旅行に強いクレジットカード > クレジットカードの海外旅行保険について > 海外旅行保険で選ぶおすすめクレジットカード

海外旅行保険で選ぶおすすめクレジットカード

海外旅行保険で選ぶおすすめクレジットカード海外旅行保険が充実しているおすすめクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードの海外旅行保険があれば、空港のカウンター(または自販機)で加入する旅行保険へ入る必要がなくなり、手続きの手間や余計な出費を減らすことができます。海外旅行保険の定番『AIU海外旅行保険』は10日間の保険期間で1万円かかりますので、旅行期間が長くなったり渡航回数が増えるほど出費も重なってもったいないですよね。

クレジットカードなら年会費1万円以下のカードをたくさん持つことで海外治療費をカバーできるぐらい補償額を充実できますし、年会費1万円以上のカードを選んだ場合も海外旅行保険以外に旅行を快適にしてくれるサービスがたくさん付いてくるので、トータルで考えればメリットの方が多くなります。

海外旅行保険重視のクレジットカードの選び方

【海外旅行保険重視のクレジットカードの選びのポイント】

  • 自動付帯か利用付帯かをチェック
  • 一番利用頻度が高い傷害治療費用と疾病治療費用の額をチェック
  • キャッシュレスに対応しているかチェック

海外旅行保険を重視してクレジットカードを選ぶときのポイントは上記のとおりです。

自動付帯か利用付帯かをチェック

クレジットカードの海外旅行保険は適用条件に『自動付帯』『利用付帯』の2種類があります。自動付帯はクレジットカードを契約しているだけで適用される保険で、たとえ家にカードを置いたまま旅行へ行ったとしても保険が適用されます。利用付帯は旅行時の公共交通上用器具をクレジットカードで支払った場合のみ適用されます。

自動付帯の方が適用条件が緩いのでおすすめではありますが、利用付帯のクレジットカードが必ずしもダメというわけではありません。ツアー費用や飛行機費用をクレジットカードで支払うのは一般的ですし、自宅から空港までのタクシー代をカードで支払っても適用されるので、そう考えれば利用付帯のカードでも保険適用は難しくありません。

「自分はどっちの適用条件の方が使いやすいか?」ということをポイントに選べば間違いないでしょう。

一番利用頻度が高い傷害治療費用と疾病治療費用の額をチェック

旅行保険といっても実際には内容が細かく分類されています。クレジットカードの紹介でよく見かける『最高○千万円補償!』というのは死亡事故で補償される金額ですので、入院や手術の費用などがこの額で補償されるわけではありません。

補償名 内容
傷害死亡・後遺障害補償 旅行中の死亡・後遺障害が補償される。
最高○千万円と表記されているものはコレ。
傷害・疾病治療補償 旅行中のケガや病気が補償される。
利用頻度が一番高いので、一番見ておくべき項目。
救援者費用保障 捜索救助費用や自分の家族・知人が現地へ行くための費用が補償される。
現地からの移送費用や遺体処理費用もココに分類される。
賠償責任保障 相手にケガをさせてしまった場合に補償される
携行品損害補償 スマホやカメラなどの携行品が盗難・紛失の際に補償される。
利用頻度が高いのでチェックしておく。

海外旅行保険で一番大切なのは傷害・疾病治療補償。「傷害治療費用と疾病治療費用がどれだけ補償されるか?」ということが大切になってきます。万が一の入院や手術はこの項目の補償額から補償されますからね。

年会費1万円以下のカードだと100万円、ゴールドカードクラスだと300万円まで補償されることが多いです。東南アジアだと手術・入院費用が安いので年会費1万円以下のカードでも大丈夫なことが多いですが、ヨーロッパ圏やアメリカは東南アジアの10倍以上手術・入院費用がかかることもありますので、ゴールドカードクラスの補償の方が安心できます。

数百万円の手術・入院費用がかかる病気になってしまうのは60代以上が圧倒的に多い(10代~40代の人はほとんどならない)という調査結果もありますので、60代以上の方は最低でも1枚は300万円補償されるカードを持っておきましょう。

10代~40代の人は100万円補償でも大きな大事故に巻き込まれなければ、意外と問題ないことも多いです。骨折による治療&数日の入院費ぐらいだと数十万円程度で収まりますからね。

