韓国でJCBのクレジットカードが使えるお店や特典について解説

韓国でJCBのクレジットカードが使えるお店や特典について解説

国内では当たり前のJCBですが「海外ではJCBは使えない」と言われることが多いです。普段から愛用している方にとっては「え?また新しくクレジットカード作らないといけないの?」と少し面倒に感じますよね。

結論から言うと韓国でJCBを使うことはできます

しかし、VISAやMasterCardに比べると使える場所が少ないのも事実ですので、「JCBのクレジットカード1枚だけで韓国旅行に行くのは少し不安」というのが個人的な意見です。

JCBは韓国なら使える場所が多い

JCBは日本人観光客や駐在員の多いアジア諸国での提携店を増やすことに力を入れています。韓国もその一つであり、昔に比べると随分と使えるお店が増えました。

ホテルやレストランはもちろん、免税店や有名な飲食店、デパート、コンビニ、お土産屋、空港鉄道、タクシー、カジノまで基本的にどこでも使うことができます

旅井
旅井

基本的には対面で支払いをする場所であればJCBが使えると認識しておけばOKです。

公式発表ではBCカード、LGカード、外換銀行、新韓カード、国民銀行、ロッテカードなど韓国の企業と提携しているため「カード決済できる場所なら全て使える」となっていますが、個人的には「それはないかなぁ…笑」という印象(笑)

カード決済できる場所の6割ぐらいな気がします。

また、地元の人しか行かないような小さなお店や露店や、そもそもカード払い自体に対応していない場所ではJCBは使えません

ソウルをはじめとした都市部以外を観光するのであれば、VISAやMasterCardを持って行ったり、ある程度現金を使うことを意識しておきましょう。

不具合で使えなくなることもあるのでクレカは2枚以上持っておきたい

ただ、どこでもクレジットカードが使えると言っても、実際には

  • 店員がJCBを使えることを知らない
  • 不具合で機器が読み取ってくれない
  • 急な高額利用でカード支払いが止まった
  • ATMに飲み込まれて出てこなくなった
  • 不正利用されてカードを停止した

など、様々な理由で使えなくなることがあります。

例えば、以下のつぶやきを見てください。

こちらは「JCBカードからJCBの楽天カードに変えた後、新羅免税店でエラーが頻繁に出るようになった」という不満のつぶやきです。

このように、同じJCBでもカードが変わるだけで支払いとして使えなくなるケースもあります。

JCBに限ったことではありませんが、もし手持ちの現金を持っていなかったら焦りますし、韓国語が話せなければかなり面倒なことになります。

わざわざ寒い中、最寄りの両替所を探してウロウロするのも嫌ですよね?

こういった状況を回避するためにも、JCBがメインの人はVISAかMasterCradのクレジットカードを一緒に持っていくようにしましょう

年会費無料のカードでもエポスカードのように韓国ロッテ免税店で最大15%OFFになるお得な割引特典を用意しているものもありますので、そういったカードをJCBと一緒に使うことで、より快適な韓国旅行を楽しむことができます。

まだ持ってないの?韓国ロッテ免税店でエポスカードを使うたった1つの大きなメリット
韓国旅行で定番のロッテ免税店。化粧品やブランド品などを購入するために立ち寄る人も多いかと思います。そんな韓国ロッテ免税店でエポスカードを持っているととってもお得。持っていない人は、韓国旅行前にぜひ発行しておくべきです。VIPカードを...

ATMでの海外キャッシングも問題なくできる。ATM手数料も無料

JCBはCirrus(シーラス)という世界的なATMシステムと提携していますので、世界中のATMで海外キャッシングできます。韓国では「JCB」や「Cirrus」のマークの入ったATMが至る所にありますので、使い勝手に困ることはありません。

JCBロゴJCBのロゴマーク
CirrusロゴCirrusのロゴマーク

また、JCBのプロパーカードであればATM手数料が無料となりますので、お得に海外キャッシングを利用することができます。

プロパーカードとはJCBが自社で発行しているクレジットカードのことです。具体的には以下のとおり。

↓スマホは横にスライドできます↓
 JCB CARD Wの詳細JCB CARD W
1番おすすめ!
JCB一般カードの詳細JCB一般カードJCB CARD EXTAGEの詳細JCB CARD EXTAGEJCBゴールドカードの詳細JCBゴールドカードJCB EITの詳細JCB EIT
申込資格18歳~39歳18歳以上18歳~29歳20歳以上18歳以上
年会費無料1,250円1,250円
(5年間無料)
10,000円無料
家族カード無料400円400円
(5年間無料)
1,000円無料
発行期間最短3営業日最短即日通常1週間通常1週間通常1週間
海外旅行保険最高2,000万円最高3,000万円最高2,000万円最高1億円最高2,000万円
ポイント還元率1.00%以上0.50%~2.50%0.50%~2.50%0.50%~2.50%1.00%

一方、楽天カードリクルートカードなどは「提携カード」に分類されます。

国際ブランドはJCBですが、JCBが自社で発行しているクレジットカードではありませんので、海外キャッシングのATM手数料は必要になります。

1万円以下の引き出しはATM手数料100円(税別)、1万円越えの引き出しはATM手数料200円(税別)が一般的。

実際にJCBのクレジットカードとウリ銀行のATMを使って海外キャッシングした体験談も以下のページにまとめていますので、あわせてご覧ください。

【保存版】韓国のATMでキャッシングする方法・手順【韓国語が分からなくてもOK】
海外旅行では現地通貨は必ず必要となります。日本で両替し忘れた場合、現地のどこで両替したらいいか前もって計画しておくと安心です。韓国では「クレジットカード大国」と呼ばれるほど、ほとんどのお店がクレジットカードでの決済が可能です。しかし、市...

