旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > 北アメリカ > ハワイ旅行の海外旅行保険はクレジットカードだけで十分?実際の医療費を調査して解説してみた

ハワイ旅行の海外旅行保険はクレジットカードだけで十分?実際の医療費を調査して解説してみた

ハワイ旅行の海外旅行保険はクレジットカードだけで十分?実際の医療費を調査して解説してみた新婚旅行や家族旅行でハワイに行く場合に欠かせないのが海外旅行保険。ただ、クレジットカードをすでに持っていると

「クレジットカードの海外旅行保険だけで大丈夫なんじゃない?」
「わざわざ旅行会社のおすすめする保険に入らなくていい気がする」

と考えてる方も多いかと思います。

そこで今回は、ケガや病気の際にかかる医療費を見ながらハワイはクレジットカードの海外旅行保険だけでカバーできるのか?を調査していきたいと思います。


ハワイで必要になる治療費の例

有名な保険会社である東京海上日動が調査したホノルルの医療事情によると

病院の部屋代
(1日あたり)
公立病院 個室 : 約120,700円
セミ個室 : 約104,600円
I.C.U./C.C.U. : 約322,000円
私立病院 個室 : 約136,800円
セミ個室 : 約124,800円
I.C.U./C.C.U. : 約362,200円
入院保証金 公立病院 : 不要
私立病院 : 不要
手術費 虫垂炎 公立病院:-
私立病院:約2,012,300円
入院期間の平均:1~3日
アキレス腱断裂 公立病院:-
私立病院:約3,219,600円
入院期間の平均:5日
外来初診料 胃腸炎 公立病院:-
私立病院:約28,200円
当地から
日本への移送費
約3,622,100円
(ストレッチャー使用、定期便利用、付き添い医師1名、看護師1名)

となります。

ちょっと項目が多いので簡単に説明すると

  • 手術が必要な大きな病気やケガをすると200万円や300万円の医療費がかかる
  • 胃腸炎のような薬で収まる程度の病気なら数万円の医療費しかかからない

といった感じですね。

アメリカの医療費が高いのは確かですが、食中毒でお腹を壊した程度では10万円もかかりませんし、骨折で5日間入院しても70万円~80万円程度です。「家族が現地に駆け付けた」なんて条件がプラスされれば同じ症状でも2倍~3倍の費用がかかりますが、「死ぬかもしれない」という大きな病気や事故でない限り家族が現地に来ることなんてありませんよね。

クレジットカードの海外旅行保険は年会費の安いものでも100万円補償してもらえるので、こうやって見てみると十分カバーできると言えます。

海外の医療費について調べると盲腸(虫垂炎)の手術代も例に挙げられることが多いですが、別に虫垂炎も海外で起きやすい病気ではないですからね。「原因は不明でいつ発症するか分からず、たまたま海外旅行の時期に被る」って感じで発症するぐらいですし。

情報を鵜呑みにするととんでもなく医療費が高いイメージがありますが、実際に起きる確率で見れば全体の3~4%程度です。

500万円や1,000万円以上の医療費がかかるのは重い病気・ケガのときだけ

海外の医療費について調べると「1,000万円以上請求されるぞ!」なんて意見を見ますが、実際はそんなに医療費のかかる病気やケガって起きないんですよね。

高額の医療費が必要になるのは、道端で突然倒れてしまうような病気や海で溺れてしまう事故、脳内出血や心不全など重度な病気などです。

普通に観光してレジャーを楽しんだぐらいでは、どれも起きにくそうじゃありませんか?

たしかに「海外旅行保険には全く入らない」というのはおすすめしませんが、多くの場合はクレジットカードの海外旅行保険で十分補うことができると私は思います。

結論:私ならハワイもクレジットカードの海外旅行保険で済ませる

最終的には自己責任になるので「あなたも絶対に入る必要はありません!」とは言えませんが、私ならわざわざ旅行会社のおすすめする海外旅行保険には加入しません

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードエポスカードの2枚持ちでで病気とケガの治療費が500万円以上補償されていますし、今まで何回も海外旅行に行って一度も大きな病気にお世話になったことがないので。

現地の食べ物や飲み物なども一応適度にチェックしたり、危ない場所や時間帯には出歩かないように注意すれば意外と回避できるものですよ。

逆に不注意が多かったり、体調を壊しやすかったり、高齢の方は旅行会社の海外旅行保険に加入しておいた方がいいでしょう。普通の人よりも「万が一」が起こりやすそうですし。

また、クレジットカードの海外旅行保険の補償額が200万円以下の人は、新しくカードを発行して総額500万円以上にしておくことをおすすめします。最低でも300万円は欲しいですね。

これだけ補償されていれば、よく例に挙げられる盲腸の手術代(だいたい300万円)もカバーすることができますので。

適用条件が「自動付帯」のクレジットカードならカードの枚数だけ補償を加算してもらえるので、たくさん持っておいて損はありませんよ。

関連記事補償額1,000万円以上!旅行好きが選ぶ海外旅行保険が充実したおすすめクレジットカード

配偶者や子供もクレジットカードの海外旅行保険の対象にしたいなら、家族特約付きのクレジットカードもおすすめです。

関連記事海外旅行保険の家族特約が付いているおすすめクレジットカード

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする