【問い合わせてみた】JCB CARD Wにインビテーションなし!40歳以上になっても使い続けられます

【問い合わせてみた】JCB CARD Wにインビテーションなし!40歳以上になっても使い続けられますJCB CARD Wを発行するときに「そういえば、40歳を超えたらJCBゴールドとかJCBゴールド・ザ・プレミアへのインビが来るのかな?」と気になり、実際にJCBに問い合わせて回答をいただきましたので、ここでシェアしておきます。

JCB CARD Wを検討しており、かつ上位カードへのグレードアップを考えている方の参考になれば幸いです。

ゴールドなどへのインビテーションはない

インビテーションというのは「招待」を意味し、カード会社から「ゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードへアップグレードしませんか?」と誘われることを意味します。JCBではJCBゴールド ザ・プレミアJCBプラチナからJCB ザ・クラスへのインビテーションが定番です。

しかし、JCB CARD Wに関しては上位カードへのインビテーションはありません。実際にJCBのサポートに問い合わせてみたところ、以下のような返信が返ってきました。

JCB CARD Wのインビに関する返信

上画像のとおり、JCB CARD Wは40歳以上になっても年会費無料で使えますし、JCB一般カードやJCBゴールドへのインビテーションはありません。

40歳以上になってもポイント還元率1.0%以上で使えるわけですから、OkiDokiポイントをたくさん貯めたい人で39歳以下なら発行しておかないと損でしょう。JCBゴールドやJCBプラチナ、JCB ザ・クラスなどもポイント還元率はJCB CARD Wに劣りますからね。

上位カード以上を狙うならJCB一般カードの発行がおすすめ

逆に上位カードへの布石として「どうせならポイントが貯まりやすいJCB CARD Wが良さそうだな」と考えている場合はおすすめできません。インビテーションがありませんから、同じく年会費が安くて審査レベルも低いJCB一般カードを発行したほうがいいでしょう。

JCB一般カードを旅行で使うとどんな感じ?メリット・デメリットや海外旅行保険について解説
国内では有名なJCB一般カード。使えるお店も多く、旅行関連の割引や貯めたポイントをディスニーランド、USJなどのチケットと交換することができるため、旅行にもメリット多いカードとなっています。しかし、一方で「海外では使えない場所が多くて不...

JCB一般カードはJCBゴールドへのインビテーションがあります。そこから順番にJCBゴールド ザ・プレミア、JCB ザ・クラスとグレードアップしていきます。

まとめ

JCB CARD Wは公式サイトを見ても「39歳以下なら年会費無料!」としか表記されていないため、40歳を過ぎると三井住友カード デビュープラスのように上位カードへ自動アップグレードされる*1と勘違いしがちですが、そのままJCB CARD Wとしてお得に使い続けられますので安心してください。

JCB CARD Wの申し込みはこちら

三井住友ード デビュープラスは40歳ではなく25歳を超えると、三井住友カード プライムゴールドまたは三井住友カードへ切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました