MileagePlusセゾンゴールドカードのメリット・デメリット

MileagePlusセゾンゴールドカードMileagePlusセゾンゴールドカードはユナイテッド航空とセゾンが提携したゴールドカードです。

MileagePlusセゾンカードでの『マイルの貯まりやすさ』はそのままに、空港ラウンジの無料利用特典やマイル購入10%割引、特典航空券の交換優遇などが新たに付与されています。

しかし、一方でMileagePlusセゾンカードと比較すると年会費が1万円以上も高くなっているため、「年会費以上の価値はあるのか?」が気になるところ。

そこでこのページではMileagePlusセゾンゴールドカードのメリット・デメリットをまとめ、どのような価値があるのかを解説していきたいと思います。

MileagePlusセゾンゴールドカードのメリット

MileagePlusセゾンゴールドカードの券面年会費20,000円
国際ブランドVISA/MasterCard/AMEX
旅行保険海外/国内:5,000万円(自動付帯)
ポイント
マイル還元率1.5%
  • 1,000円=15マイルで貯められる!
  • コスモ石油では1,000円=25マイル貯められる
  • VISAやMasterCardがあるから海外でも使える
  • マイル購入が10%割引で利用可能!
  • 優遇で特典航空券の交換しやすさがアップ!

MileagePlusセゾンゴールドカードとMileagePlusセゾンカードのメリットは被っている部分もあるため、ここではMileagePlusセゾンゴールドカードから新たに追加されたメリットのみをご紹介します。

初めてMileagePlusセゾンカードについて調べている場合は、一度MileagePlusセゾンカードのメリット・デメリットをご確認のうえ読み進めてください。

マイル購入が10%割引

MileagePlusは特典航空券の交換に必要なマイル数が足りなかった場合、直接マイルを購入して足しにすることができます。

購入価格は時期によって変動しますが、一般的には以下の通り。

購入マイル数購入価格(税別)
2,000マイル70米ドル
5,000マイル175米ドル
8,000マイル280米ドル
10,000マイル350米ドル
15,000マイル525米ドル
20,000マイル700米ドル
30,000マイル1,050米ドル
50,000マイル1,750米ドル
80,000マイル2,800米ドル

例えば、10,000マイルを購入する場合なら約3,773円*1割引してもらえる計算です。かなり大きいですよね。

ただでさえANAやJALよりも必要マイル数が少ないユナイテッド航空が、さらに乗りやすくなります。

優遇で特典航空券の交換しやすさがアップ

マイルを特典航空券に交換する際、MileagePlusセゾンゴールドカード保有者はMileagePlusセゾンカード保有者よりも予約範囲を拡大してもらうことができます。

具体的には『空席が1席でもあれば交換が可能』に。

人気路線やハイシーズンに特典航空券へ交換することが多い人ほど、ありがたい特典です。

国内主要空港のラウンジを利用可能に

セゾンカードのゴールドカード以上を保有している人のみが使用できる空港ラウンジを無料で利用することができます。

⇒対象空港はこちら

対象はカード会員のみ。同伴者は有料となります。

家族カードが発行可能になる

MileagePlusセゾンゴールドカードでは年会費5,000円(税別)で家族カードを発行することができます。MileagePlusセゾンカードでは家族カードを発行できませんので、夫婦や家族でマイレージプラスを貯めたい場合はMileagePlusセゾンゴールドカードが選択肢になります。

家族カードで貯めたマイルも本会員と同じマイル口座に貯まります。

MileagePlusセゾンゴールドカードのデメリット

年間75,000マイル以上の交換は還元率が悪くなる

MileagePlusセゾンゴールドカードはマイル還元率1.5%(1,000円=15マイル)でマイレージ・プラスを貯めることができるのですが、『年間75,000マイル未満が対象』となっています。

75,000マイル以上を超えた分は還元率0.5%(1,000円=5マイル)に。

MileagePlusセゾンゴールドカード含め、MileagePlusセゾンカードを選ぶメリットは他のマイレージプラス提携カードよりもマイル還元率が高いことにありますから、還元率0.5%に低下するのはかなり痛いです。

他のマイレージプラス提携カードとの比較表

旅井
旅井

75,000マイルは年間500万円利用すると貯まります。そのため、もしこの利用金額を超えるようであればMileagePlusセゾンカードやMileagePlusセゾンプラチナカードの方が相性がいいです。

マイルの貯まりやすさのコスパを考えるとイマイチ

MileagePlusセゾンゴールドカードは年会費20,000円(税別)に対し、MileagePlusセゾンカードは年会費1,500円(税別)。マイルアップメンバーズに加入しても年会費6,500円(税別)です。

マイル還元率がどちらも1.5%であることを考えると、13,500円の年会費差は大きいです。

さらに、この13,500円を上回る特典が付与されているか?と言えば、正直微妙なところ。

思い切ってMileagePlusセゾンプラチナカードにした方が、空港ラウンジ『ユナイテッドラウンジ』やユナイテッド航空優先搭乗などが利用できる分、満足度も高いでしょう。

まとめ

以上のメリット・デメリットをまとめると、MileagePlusセゾンゴールドカードと相性がいい人は、

  • 家族でマイレージプラスを貯めたい
  • 空港ラウンジ特典を利用したい
  • マイレージプラスが貯まりきらずにマイルを購入することがある
  • ハイシーズンに特典航空券へ交換することが多い

といった人です。

やはりMileagePlusセゾンゴールドカードを使うのであればMileagePlusセゾンカードには付いていない特典を利用しなければもったいないですし、家族でマイレージプラスを貯めるために必要な家族カードもMileagePlusセゾンカードでは発行できませんので、上記に当てはまるのであればMileagePlusセゾンゴールドカードで間違いありません。

MileagePlusセゾンゴールドカードのスペック

カード名MileagePlusセゾンゴールドカード
カードデザインMileagePlusセゾンゴールドカードの券面
申込資格18歳以上(高校生除く)
年会費20,000円(税別)
家族カード5,000円(税別)
ETCカード無料
発行期間最短3営業日~2週間
国際ブランドVISA/MasterCard/AMEX
ポイント還元率
マイル還元率1.5%
電子マネーiD、QUICPay、楽天Edy、nanaco
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
傷害治療補償300万円
疾病治療補償300万円
救援者費用300万円
賠償責任3,000万円
携行品損害30万円
付帯条件自動付帯
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害5,000万円
入院日額5,000円
通院日額2,000円
付帯条件自動付帯
ショッピング利用枠個別に設定
海外キャッシング利用枠個別に設定

*1: 1. 2020/04/20のレート。1米ドル=107.80円換算。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました