旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > アジア地域 > 知らないと損する!台湾旅行におすすめのクレジットカード3枚

知らないと損する!台湾旅行におすすめのクレジットカード3枚

知らないと損する!台湾旅行におすすめのクレジットカード
台湾のクレジットカード普及率は日本とほぼ同じぐらいです。日本ではコンビニやデパート、飲食店など基本的にはどこでもクレジットカードが使えますよね?

しかし、一方でちょっと田舎にあるような個人経営のお店だったり屋台などでは現金払いにしか対応していないのも、何となくイメージできるかと思います。

台湾もこんな感じですので、もしあなたが「台湾では食べ歩きぐらいしかしない」というのであれば、現金(台湾ドル)だけでも問題ありません。

ただ、有名な観光スポットを見て回ったり、お買い物が多いのであればクレジットカードは必須。なぜなら、クレジットカードの中には台湾のお店で割引してもらえるものがあるからです。

また、台湾を含め海外では「クレジットカードの手数料 < 両替にかかる手数料」とカード決済によって手数料を安く抑えることができますので、カード払いできるものはカード払いにしておいた方が節約に繋がります。 今回はそういった点を踏まえて、台湾旅行におすすめのクレジットカードと簡単な選び方についてご紹介していきたいと思います。

台湾旅行におすすめのクレジットカードの選び方

台湾で使えるクレジットカードの種類(国際ブランド)はVISA、MasterCard、JCB

台湾旅行にクレジットカードは必要?使えるお店やカード事情を解説でも説明しましたが、台湾で使えるクレジットカードはVISA、MasterCard、JCBの3つです。

例として、私がいつも使っている組み合わせを紹介すると

  • VISAのカード(支払い用のメインカード)
  • JCBのカード(割引優待用のサブカード)
  • VISAのカード(キャッシング用のカード)

といった感じ。これに海外旅行保険用に持ったりしていますが、今回は支払いとキャッシングに絞って紹介しておきます。

VISAは世界で一番シェア率が高く、台湾をはじめ使えない国はありません。「クレジットカードが使えるお店ならVISAが使える」と言われるほど圧倒的なシェアを誇っています。

台湾旅行でもVISAのクレジットカードを持っていけば、間違いなく支払いで困ることはありません。

MasterCardはVISAに次いで2位のシェア率です。台湾でもVISAと同じぐらい使えますが、これから発行するのであれば特に選ぶ必要はありません。VISAで大丈夫です。

JCBは「日本人観光客の多い地域(ガイドブックに載っているような)」と、VISAに比べると少しだけ利用できる場所が制限されます。

しかし、優待割引がVISAよりもはるかに多いため、JCBを持っているとお得な台湾旅行を楽しむことができます。私がJCBのカードをサブカードとして持っているのはそのため。

Twitterでも台湾旅行でJCBがお得だと発信している方が多いです。

まさにこんな感じ。サブカードとしていますが、私もたまに「あれ?メインカードだったっけ?笑」っていうぐらいJCBを使うことがあります(笑)

「JCBのクレジットカード持っていけばOKだよ!」と言いたいのですが、さすがに使えないことがあると申し訳ないので、「VISAをメイン、JCBをサブ」という使い方をおすすめしておきます(笑)

アメックスとダイナースはほとんど使えない

アメックスとダイナースしか持ってない場合は、必ずVISAを新規発行しておきましょう。ビックリするぐらい使えないです。

そもそもアメックスとダイナースはそれなりのグレードのお店で使うことが前提なので、生活水準の低い台湾では使いづらいです。

優待割引のあるクレジットカードでお得な台湾旅行に

さきほども説明したようにJCBの優待が圧倒的ですので、基本的にはJCBを持っていけば飲食店やマッサージ、買い物で出費を抑えられます。

JCB以外だとエポスカードの優待割引も有名です。

【台湾で優待割引があるカード】

  • JCB CARD W会員専用アプリ「たびらば」でレストランや飲食店、コスメ・ファッションショップの割引クーポンが利用可能
  • エポスカード:台北101の展望台チケットが10%OFFなど