キャッシュレスに対応しているかチェック

海外旅行保険によって補償されると言っても、通常は現地での支払いは立て替えなければいけません。『クレジットカード会社に連絡 ⇒ クレジットカード支払いできる最寄りの病院を紹介される ⇒ 病院の支払いをクレジットカードで行う』といった流れになり、保険金は帰国後に支払われます。

しかし、数万円~数十万円する治療費用をキャッシュで支払うのは難しいですし、カードで支払う場合もカードの限度額をオーバーする費用を支払う場合は困りますよね。

そこでおすすめなのがキャッシュレスに対応しているクレジットカードです。利用方法は上記の流れと同じで、クレジットカード会社にキャッシュレス対応している病院を紹介されますので、そこへ行き治療してもらうだけです。

補償金額以内の治療費用は全てキャッシュレスですので、なるべくキャッシュレスに対応したクレジットカードを選んでおくようにしましょう。

【キャッシュレス対応の病院があるか事前にチェック!】
キャッシュレスは便利ですが『キャッシュレスに対応している病院』というのが条件になります。当然ですが、旅行先によっては対応している病院がないこともあります。なので、旅行前にクレジットカード会社へ「対応している病院はあるのか?」を確認しておくと安心です。病院がない場合は、カードの限度額を引き上げてもらえるのか確認しておきましょう。

海外旅行保険で選ぶおすすめクレジットカード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細 年会費 3000円 26歳まで年会費無料
国際ブランド AMEX
旅行保険 海外/国内:最高3000万円(自動付帯)
入院・通院 300万円
キャッシュレス 対応
  • 26歳になるまで年会費無料
  • 旅行保険が充実!入院・通院に関する保険はゴールドカード並みの300万まで保障
  • 即日発行も可能だから急いで欲しい時にも◎

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:セゾンブルー)は『キャッシュレス対応』『年会費が安いのに傷害・疾病治療補償が300万円まで補償される』と、かなり海外旅行保険の内容が充実しているクレジットカードです。年会費3,000円ですが、25歳以下は年会費無料で持つことができます。

障害・疾病治療補償が300万円補償されるのはゴールドカード以上のクレジットカードがほとんどですので、このレベルの年会費で300万円まで補償されるのは魅力的です。条件も自動付帯なので安心。

さらに、セゾンブルーは旅行を快適にしてくれるサービスが充実しているアメックスの特徴も持っており、『手荷物無料配送サービス』『ホテル・レストランの予約・観光スポットの紹介・緊急時の日本語サポートをしてくれる海外アシスタントデスク』『海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス』なども利用することができ、どの点から見ても海外旅行の強い味方になってくれる1枚だと言えます。

25歳以下を年会費無料にしていることからも分かる通り、収入の少ない若年層でも持てるクレジットカードですので、誰でも簡単に持つことができますよ。

エポスカード

エポスカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
入院・通院 最高270万円
キャッシュレス 対応
  • 年会費無料カードの中ではトップレベルの傷害・疾病治療補償の充実度
  • 国内飲食店やカラオケの優待サービスが豊富
  • 全70種類の豊富なカードデザインで女性から人気

エポスカードは他の年会費無料クレジットカードよりも傷害・疾病治療補償が充実しているのが魅力。傷害治療費用(ケガに支払われる保険)は200万円、疾病治療費用(病気に支払われる保険)は270万円まで補償してもらえます。

年会費は一切かかりませんから、お守り代わりの1枚として海外旅行へ持っていかれる方も多いです。旅行保険は持っているカードの分だけ加算されていきますすからね。いつも使っているクレジットカードにエポスカードをプラスして持っておけば、たいていの治療費は全てカバーできるのではないでしょうか。

魚民や白木屋などのチェーン飲食店でポイント5倍サービスや、シダックス、ビッグエコーなどの大手カラオケ店で最大30%OFFなど、国内でも使い勝手がいいのもエポスカードの魅力。カードデザインは全70種類以上あり、好きなデザインを選ぶことができます。

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードAの詳細 年会費 1,500円(税抜) 初年度年会費無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外/国内:最高2500万円(自動付帯)
入院・通院 100万円
キャッシュレス 対応
  • 世界中どこでも使える安心のクレジットカード
  • 年会費が安く、海外・国内旅行保険がしっかりと付帯されている
  • クレヒスを育てることでゴールドカードにグレードアップできる

世界中どこでも使えるVISAブランドの定番『三井住友VISAクラシックカードA』。「傷害・疾病治療補償は100万円まで」と、このレベルのカードでは平均的な額ですが、キャッシュレス対応しているカードはあまりありませんので、キャッシュレスにも対応している三井住友VISAクラシックカードAは魅力的です。

専用デスクにはおすすめの観光スポットやイベント情報を電話で問い合わせできるだけでなく、緊急時の日本語サポートをしてもらうこともできます。

SBIゴールドカード

SBIゴールドカードの詳細 年会費 2,500円(税抜)
国際ブランド Master
旅行保険 海外/国内:最高5000万円(利用付帯)
入院・通院 500万円
キャッシュレス 対応
  • プラチナカード並の傷害・疾病治療補償
  • 年会費が安くて持ちやすい
  • 家族も一緒に補償される家族特約付き

SBIゴールドカードは利用付帯ではあるものの、傷害・疾病治療補償が500万円までされる強力なクレジットカードです。このレベルの補償額はプラチナカードと同等ですので、年会費2,500円のゴールドカードでここまで補償されるのはかなりの魅力です。

さらに、SBIゴールドカードを持っていない家族も同額で補償してもらえる家族特約も付いています。家族特約もプラチナカードレベルにならないと付帯していない特典ですので、1枚持っていれば家族旅行も安心できますね。(同居する家族でもお勤めされている方は保険適用外となります)


海外旅行保険で選ぶおすすめクレジットカード:関連ページ

子供の海外旅行保険はどうする?選び方のコツ
3歳や5歳、12歳など18歳未満の子供と家族で海外旅行へ行くときに海外旅行保険はどうするべきか解説しています。「子供はクレジットカードの保険に適用されるの?」「掛け捨ての旅行保険とどっちがいいの?」「掛け捨ての場合はどれ […]
クレジットカード海外旅行保険の利用方法・手順
クレジットカードの海外旅行保険には『自動付帯』と『利用付帯』の2種類がありますが、利用方法自体はどちらも同じです。 クレジットカード海外旅行保険を利用するまでの手順 クレジットカード会社の専用デスク(緊急デスク)に連絡す […]
VISAブランドの海外旅行保険が充実したおすすめクレジットカード
VISAブランドのクレジットカードなら世界中どこへ行っても安定して使うことができるので、海外旅行保険が充実していれば1枚で万能に使いこなすことができてお得ですよね。 今回は、VISAブランドのクレジットカードの中でも海外 […]
海外旅行保険が充実した即日発行も可能なクレジットカード
旅行までに急いで海外旅行保険が充実したクレジットカードが欲しい人におすすめの即日発行可能なクレジットカードをご紹介します。即日発行できるクレジットカードは多くなく、その中で「海外旅行保険が充実している」という条件で絞れば […]
海外旅行保険の家族特約が付いているおすすめクレジットカード
家族特約はゴールドカード以上のクレジットカードに付帯されているのが一般的。カードによって補償範囲は微妙に違いますが、家族カードを持たない配偶者や親、19歳未満の子供も海外旅行保険の対象にすることができるため、海外旅行での […]
クレジットカードの海外旅行保険は子供や配偶者も適用される?家族カードや家族特約について解説
クレジットカードの海外旅行保険があれば、海外旅行中の万が一の事故や病気の治療費が補償されるので、安心して旅行できますよね。しかし、「クレジットカードを持っていない妻や子供も適用されるの?」「妻が家族カードを持って友達と旅 […]
海外旅行保険が充実してる年会費無料クレジットカード【自動付帯あり】
クレジットカードに付帯されている海外旅行保険があれば、万が一の事故や病気のときも安心。空港カウンターで加入する海外旅行保険と違い、1万円近くの費用がかかったり加入手続きをする手間を省くことができるので、とても便利です。 […]
クレジットカードの海外旅行保険は必要?普通の海外旅行保険とメリット・デメリットを比較
「クレジットカードに付帯されている海外旅行保険があれば、空港カウンターで加入するような海外旅行保険に加入する必要がない」と言われていますが、「本当なのかな?」といまいち疑問に感じている方も多いかと思います。 たしかにクレ […]
クレジットカードで海外旅行保険が適用される条件【自動付帯と利用付帯の違い】
クレジットカードには海外旅行保険が付帯(カードによっては国内旅行保険も)されているものも多く、数日~1ヶ月程度の旅行なら保険会社の海外旅行保険へ加入せずにクレジットカードの海外旅行保険だけで済ませる人も多いです。わざわざ […]