【問い合わせてみた】JCB CARD Wにインビテーションなし!40歳以上になっても使い続けられます

【問い合わせてみた】JCB CARD Wにインビテーションなし!40歳以上になっても使い続けられますJCB CARD Wを発行するときに「そういえば、40歳を超えたらJCBゴールドとかJCBゴールド・ザ・プレミアへのインビが来るのかな?」と気になり、実際にJCBに問い合わせて回答をいただきましたので、ここでシェアしておきます。

JCB CARD Wを検討しており、かつ上位カードへのグレードアップを考えている方の参考になれば幸いです。

ゴールドなどへのインビテーションはない

インビテーションというのは「招待」を意味し、カード会社から「ゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードへアップグレードしませんか?」と誘われることを意味します。JCBではJCBゴールド ザ・プレミアJCBプラチナからJCB ザ・クラスへのインビテーションが定番です。

しかし、JCB CARD Wに関しては上位カードへのインビテーションはありません

実際にJCBのサポートに問い合わせてみたところ、以下のような返信が返ってきました。

JCB CARD Wのインビに関する返信

上画像のとおり、JCB CARD Wは40歳以上になっても年会費無料で使えますし、JCB一般カードやJCBゴールドへのインビテーションはありません。

40歳以上になってもポイント還元率1.0%以上で使えるわけですから、OkiDokiポイントをたくさん貯めたい人で39歳以下なら発行しておかないと損でしょう。JCBゴールドやJCBプラチナ、JCB ザ・クラスなどもポイント還元率はJCB CARD Wに劣りますからね。

JCB ザ・クラスを狙うならJCB一般カードの発行が最適

逆にJCB ザ・クラスへの布石として考えているのであれば、JCB CARD WではなくJCB一般カードが最適です。

JCBカードのスタンダードモデルであり、このカードから『JCBゴールド ⇒ JCBゴールド ザ・プレミア ⇒ JCB ザ・クラス』といった順番でJCB ザ・クラスを手に入れることができます

いきなりJCBゴールドを持った方がJCB ザ・クラスまでの道は近いですが、結構JCBは上位カードの審査が厳しい(年齢30歳以上でそこそこの年収があってもカード歴がなければ落ちたりする)ので、安全にJCBカードを取得するならJCB一般カードが安心です。

JCB一般カードの詳細はこちら

まとめ

JCB CARD Wは公式サイトを見ても「39歳以下なら年会費無料!」としか表記されていないため、40歳を過ぎると三井住友カード デビュープラスのように上位カードへ自動アップグレードされる*1と勘違いしがちですが、そのままJCB CARD Wとしてお得に使い続けられますので安心してください。

JCB CARD Wの申し込みはこちら

三井住友ード デビュープラスは40歳ではなく25歳を超えると、三井住友カード プライムゴールドまたは三井住友カードへ切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました