AAdvantage VISA クラシックワイドカードのメリット・デメリット

AAdvantage VISA クラシックワイドカードAAdvantage VISA クラシックワイドカードは、りそな銀行が発行するAAdvantage VISA カードの一つです。クラシックカードの上位カードであるため、アメリカン航空のマイル(以下:AAマイル)が100円=1マイルで貯めることが可能です。普段の生活から効率よくマイルを貯めたい人と相性のいいクレジットカードだと言えます。

一方、その他の特典に関してはクラシックカードとそれほど違いはありませんので、単純に『AAマイルをたくさん貯めたいのかどうか?』という部分で判断すればOKです。

↓3,000~7,000マイルもらえる入会キャンペーン中↓
申込ページはこちら

AAdvantage VISA クラシックワイドカードの特徴(メリット)

AAdvantage VISA クラシックワイドカードの詳細年会費8,000円
国際ブランドVISA
旅行保険海外/国内:最高2,000万円(利用付帯)
ポイント
マイル還元率AAマイル:1.0%
  • ショッピング利用でも100円=1マイルでアメリカン航空のマイルが貯まる!
  • 18ヶ月以内に1度貯めれば全マイルの有効期限が自動延長
  • Oneworld加盟航空会社や提携航空会社の特典航空券と交換も可能

ショッピング利用でも100円=1マイルでアメリカン航空のマイルが貯まる!

AAdvantage VISA クラシックワイドカードはカード決済額100円に対して1マイルを直接貯めることができます。クラシックカードは200円=1マイルですので、クラシックワイドカードの方が2倍貯まりやすい計算になります。

では、どちらを発行した方がお得なのか?

これに関してはクラシックカードとクラシックワイドカードの年会費の差3,000円を埋められるかがポイントとなります。

クラシックワイドカードのマイル還元率1.0%とすると、1マイルの価値を1円の場合『年間利用額30万円』、1.5円の場合『年間20万円』、2円の場合『年間15万円』が損益分岐点となります。低く見積もっても年間30万円以上の利用は難しくありませんので、ほとんどの場合はクラシックワイドカードを発行した方がお得です。

18ヶ月以内に1度貯めれば全マイルの有効期限が自動延長

AAマイルの有効期限は18ヶ月であり、期限内に一度でもマイルが貯まると全マイルの有効期限が延長されます。実質期限無制限で貯め続けることも難しくありません。

このメリットはクラシックカードやゴールドカードも同じです。

Oneworld加盟航空会社や提携航空会社の特典航空券と交換も可能

AAマイルはアメリカン航空だけではなく、同社が加盟するワンワールドの航空会社やアメリカン航空独自の提携航空会社の特典航空券と交換することもできます。

ワンワールド加盟航空会社提携航空会社
  • アメリカン航空
  • 日本航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • エア・ベルリン
  • イベリア航空
  • カタール航空
  • フィンエアー
  • マレーシア航空
  • S7航空
  • LATAM航空
  • ロイヤルヨルダン航空
  • スリランカ航空
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • アラスカ航空/ホライゾン航空
  • ガルフ航空
  • エティハド航空
  • ハワイアン航空
  • ジェットエアウェイズ
  • ウェストジェット
  • エア タヒチ ヌイ
  • シーボーン航空
  • フィジー・エアウェイズ
  • Interjet
  • ケープエアー

こちらもクラシックカードやゴールドカードと同じメリットです。

AAdvantage VISA クラシックワイドカードのデメリット

旅行特典があまり付帯されていない

クラシックカードもそうですが、旅行関連の特典があまり付帯されていません。良くも悪くもAAマイルを貯めることに特化しているクレジットカードだと言えます。

付帯されている特典は以下の通り。

特典内容
VJデスク世界中の主要都市に設置されているサポートデスクで、現地観光情報の紹介から緊急時のサポートまで日本語で対応してもらえます。
VJトラベルデスク国内・海外ツアー最大5%割引になります。
GlobePass加盟店優遇プログラムアジア各国へ渡航の際に、免税店やレストランなどで専用アプリ上のGlobePass(グローブパス)クーポンを提示するだけで割引やプレゼント等の優待サービスが受けられます。
ホノルルラウンジホノルル市内のVJデスク・ホノルルに併設されたラウンジを使用できます。

『クラシックカードよりも年会費が3,000円も高いのにマイルが貯まること以外は全く同じ』ということに納得できない場合はデメリットだと言えます。

個人的には年会費8,000円でマイル還元率1.0%でマイルを貯められるのは優秀だと思います。ANAワイドカードJAL CLUB-Aカードは年会費10,000円以上(移行手数料含め)かけなければマイル還元率1.0%になりませんからね。

入会でもらえるボーナスマイルがクラシックカードと同じ

クラシックワイドカードの入会ボーナスマイルは3,000マイル。一方、クラシックカードも3,000マイルです。

他の航空系カードは上位カードになるほどもらえるボーナスマイルが多くなる傾向にありますので、比較すると物足りなさは否定できません。

まとめ

以上をまとめると、AAdvantage VISA クラシックワイドカードは『とにかくコスパ良くAAマイルを貯めたい』という人におすすめのクレジットカードだと言えます。

クラシックカードよりもマイル還元率が高く、ゴールドカードほど年会費もかからないため、「ゴールドカードで追加される特典は興味ない」という場合や既に別のクレジットカードでそういった旅行特典が付帯されている場合に発行するといいでしょう。

↓3,000~7,000マイルもらえる入会キャンペーン中↓
申込ページはこちら

AAdvantage VISA クラシックワイドカードのスペック

カード名AAdvantage VISA クラシックワイドカード
カードデザインAAdvantage VISA クラシックワイドカードの詳細
申込資格満18歳以上(高校生除く)で、安定した収入のある方
年会費8,000円
家族カード1,000円
ETCカード無料(※1)
発行期間
国際ブランドVISA
ポイント還元率
マイル還元率AAマイル:1.0%(100円=1マイル)
電子マネーiD
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害2000万円
傷害治療補償50万円
疾病治療補償50万円
救援者費用100万円
賠償責任2000万円
携行品損害15万円
付帯条件利用付帯
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害2000万円
入院日額
通院日額
付帯条件利用付帯
ショッピング利用枠20~70万円
海外キャッシング利用枠0~30万円
※1:初年度無料。年1回以上の利用があれば次年度も無料(なければ500円)
↓3,000~7,000マイルもらえる入会キャンペーン中↓
申込ページはこちら
タイトルとURLをコピーしました