旅行に強いクレジットカード > クレジットカードの海外旅行保険について > 補償額1,000万円以上!旅行好きが選ぶ海外旅行保険が充実したおすすめクレジットカード

補償額1,000万円以上!旅行好きが選ぶ海外旅行保険が充実したおすすめクレジットカード

補償額1,000万円以上!旅行好きが選ぶ海外旅行保険が充実したおすすめクレジットカードクレジットカードの海外旅行保険があれば、空港やネットで加入できる掛け捨ての海外旅行保険に入る必要がなくなるため、海外旅行好きの間では旅行保険費用の節約や加入の手間を省く裏技として使われることが多いです。

クレジットカードの海外旅行保険は複数枚持つことで補償額を合算することも可能。ケガや病気の治療費用を1,000万円以上補償してもらうこともできますので、旅行中の万が一に備えておきたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

管理人の旅井
今回は旅行好きの私が「海外旅行保険重視で選ぶならコレだな!」というクレジットカードをおすすめ順に6枚ご紹介していきたいと思います。

海外旅行保険が充実したクレジットカードを選ぶときの3つのポイント

おすすめのクレジットカードを紹介する前に、まずどこを見て選ぶべきか?ということについて解説していきたいと思います。

ポイント1.疾病治療補償、傷害治療補償、携行品損害補償の補償額が高い

海外旅行保険の利用頻度
「海外旅行保険」と言っても補償範囲によっていくつか項目が分かれています。

補償名 内容
傷害死亡・後遺障害補償 旅行中の死亡・後遺障害が補償される。最高○千万円と表記されているものはだいたいコレ。
傷害・疾病治療補償 旅行中のケガや病気が補償される。利用頻度が一番高いので、一番見ておくべき項目。
救援者費用保障 捜索救助費用や自分の家族・知人が現地へ行くための費用が補償される。現地からの移送費用や遺体処理費用もココに分類される。
賠償責任保障 相手にケガをさせてしまった場合に補償される
携行品損害補償 スマホやカメラなどの携行品が盗難・紛失の際に補償される。利用頻度が高いのでここもチェックしておく。

傷害治療補償はケガの治療費を、疾病治療補償は病気の治療費を補償してくれます。入院費用やお薬代、手術代まで全部ここから支払ってもらえるので、なるべく補償額が高いクレカを選びましょう。

携行品損害補償はスマホやカメラが盗難・故障したときに補償してもらえます。私もイタリア旅行中にiPhoneを落として画面が割れたので、帰国後に修理費を全額補償してもらいました(笑)。

管理人の旅井
年会費無料のクレカなら傷害・疾病治療補償は100万円、ゴールドカードなら300万円が相場なので、それ以上の補償額のクレカを選びましょう。

ポイント2.付帯条件が自動付帯

自動付帯と利用付帯の特徴
クレジットカードの海外旅行保険には「自動付帯」「利用付帯」の2つの付帯条件があります。

自動付帯はクレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。面倒な条件がないので、基本的にはこちらを選びます。

利用付帯は旅行時の公共交通上用器具をクレジットカードで支払った場合のみ適用されます。分かりやすく言うと「飛行機代か空港までのタクシー代・バス代・電車代をクレジットカードで支払った場合」ですね。あと、「ツアー代金の支払い」もなります。

ポイント3.キャッシュレスに対応している

クレジットカードのキャッシュレス
「海外旅行保険で補償される」と言っても、通常は現地病院での支払いを立て替えなければいけません。『クレジットカード会社に連絡 ⇒ クレジットカードが提携している最寄りの病院を紹介される ⇒ 病院の支払いをクレジットカードで行う ⇒ 帰国後に補償金を補填してもらう』といった流れになり、保険金は帰国後に支払われます。

しかし、数万円~数十万円する治療費用を現金で支払うのは難しいですし、カードで支払う場合も限度額をオーバーする費用を支払う場合は困りますよね。

そこでおすすめなのがキャッシュレスに対応しているクレジットカードです。

病院で支払うお金は全てクレジットカード会社が支払ってくれるので、現金を用意したり、カードの利用枠を心配する必要もありません。

管理人の旅井
病院によってはキャッシュレス対応のクレジットカードを持っていないと診療してもらえないこともあるので、必ず確認しておきましょう。

年会費無料多め!複数枚持ちできる海外旅行保険が充実したおすすめクレジットカード

ここからは上記でご紹介した3つのポイントを満たしたクレジットカードをご紹介していきたいと思います。

複数枚持っておけばそれだけ補償額を加算できるので、なるべくコストがかからないように年会費無料のものを多めに選んでます

全部発行すれば1000万円以上補償、2~3枚発行するだけでも500万円以上補償してもらえますよ。

セゾンブルーアメックス – ゴールドカード並みの高額補償

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細 年会費 3000円 26歳まで年会費無料
国際ブランド AMEX
旅行保険 海外/国内:最高3000万円(自動付帯)
入院・通院 300万円
キャッシュレス 対応
  • 26歳になるまで年会費無料
  • 旅行保険が充実!入院・通院に関する保険はゴールドカード並みの300万まで保障
  • 即日発行も可能だから急いで欲しい時にも◎(※)

※:来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下:セゾンブルーアメックスと記載)『キャッシュレス対応』『年会費が安いのに傷害・疾病治療補償が300万円まで補償される』と、かなり海外旅行保険の内容が充実しているクレジットカードです。

年会費3,000円ですが、25歳以下は年会費無料で持つことができます。

傷害・疾病治療補償が300万円補償されるのはゴールドカード以上なので、このレベルの年会費で300万円まで補償されるのは魅力的です。というか、全てのクレジットカードの中でトップレベルの補償額です。

条件も自動付帯なので安心。

25歳以下を年会費無料にしていることからも分かる通り、収入の少ない若年層でも持てるクレジットカードですので、誰でも簡単に持つことができますよ。

エポスカード – 年会費無料で200万円以上補償してもらえる

エポスカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
入院・通院 最高270万円
キャッシュレス 対応
  • 年会費無料カードの中ではトップレベルの傷害・疾病治療補償の充実度
  • 国内飲食店やカラオケの優待サービスが豊富
  • 全70種類の豊富なカードデザインで女性から人気

エポスカードは他の年会費無料クレジットカードよりも傷害・疾病治療補償が充実しているのが魅力傷害治療費用は200万円疾病治療費用は270万円まで補償してもらえます。

年会費もずっと無料。お守り代わりの1枚として海外旅行へ持って行く人も多いです。セゾンブルーアメックスと合わせるとどちらも500万円以上補償してもらえるので、かなり強力ですよ。

また、エポスカードの種類は「VISA」なので、どこの国に行っても支払い用として使えます。

学生専用ライフカード – 学生なら海外利用分5%キャッシュバック

学生専用ライフカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
旅行保険 海外:最高2000万円(自動付帯)
入院・通院 200万円
キャッシュレス 対応
  • 海外での決済は5%キャッシュバック
  • 年会費無料で持ちやすい
  • 日本語での海外アシスタントサービス

大学生や専門学生なら学生専用のライフカードもおすすめ。

年会費無料にもかかわらず傷害・疾病補償が200万円補償されるのも魅力的なのですが、海外旅行中に決済した利用金額の5%がキャッシュバックされるのも非常に魅力的。

お得に旅行を楽しむことができますし、これほど高いキャッシュバック率のカードはありません。

社会人になると普通のライフカードになって5%キャッシュバックもなくなってしまうので、学生のうちに最大限メリットを生かしておきましょう。

JCB EITカード – 年会費無料で海外旅行保険が充実したJCBカード

JCB EITカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド JCB
旅行保険 海外:最高2000万円(自動付帯)
入院・通院 100万円
キャッシュレス 対応
  • 年会費無料で傷害・疾病治療補償が100万円だから、お守り代わりの1枚に
  • キャッシュレスにも対応
  • ハワイ・ホノルル、アジア圏への旅行におすすめ

JCB EITカードは年会費無料でありながら、傷害・疾病治療補償が100万円付帯されています。

リボ払いにしか対応しておらず普段使いとしては使いづらいので、「保険のため」と割り切って持っておくといいでしょう。

また、JCBカードにはハワイや中国、韓国、台湾など日本人がよく観光に訪れる地域でショッピングや飲食店、免税店での割引優待や緊急時の日本語サポートなど、JCB会員だけが利用できるサービスがたくさん付帯されているので、よりお得で安心な旅行を楽しめますよ。

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードAの詳細 年会費 1,500円(税抜) 初年度年会費無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外/国内:最高2500万円(自動付帯)
入院・通院 100万円
キャッシュレス 対応
  • 世界中どこでも使える安心のクレジットカード
  • 年会費が安く、海外・国内旅行保険がしっかりと付帯されている
  • クレヒスを育てることでゴールドカードにグレードアップできる

社会人なら1枚ぐらい「人前で使っても恥ずかしくないクレジットカード」を持っておきたいものです。三井住友VISAクラシックカードAは国内メガバンクの三井住友が発行しているので、ビジネスシーンで使っても恥ずかしくありません。

「傷害・疾病治療補償は100万円まで」と平均的ですが、今後も使うことを考えれば、課長や部長など役職に合わせてゴールドカードやプラチナカードにランクアップしていくこともできるので、将来を見据えた1枚として発行しておくのもおすすめです。

楽天カード – 利用付帯だけど年会費無料で200万円補償してもらえる

楽天カード 年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
旅行保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)
入院・通院 200万円
キャッシュレス 対応
  • ポイント還元率の高い年会費無料クレジットカード
  • 楽天トラベルでは100円で2ポイントも貯まる
  • 貯めたポイントは楽天市場や楽天トラベルで使える
  • プリペイド型電子マネー「Edy」搭載

楽天カードは「利用付帯」で傷害・治療補償が200万円まで補償してもらえます。

ツアー代金や航空券代金、空港までの交通費代を楽天カードで支払う必要はありますが、年会費無料で200万円補償してもらえるクレカはなかなかないので、こちらも複数枚持って海外旅行保険の補償額をアップしたいときにおすすめです。

↓入会&利用で最大5,000~8,000ポイントプレゼント!↓
公式ページはこちら
⇒特徴・詳細はこちら

まとめ

クレジットカードで海外旅行保険をカバーする場合は

  • 傷害治療補償、疾病治療補償、携行品損害の3つの補償額が高く
  • 利用付帯は自動付帯で
  • キャッシュレスに対応している

クレジットカードを選ぶのがポイントです。

上記で紹介したように、年会費無料のクレジットカードなら少ないコストで補償額をドンドン加算していけるので、旅行中のケガや病気に焦ることなく対応することができますよ。

また、今回は個人を対象に海外旅行保険を増やせるクレジットカードをご紹介しましたが、ゴールドカード以上に付帯している「家族特約」を使えば、クレジットカードを持っていない家族(親、配偶者、子供)も海外旅行保険の対象にできます。

家族旅行が多い場合は、そちらの方が都合がいいかと思いますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。