旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > 北アメリカ > ハワイ旅行におすすめのクレジットカード&選び方

ハワイ旅行におすすめのクレジットカード&選び方

ハワイ旅行におすすめのクレジットカード&選び方
ハワイではアメリカ本土を同じようにクレジットカード社会が進んでいますので、1000円以下の支払いでもカードを使うほど当たり前のものとなっています。カードを持っておけば多額の現金を持ち運ばずに済み、強盗や盗難にあう確率をグッと減らすことができます。

また、クレジットカードによってはお得になる特典が付帯されていることもありますので、ハワイ旅行をよりお得&快適に楽しむことができますよ。

【クレジットカードの選び方】

  1. VISAとJCBの組み合わせが最強
  2. 海外旅行保険は意外と気にする必要なし
  3. 家族で旅行するなら空港ラウンジが便利

今すぐおすすめカードだけを見たい人はこちらをタップ

ハワイ旅行におすすめのクレジットカードの選び方

VISAとJCBの組み合わせが最強

ハワイではVISAとJCBのクレジットカードを持っていくのがおすすめ。VISAがあればどのお店でも支払うことができるので、買い物用として最強のカードだと言えます。「VISAが使えないのに、他の国際ブランドが使える」なんてお店はありませんからね。

一方、JCBは対応していお店もあるのでVISAと比べると支払いでは弱いです。しかし、ハワイでのJCBの優待の多さは最強であり、持っているのといないのは旅のお得度が全然違います

ホテルやレストラン、有名なショッピング店、飲食店など様々な場所で割引になったり、ワイキキにあるピンクラインというバスに無料で乗れるのも強いですね。乗車時にJCBカードを提示するだけで大人2名・こども2名が無料で乗車できます。普通は1日乗り放題チケットが『$45.00/人』します。

ピンクラインはワイキキエリアのホテルやショッピングモールなど、日本人がよく訪れる場所は一通り通ってくれるので、無料で乗れると交通費をかなり抑えられますよ。

また、繁華街の目立つところにもJCBプラザがあるのも便利です。現地ガイドブックをもらったり、買い物相談から交通手段の案内、レンタカーの案内など何でも相談に乗ってくれますので、初めてのハワイ旅行でも存分に楽しめますよ。日本語で説明してもらえるのは心強いです。

海外旅行保険は意外と気にする必要なし

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されており、万が一に備えて保険内容が充実したクレジットカードを探している方も多いかと思います。しかし、ハワイ旅行では海外旅行保険の充実度を気にする必要はあまりありません。

ハワイをはじめアメリカは医療費がとても高く、骨折で1日入院しただけで100万円以上を請求されるということも珍しくありません。なので、クレジットカードの海外旅行保険だけでカバーすることは難しく、「カードの海外旅行保険があるから安心♪」と思いきや「全然足りない…」ということもあります。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は「最高2000万円補償!」と書かれていることが多いですが、1000万円以上で補償されるのは「死亡または後遺障害が残る事故にあった場合だけ」です。海外旅行保険と言っても、実際には補償範囲によっていくつかの保険内容に分類されています。

詳しくは「海外旅行保険で本当に見るべきポイント」に記載していますが、一番利用頻度の高い項目は『傷害治療補償(ケガの治療を補償)』『疾病治療補償(病気の治療を補償)』の2つであり、この2項目がどれだけ充実しているか?が一番見るべきポイントです。

年会費無料~年会費数千円レベルのクレジットカードなら100万円、ゴールドカードレベルのクレジットカードだと200万円が相場です。

しかし、先ほども説明したようにハワイでの医療費を考えると100万円や200万円程度ではカバーするのが難しいですよね。傷害治療補償と疾病治療補償はクレジットカードの分だけプラスすることができるので、複数枚持つことで1000万円以上の補償額にすることもできなくはないですが、かなり面倒です。

なので、当サイトではハワイ旅行に行く際は掛け捨ての海外旅行保険へ加入することを推奨していますし、クレジットカードを選ぶときも特に海外旅行保険を重視する必要がないと考えています。

もちろん付帯されているのであれば万が一のときに助かって便利ですが、もしカードを選んでいるときに「Aの方が海外旅行保険が充実しているけど、Bの方がサービスがいいんだよな…」というのあれば、海外旅行保険を切り捨てて選んでも大丈夫です。