韓国でJCBのクレジットカードを持っておくメリット

海外キャッシングの手数料が無料になること以外にもJCBには様々な特典があります(JCBであればプロパーカード、提携カードどちらでも使うことができます)。

お得な優待割引が満載!会員専用アプリ「たびらば」

たびらばの利用方法
JCBのクレジットカードを持っているとJCB会員専用アプリ「たびらば」を使うことができます。韓国内のホテルや飲食店、マッサージ屋、アミューズメントパークなど様々な場所で割引してもらうことができ、お得な韓国旅行を楽しむことができます。

クーポン利用方法も「スマホでクーポン画面を提示し、JCBのクレジットカードで決済するだけ」と非常に簡単。あらかじめクーポン画面を保存しておけばオフラインでも使用できます。

また、たびらばでは現地スタッフによるおすすめスポットの紹介や最新観光情報、会話で使えるフレーズなども配信していますので、ガイドブックとしても役立ってくれますよ。

仁川空港からソウルまでの直通列車「空港鉄道 A’REX」が割引に

たびらばの割引特典の一つなのですが、仁川(インチョン)国際空港第1旅客ターミナル・第2旅客ターミナルおよび金浦(キンポ)国際空港からソウル市内までの直通列車「空港鉄道 A’REX(エーレックス)」も割引価格で利用することができます。

仁川国際空港からソウル駅までの43分間。乗り換えもなし。割引対象となる直通列車(A’REXには直通列車と普通列車の2種類があります)は全て指定席になり車内には荷物置き場やトイレなども完備されています。おそらくほとんどの方が利用する列車ですので、割引してもらえるのはかなりありがたいです。

仁川(インチョン)国際空港第1旅客ターミナル・第2旅客ターミナルおよび金浦(キンポ)国際空港にあるAREXトラベルセンターで切符をJCBカードで買えば7,500ウォンに割引(通常料金 大人9,000ウォン)してもらえます。

ちなみに2017年あたりまでは無料で乗れる特典がありましたので、またいつか復活してくれるかもしれませんよ。

日本語でサポートしてもらえるJCBプラザ・ラウンジ

JCBプラザ・ラウンジとは会員専用ラウンジであり、「おいしい焼肉を食べたい!」「アカスリやマッサージでリフレッシュしたい!」「思いっきりショッピングを楽しみたい!」といった時に現地スタッフが日本語でおすすめのお店を紹介してくれます。クレカやパスポート紛失時にも丁寧に対応してもらえます。

韓国ではソウル市内に用意されています。

所在地602, 6th Floor, Seoul Center Building, 116, Sogong-ro, Jung-gu, Seoul, KOREA
地下鉄1,2号線「市庁駅」6,7番間の地下通路を直進。
小公洞地下道につながり、地下道左側の1番出口を出て目の前のソウルセンタービル6階。
営業時間9:00~18:00
営業時間日・祝日
詳細https://www.jcb.jp/ws/plaza/lounge_seoul.html

海外用レンタルWi-Fiが割引に

JCBグローバルWi-Fi
JCBカードを持っていれば海外用レンタルWi-Fi「JCBグローバルWi-Fi」を優待価格で利用することができます。

【優待内容】

  • 定価(エリア別定額料金×渡航日数)より、20%引き
  • 受渡/返却手数料無料(※1)

※1:オプションに関する手数料は対象となりません。返却時の送料はお客様のご負担となります。また、紛失・損害の弁済に関する手数料は規約どおり申し受けます。

まとめ

「海外では使いにくい」と言われるJCBですが、韓国では都市部を中心に利用できるお店が増えていますので、アメリカやヨーロッパと比べると使いやすいです。

割引やサポートに力を入れており、お得&快適な旅行にできるメリットもあります。

ただ、小さなお店や日本人観光客の少ない場所では使えない場面も多くなりますので、たくさんショッピングを楽しみたい人やいろいろな観光地へ行きたい人ほどVISA(またはMasterCard)のクレジットカードを一緒に持っていくようにしましょう。

支払いに困るストレスから解放されます。

VISAとMasterCardはどちらも同じぐらい使えますが、一応VISAの方がシェア率が高いので、特に理由がなければVISAのクレジットカードを発行すればOKです。

年会費も無料で問題ありません。

韓国旅行におすすめのVISAカードは「韓国旅行におすすめのクレジットカード」のページでも紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

また、今からJCBのクレジットカードを発行したい場合は、以下のページから申し込んでください。

【まだJCBを持っていない人はこちら】

タイトルとURLをコピーしました