どちらも年会費無料で使うことができます。

たびらばの利用方法

JCB CARD Wを発行すると利用できる「たびらば」という会員専用のクーポンアプリを使えば、スマホ画面のクーポンを提示してJCB CARD Wで決済するだけで割引を適用してもらうことができます。

どうせ同じクレジットカードで決済するなら、割引があるクレジットカードで決済したほうがいいですよね。

また、OIOIでよく見かけるエポスカードには「台北101の展望台チケットが10%OFF」や「タピオカミルクティーが人気の「翰林茶館」で5%OFF」といった割引があります。どちらも台湾旅行で定番のスポットですから、対象になる方も多いのではないしょうか。

こちらも面倒な手続きなどは一切なく、現金で支払うところをクレジットカードで支払うだけで割引にしてもらえます。ある意味、旅行サイトで割引クーポンを発行して提示するよりも楽ですよね。

当然のことですが全てのクレジットカードに割引特典が付帯されているわけではありません。むしろ、海外である台湾で割引特典を用意しているカードはかなり限られています

全部で1,000種類近くある国内クレジットカードの中から探すのは至難の業。

しかも、各クレジットカードが最も推すべき特典ではありませんので、公式サイトにすら情報が載っていないことも珍しくありません。

そのせいでせっかくなお得な情報を取りこぼしてしまっている方が非常に多いので、このページを見た方は、ぜひ今回ご紹介したクレジットカードを発行して優待割引の威力を確認してくださいね。

JCB CARD W申込ページへ移動する

海外旅行保険は傷害治療補償と疾病治療補償が100万円以上補償されるものを選ぶ

クレジットカードの中には海外旅行保険を付帯しているものもあります。「海外旅行保険」と言ってもいくつかの補償項目に分かれるのですが、「クレジットカードの海外旅行保険だけでカバーしたい」というのであれば、

  • 傷害治療補償:ケガの治療費を補償
  • 疾病治療補償:病気の治療費を補償
  • 携行品損害:持ち物の紛失・盗難を補償

の3項目をチェックしてください。一番利用頻度の高い海外旅行保険の項目であるため、この項目の補償額が低いと持っている意味がなくなります。

台湾はそこまで医療費が高くないため、仮に腕や足を骨折して入院することになっっても、かかる医療費は1週間で40~50万円もしません。

公立病院(個室):約12,900円~約29,800円
私立病院(個室):約14,500円~約30,600円
公立病院の手術費:約257,600円(虫垂炎)、約177,100円(アキレスけん断裂)
私立病院の手術費:約305,900円(虫垂炎)、約225,400円(アキレスけん断裂)
外来初診料:約4,800円~約12,100円

意識不明の重体になればもっと費用がかかりますが、基本的にはそんな大きな事故や病気になるこってないですよね。特に10代や20代、30代の人であれば健康に旅行できる方が普通です。

そのため、クレジットカードの海外旅行保険は傷害治療補償と疾病治療補償が100万円以上補償されていれば、とりあえずOKだと考えてください。

台湾旅行におすすめのクレジットカード:ベスト3

エポスカード

エポスカードの詳細年会費無料
国際ブランドVISA
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
ポイント200円⇒1P(エポスポイント)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 年会費無料カードの中ではトップレベルの傷害・疾病治療補償の充実度
  • 国内飲食店やカラオケの優待サービスが豊富
  • 全70種類の豊富なカードデザインで女性から人気

先ほども少しご紹介したエポスカード。OIOIのメイン層である女性にメリットの多い特典を用意しているクレジットカードであり、その中に台湾旅行での割引が用意されています。

割引対象となるスポットは「台北101」「Qスクエア」の2ヶ所。台北101での割引は「展望台チケット10%OFF」だけなので、Qスクエアでの割引をいくつかピックアップしてみたいと思います。