家族で旅行するなら空港ラウンジが便利

必ず必要ではありませんが、あると便利なのが『空港ラウンジ』。ソファーや無料の飲食、雑誌、新聞、ネット環境・充電環境の整った部屋などが用意されており、飛行機の待ち時間を快適に過ごすことができます。

ゴールドカード以上には空港ラウンジの無料利用特典が付帯されているので、家族で旅行するときなんかは1枚持っておくと便利ですよ。

ハワイラブカード

ハワイラブカードの詳細 年会費 10,000円 初年度年会費無料
国際ブランド JCB
旅行保険 海外:最高5000万円(自動付帯) 国内:最高3000万円(利用付帯)
ポイント 1000円⇒1P(還元率0.50%)
マイル還元率 ANA/JAL:0.3%
  • ハワイでお得な特典が満載!
  • 国内&ハワイの空港ラウンジが無料で使える
  • 1人分が無料になるプレミアムグルメサービスあり

ハワイ旅行でお得になるクレジットカードを探している人に一番おすすめなのがハワイラブカードカードを提示するだけハワイのあらゆるお店で割引やプレゼントなどのサービスを受けることができます。当サイト調べでは、ハワイラブカードが一番優待を受けられるお店が多いです。

また、空港ラウンジを無料で利用できたり空港~自宅間の手荷物無料宅配サービスもあるので移動も快適。特に小さい子供がいる時は、かなり助けられますよ。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカードの詳細 年会費 10,800円 初年度無料
国際ブランド JCB
旅行保険 海外:最高1億円(利用付帯) 国内:最高5,000万円(自動付帯)
ポイント 1000円⇒1P(還元率0.50%~2.50%)
マイル還元率 ANA/JAL/スカイ:0.30%
  • 海外旅行ではハワイやグアムのお得さ抜群!
  • 国内旅行ならJCBトラベルの割引が魅力!ディズニーランドやUSJのチケット交換も可能
  • 空港ラウンジが同伴者1名まで無料

JCBゴールドカードを持っていればハワイでホテルやレストラン、レジャースポット、お土産店などあらゆる場所で割引優待を受けられますし、他のJCBカードとは違って空港ラウンジの無料利用特典もついています。しかも、同伴者1名まで無料で利用できます(通常はカード会員以外は1,000円/1名の利用料金がかかる)ので、家族で空港ラウンジを利用するときにお得です。

他のゴールドカードでも空港ラウンジの無料利用特典は付いていますが、同伴者1名まで無料なのはJCBゴールドカードかステータスカードで有名なアメックスゴールドぐらいですので、年会費の安さで言えばJCBゴールドカードの方がコスパがいいです。

家族カードを発行しておけば「家族カードの分も同伴者1名無料」となりますので、夫婦でJCBゴールドカードを持っていれば家族4人分の空港ラウンジが無料となります。

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEの詳細 年会費 無料
国際ブランド JCB
旅行保険 海外:最高2000万円(利用付帯)
ポイント 1000⇒1P(還元率0.50%~2.50%)
マイル還元率 ANA/JAL:0.3%
  • 29歳以下限定のJCBカード!
  • 5年間年会費無料&ポイント還元率高め
  • 貯めたポイントでディスニーランド入場券もゲットできる

JCB CARD EXTAGEは29歳以下の社会人・学生に向けに作られたクレジットカード。JCBゴールドカードは正社員として5年以上働いているような社会人でないと審査に通りにくいですので、若い世代の人はこちらを発行しておきましょう。

年会費は発行から5年間無料。「クレジットカードにお金をかけたくない」という人はこちらがおすすめ。29歳以下の人は普通のJCBカードよりもJCB CARD EXTAGEの方がお得です。家族カードやETCカードも無料で発行することができます。

ハワイでの特典などはJCB CARD EXTAGEでも利用することができます。さらに、入会月から3ヶ月は還元率1.5%(1000円⇒3P)、4ヶ月目以降も還元率0.75%、そして海外利用では常にポイント2倍と他のJCBカードよりもポイントが貯まりやすいので、お得にハワイ旅行を楽しめますよ。

JCBゴールドカードとは違って空港ラウンジは使えませんが、優待は問題なく利用できます。

JAL CLUB-Aゴールドカード

JAL CLUB-Aゴールドカードの詳細 年会費 16,000円
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/AMEX
旅行保険 海外:最高5000万円(自動付帯) 国内:最高5000万円(自動付帯)
ポイント 100円⇒1P(還元率1.00%~2.00%)
マイル還元率 JAL:1.00%~2.00%
  • 買い物でも飛行機でも!一番効率よくマイルを貯められるJALカード
  • 国内主要空港&海外2空港のラウンジを無料で使える
  • 自宅⇔空港間の手荷物無料宅配サービスあり

年1回以上ハワイ旅行へ行くならJALカードを使ってマイルを貯めるのもおすすめ。JAL CLUB-Aゴールドカードならショッピング利用で100円ごとに1JALマイルを直接貯めることができ、搭乗時の追加ボーナスマイルや毎年の継続ボーナスなどで自動的に大量のマイルを貯めることができます。

2018年3月末現在、日本⇔ハワイ間の片道航空券の交換に必要なマイルは2万マイル。光熱費や携帯料金などの支払いをまとめたり、家族カードを発行してみんなで使えば年200万円の利用はそれほど難しくありませんので、毎年片道分の航空券が簡単に無料になると言えます。

マイルが貯まりやすい以外にも空港ラウンジの無料利用特典や国内・海外パッケージツアー最大5%割引などもありますので、よくハワイへ行く方はこれを機に発行しておくのもおすすめですよ。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードの詳細 年会費 無料(※)
国際ブランド VISA
旅行保険
ポイント 1000円⇒2P(還元率1.00%~1.50%)
マイル還元率 ANA:0.6%
  • 世界中どこでも使える安心のクレジットカード
  • 年会費が安く、通常時からポイント2倍で貯まる
  • クレヒスを育てることでゴールドカードにグレードアップできる

支払い用のクレジットカードなら三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめ。こちらは18歳~25歳専用のクレジットカードですが、年会費が安くポイント還元率が高いカードなので「ハワイ旅行を機に初めてクレジットカードを作る」という人にもおすすめです。

年1回でも使えば次年度の年会費が無料なので、おそらくほとんどの人は年会費無料で使い続けることができるはず。

ショッピング利用枠は10~80万円、海外キャッシング枠は10~50万円と年会費無料のクレジットカードの中では多めの枠が用意されているので、1枚持っておくと心強いです。

26歳を超えるとゴールドカードへグレードアップも可能。年齢とともにクレヒスもしっかりと育てることができます。25歳以上の人は三井住友VISAクラシックカードAを発行しましょう。

↓2018年9月28日まで!最大10,000円キャッシュバックを用意↓
特徴・詳細をチェック 公式ページはこちら

※前年1回以上のご利用があれば(ご利用が無い場合、税抜1,250円+税)


アメックスグリーンの券面画像アメックスグリーンの初年度年会費無料キャンペーン中!

【アメックスグリーンの強み】

  • ・ポイントは100円=1Pで貯まる!期限も無制限
  • ・海外旅行先でも24時間日本語サポート
  • ・世界1000ヶ所以上の空港ラウンジが使える
  • ・会員専用旅行サイトで宿泊費、航空券が割引に
  • ・手荷物無料宅配サービス






ハワイ旅行におすすめのクレジットカード&選び方:関連ページ

【利用者の口コミまとめ】アメリカやハワイってクレジットカード使えるの?
セゾンカード アメリカ合衆国 ニューヨーク ホテル ニューヨークのホテルは高額なので有名ですが、私も旅行でマンハッタンでのホテルは高すぎて選べませんでした。実際に予約していったホテルはクイーンズのホテルでした。地下鉄では […]
ハワイ旅行にクレジットカードは必要?クレジットカード事情を解説
ハワイをはじめ、海外旅行ではクレジットカードが必須ですが、今までカードを持っていなかった人にとっては「絶対に必要なの?」と疑問に感じる方も多いかと思います。また、たとえクレジットカードを持っていたとしても「アメックをメイ […]
アメリカ旅行でクレジットカードがない場合のデメリット
ハワイ・ホノルルを含め、アメリカ旅行ではクレジットカードは必須です。持っていないあらゆる場面で不利になってしまいます。クレジットカードを持たずにアメリカを旅行するのは、銃を持たずに戦場に出るようなもの。「トラベラーズチェ […]
アメリカ旅行に強いおすすめのクレジットカード5つ
アメリカでは日本と違ってクレジットカードを使うのが一般的。「コーヒー一杯を買うときでもカードで支払う」というのも珍しくありません。アメリカでは多額のお金を持っていると強盗に襲われるかもしれないので、お店側も現金支払いより […]