手に利用すればより充実した旅行を楽しむことができます。

カードに関する知識がある程度必要になってきますし、根気強く情報を集めて自分で考える力も必要になるため初心者にはおすすめできませんが、海外旅行に行き慣れた中級者以上の方であれば、自分がお得になれる1枚を探してみるのもおすすめですよ。

ヨーロッパ旅行におすすめのクレジットカード3枚

最後にこれからクレジットカードを発行する方のために、ヨーロッパ旅行におすすめのクレジットカードを3枚ほどご紹介したいと思います。

VISA/MasterCard両方発行できる「三井住友VISAクラシックカードA」

三井住友VISAクラシックカードAの詳細 年会費 1,500円(税抜) 初年度年会費無料
国際ブランド VISA/MasterCard
旅行保険 海外/国内:最高2500万円(自動付帯)
ポイント 1,000円⇒1ポイント(ワールドプレゼントポイント)
マイル還元率 ANA:0.3%
  • 世界中どこでも使える安心のクレジットカード
  • 年会費が安く、海外・国内旅行保険がしっかりと付帯されている
  • クレヒスを育てることでゴールドカードにグレードアップできる

国内メガバンクでもおなじみの三井住友が発行するクレジットカード。国際ブランドはVISAとMasterCardから好きな方を選ぶことができるため、支払い用として使い勝手がいいです。

また、サポートデスクの質も高く、万が一の盗難・紛失の際も丁寧に対応してもらうことができます。私自身、帰国後に見つけた怪しい明細をわざわざ調べてもらった経験があります。

年会費の安いクレジットカードは基本的にはサポートデスクの対応が悪く、電話が繋がらないことも珍しくありません。ヨーロッパ旅行に慣れていない人ほどトラブルが起きやすいですから、『安心』を手に入れるためにも三井住友VISAクラシックカードAを1枚持っておくことをおすすめします。

年会費無料で使いたいなら「楽天カード」

楽天カード 年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
旅行保険
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイル還元率 ANA:0.5%(100円=0.5%)
  • ポイント還元率の高い年会費無料クレジットカード
  • ポイントは楽天市場や楽天トラベルで使える
  • プリペイド型電子マネー「Edy」搭載

テレビCMでもおなじみの楽天カード。国際ブランドを自分で選択でき、年会費も無料となっていますので、手軽にVISAやMasterCardをゲットしたい方におすすめです。

年会費無料のクレカにしてはスペックもなかなか優秀であり、ポイント還元率は常に1.0%でポイントが貯まりやすく、海外旅行保険も一番利用頻度が高い「傷害治療費用(ケガの治療費を補償)」と「疾病治療費用(病気の治療費を補償)」が200万円も補償してもらうことができます。通常の年会費無料クレジットカードはポイント還元率0.5%、傷害治療費用・疾病治療費用は50万円しか補償されません。

また、貯めたポイントは楽天トラベルで1P=1円として使うことができますので、次回の旅行の宿泊費や航空券に使いまわせてお得です。

デメリットはサポートの質があまりよくないこと。サポートデスクに電話に出ないことも多く、いざ出ても融通か利かない返答しかもらえない印象です。サポートデスクを利用する機会が0の可能性もありますが、心配な方はサブカードぐらいの気持ちで使うといいでしょう。

ちなみに、上位カードの楽天プレミアムカードにすれば世界中の空港ラウンジを使えるプライオリティ・パスを無料発行できますので、ヨーロッパを快適に旅行したい人や何か国かをまたいで旅行する人はおすすめですよ。

年会費無料でゴールドカード並みの海外旅行保険を付帯「エポスカード」

エポスカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
ポイント 200円⇒1P(エポスポイント)
マイル ANA/JAL:0.25%
  • 年会費無料カードの中ではトップレベルの傷害・疾病治療補償の充実度
  • 国内飲食店やカラオケの優待サービスが豊富
  • 全70種類の豊富なカードデザインで女性から人気

エポスカードは年会費無料でありながらゴールドカード並みの海外旅行保険が付帯していることで人気のクレカです。

一番利用頻度の高い傷害治療費用(ケガの治療費を補償)が200万円、疾病治療補償(病気の治療費を補償)が270万円も補償してもらうことができ、付帯条件は自動付帯となっていますので、持っているだけで保険を適用してもらうことができます。手続きなどは一切必要ありません。

保険の適用期間は旅行初日から90日間ですので、長期滞在でヨーロッパ周遊を考えている場合は1枚持っておくとお守り代わりになりますよ。

また、国際ブランドはVISAであるため、支払いやキャッシングにも使うことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする