MileagePlusセゾンカードのメリット・デメリット:コスパ良くマイレージプラスを貯められる

MileagePlusセゾンカードMileagePlusセゾンカードはユナイテッド航空とセゾンカードが提携したクレジットカードです。

利用金額1,000円ごとにマイレージプラスを5マイル直接貯めることができ、年会費も1,500円とリーズナブルに設定されているため、年会費をあまりかけてくない人とも相性がいいです。

また、マイルアップメンバーズ(年会費5,000円)に加入すれば1,000円=15マイルとなるため、用途にあわせて高還元率にマイルを貯められるクレジットカードに進化させることもできます。

マイレージプラス自体は有効期限が無制限で貯まり続けますので、場合によってはANAやJALよりもマイルを使って特典航空券をゲットしやすいこともあります。

MileagePlusセゾンカードの特徴(メリット)

MileagePlusセゾンカードの券面年会費1,500円
国際ブランドVISA/MasterCard/AMEX
旅行保険海外:3,000万円(自動付帯)
ポイント
マイル還元率マイレージプラス:0.5%(通常時)
:1.5%(マイルアップメンバーズ加入時)
  • マイルアップメンバーズに加入すると1,000円=15マイルで貯められる!
  • コスモ石油では1,000円=25マイル貯められる
  • VISAやMasterCardがあるから海外でも使える

マイルアップメンバーズに加入すると1,000円=15マイルで貯められる!

マイルアップメンバーズ

MileagePlusセゾンカードにはマイルアップメンバーズと呼ばれるポイントアップ特典が用意されています。年会費5,000円を別途支払うことで、カード払いで付与されるマイル数が10マイル追加され、1,000円=15マイルでマイレージプラスを貯められるようになります。

マイル還元率にすると1.5%。国内で発行できるマイレージプラスカードの中ではMileagePlus ダイナースクラブファースト(マイル還元率2.0%)に次ぐ還元率の高さとなります。

MileagePlus ダイナースクラブファーストは年会費43,000円と超高額なため、コスパで考えればMileagePlusセゾンカードが最強です。

また、MileagePlusセゾンカードには上位カードにMileagePlusセゾンゴールドカードMileagePlusセゾンプラチナカードがありますが、それぞれ年会費20,000円、50,000円とMileagePlusセゾンカードの3倍以上の料金となっていますので、やはり効率よく貯めるならMileagePlusセゾンカードが最適だと言えます。

MileagePlusセゾンカードの比較表

コスモ石油では1,000円=25マイル貯められる

さらに、マイルアップメンバーズの特典によってコスモ石油では1,000円=25マイルで貯められるようになります。利用者は限られるかと思いますが、対象であるのであれば使っておかないと損です。

VISAやMasterCardがあるから海外でも使える

MileagePlusセゾンカードの国際ブランド

MileagePlusセゾンカードの国際ブランドはVISA、MasterCard、AMEXの中から好きなものを選ぶことができます。

ANAとJAL以外の航空系クレジットカードは国際ブランドがJCBやAMEX、DinersClubしか用意されていないことも多いため、海外で使いやすいVISAやMasterCardを選べるのは大きなメリットです。

また、MileagePlusセゾンカードはAMEXを選ぶことでサンクスマイルとして毎年500マイルがもらえますが、海外旅行や海外出張へ頻繁に行く方や長期滞在をする場合は使いやすさ重視でVISAかMasterCardがおすすめです。

国際ブランドによるMileagePlusセゾンカードの違い

海外旅行保険がゴールドカード並みに付帯されている

MileagePlusセゾンカードでは自動付帯で以下の海外旅行保険が付帯されています。

担保内容本会員
傷害死亡・後遺障害3,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円(1,000円は自己負担)
救援者費用300万円
携行品損害30万円(3,000円は自己負担>

特に注目したいのが『傷害治療費用(ケガの治療費を補償)』『疾病治療費用(病気の治療費を補償)』の2つ。それぞれ300万円ずつ付帯されていますが、これはゴールドカードやプラチナカード並みの補償額です。

わずか年会費1,500円でこれほどの海外旅行保険を付帯しているものは他にありませんので、クレジットカードの海外旅行保険だけで海外旅行へ行く人なら持っておいて損はないカードだと言えます。

MileagePlusセゾンカードのデメリット

空港ラウンジなどの旅行特典がない

MileagePlusセゾンカードのデメリット

MileagePlusセゾンカードでは空港ラウンジをはじめとした旅行特典が付帯されていません。

国際ブランドをAMEXにすればAMEX共通の旅行特典『アメリカン・エキスプレス・コネクト』が使えますが、目ぼしいものはExpediaでの8%~10%宿泊割引ぐらい。年会費を考えれば、あまり魅力的な内容とは言えません。

また、セゾンカード共通の特典として海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス(テレコムWi-Fiを10%OFFでレンタルできる)がありますが、こちらももっと年会費の安いカードでも使えることを考えると、メリットとはいいがたいです。

家族カードがない

MileagePlusセゾンカードのデメリット

MileagePlusセゾンカードでは家族カードを発行できません。そのため、夫婦でマイルを貯めたいときは相性が悪いです。

もし家族カードを発行したいのであれば上位カードであるMileagePlusセゾンゴールドカードを発行しましょう。

まとめ

以上のメリット・デメリットを考えると、MileagePlusセゾンカードは『コスパ良くマイレージプラスのマイルを貯めるときに最適なクレジットカード』だと言えます。

マイルアップメンバーズに加入することでマイル還元率1.5%まで引き上げることができ、同還元率の他のクレジットカードと年会費を比較した時、MileagePlusセゾンカードよりも年会費が安いのはMileagePlus MUFGカードぐらいですからね。

そのMileagePlus MUFGカードもリボ払いを利用することでマイル還元率1.5%に引き上げられますので、使い勝手や利息を考慮すればMileagePlusセゾンカードの方が優秀です。

MileagePlusセゾンカードのスペック

カード名MileagePlusセゾンカード
カードデザインMileagePlusセゾンカードの券面
申込資格18歳以上(高校生除く)
年会費1,500円
家族カード
ETCカード無料
発行期間最短即日~1週間
国際ブランドVISA/MasterCard/AMEX
ポイント還元率
マイル還元率マイレージプラス:0.5%(通常時)
:1.5%(マイルアップメンバーズ加入時)
電子マネーiD、QUICPay、楽天Edy、nanaco
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害最高3,000万円
傷害治療補償300万円
疾病治療補償300万円
救援者費用300万円
賠償責任3,000万円
携行品損害30万円
付帯条件自動付帯
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害
入院日額
通院日額
付帯条件
ショッピング利用枠個別に設定
海外キャッシング利用枠個別に設定
タイトルとURLをコピーしました