レストラン饗食天堂ご利用代金10%OFF
開飯ご利用代金10%OFF
段純貞牛肉麵定食(牛肉麺+おつまみ+ピーナッツ)245元を210元でご提供
カフェ天仁喫茶趣ご利用金額1,000元以上で5%割引
翰林茶館ご利用金額5%割引
化粧品薑心比心ご利用金額の5%OFF
阿原肥ザオ通常価格の商品が5%OFF
(ギフトサービスセットは対象外)
お土産奇華餅家パイナップルケーキを10%OFF
太陽堂ご利用代金5%OFF
マッサージ六星集足體養身會館サービス料10%OFF
Villa.like悦禾荘園SPAご利用代金10%OFF
金樂足體養生會館メニューから10%OFF
または肩のマッサージ10分間無料(通常220元)

関連記事:割引の該当店舗 | エポトク台湾ナビブック2018年度版

どの割引もクーポンを用意する必要はありません。エポスカードで支払えば自動的に割引にしてもらえます。割引で浮いたお金はお土産などの購入代金に使えますね。

また、エポスカードは割引特典以外にも優秀なポイントがもう1つあります。

それは「ゴールドカード並みの海外旅行保険が自動的に補償される」ということ。エポスカードのような年会費無料のクレジットカードは、海外旅行保険が付帯されていても50万円や100万円程度です。

むしろ「補償していない」という方が一般的。

しかし、エポスカードはケガの治療費が200万円、病気の治療費が270万円まで補償してもらえます。ゴールドカードの平均補償額が200万円ですから、負けず劣らずな補償額なのが分かります。

しかも、保険の利用条件が「自動付帯」と呼ばれる、持っているだけ適用してもらえる条件となっているのもありがたいですね。わざわざ旅行前に加入手続きや申請をする必要は一切ありません。

台湾はアメリカやヨーロッパと違って医療費がかなり安いため、体調を崩したり骨折をして入院したぐらいでは、せいぜい数十万円しか医療費が発生しません。盲腸の手術でも40万円程度です。エポスカードで全てカバーできます。

お守り代わりの1枚としても役立ってくれますから、台湾旅行のために発行しておいて間違いありませんよ。

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!の券面画像年会費無料
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB
旅行保険
ポイント還元率0.50%~1.50%(わくわくポイント)
交換可能マイルJAL:0.25%
  • 年会費無料で使える
  • 海外キャッシングのATM手数料が無料
  • ネットから簡単に繰り上げ返済可能
  • 海外利用はポイント3倍

セディナカードJiyu!da!海外キャッシング時のATM手数料が無料になるのが特徴のクレジットカード。台湾旅行で台湾ドルを用意するときにキャッシングを利用する予定の場合はこちらがおすすめです。

カードの種類(国際ブランド)はVISA、MasterCard、JCBの中から好きなものを選べますが、おすすめはVISA。キャッシングだけではなく支払い用としても万能に使えますからね。

私はセディナカードクラシックを海外キャッシング用のサブカードとして使っていますが、海外旅行初心者ならメインカードとして持っていくのもおすすめです。

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細年会費無料
国際ブランドJCB
旅行保険海外:最高2000万円(利用付帯)
ポイント1.00%(OkiDokiポイント)
マイル還元率ANA/JAL/スカイ:0.6%
  • 39歳以下ならずっと年会費無料
  • ポイント還元率1.0%で普通のカードの2倍貯まりやすい
  • 貯めたポイントでディスニーランド入場券もゲットできる
  • 世界中で利用できるお得な優待割引がある
  • 海外ATMの手数料が無料

JCB CARD Wは39歳以下ならずっと年会費無料で、他のJCBカードよりも2倍ポイントが貯まりやすくなっています。海外利用ではさらにポイント2倍追加で、最終的には1,000円利用ごとに4ポイント貯められます。

金品茶語や北投春天酒店、金龍餐廳、請客楼など台湾で割引できるだけではなくポイントも貯められるのは優秀。貯めたポイントはディズニーランドやUSJの入園チケットに交換できますからね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする