横浜インビテーションカードのメリット・デメリット:海外旅行保険の上乗せ目的に最適

横浜インビテーションカード横浜インビテーションカードはジャックスが発行するクレジットカードの1つ。名前の通り、もともとは横浜をアピールするために発行されたクレジットカードですが、付帯されている旅行保険のあまりの充実ぶりに、海外旅行好きの間では『海外旅行保険を充実させるためのクレジットカード』として秘かに人気となっています。

今回は、そんな横浜インビテーションカードがどれほど優れているのかを解説して行きたいと思います。

横浜インビテーションカードの特徴(メリット)

横浜インビテーションカード券面年会費無料
国際ブランドMasterCard
旅行保険海外:最高2000万円(自動付帯) 国内:最高1000万円(自動付帯)
入院・通院200万円
キャッシュレス対応
  • 高額な海外旅行保険と国内旅行保険を付帯!
  • 全国23万店で優待サービスが受けられる「J’sコンシェル」

高額な海外旅行保険と国内旅行保険を付帯!

まず、横浜インビテーションカードの海外旅行保険の内容を確認してみましょう。

傷害死亡・後遺障害補償最高2,000万円
傷害治療補償200万円
疾病治療補償200万円
救援者費用保障200万円
賠償責任保障2,000万円
携行品損害補償20万円
付帯条件自動付帯

海外旅行保険で本当に見るべきポイントである傷害治療補償(ケガの治療費を補償)疾病治療補償(病気の治療費を補償)に着目すると200万円補償されることが分かります。

一般的に年会費無料のクレジットカードは補償されていなかったり、多くても100万円ほどです。

そう考えると横浜インビテーションカードは2倍以上海外旅行保険が充実していると言えますし、付帯条件も自動付帯であるため無条件で保険を適用してもらうことができます。

当サイトでも海外旅行保険が充実したクレジットカードとして紹介していますが、自動付帯のクレジットカードは補償額を上乗せさせることができますので、同様に自動付帯のクレジットカードを複数持てば1,000万円以上の補償額にすることも十分可能です。

これほどの補償額であれば医療費の高い欧米で万が一ケガや病気になっても、ある程度のものはカバーできます。わざわざ保険会社の海外旅行保険に入る手間や保険費用を節約することが可能です。

次に国内旅行保険を見ていきましょう。

傷害死亡・後遺障害補償最高1,000万円
入院費額5,000円
通院日額3,000円
手術最高20万円
付帯条件利用付帯

こちらも補償額はゴールドカード並み。

国内旅行保険自体は『公共交通乗用具に搭乗中にケガ』や『ホテル内の火災や爆破によるケガ』など確率的にはかなり低いものでしか適用してもらうことができないため、利用する可能性も低くく、あまり重要視する必要はありませんが、補償額が優秀なことには変わりません。

旅井
これだけ補償されて年会費が無料というのが魅力です。

全国23万店で優待サービスが受けられる「J’sコンシェル」

横浜インビテーションカードのもう一つの特徴は全国23万店で優待サービスが受けられる「J’sコンシェル」です。内容としてはホテルやツアー、映画、カラオケ、レンタカーなど様々分野で割引してもらえる会員プログラムです。

会員プログラム自体は珍しいものではありませんが、利用する人にとっては(他カードよりも秀でたメリットとは言えなくても)メリットがあるでしょう。

J’sコンシェルの例

↑J’sコンシェルの内容はこんな感じ↑

横浜インビテーションカードのデメリット

ポイント還元率が低い

横浜インビテーションカードのポイント還元率は0.5%(交換するものによって異なる)です。200円利用ごとにラブリィポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=0.5円~1.1円で他社ポイントや商品券などに交換することが可能です。

最近では年会費無料でポイント還元率1.0%を超えるものも多いため、他カードと比較すると還元率は低いと言えます。

また、通販ではJACCSモールを経由することでポイントが2倍以上付与されるものの、こういった会員専用のポイントアップサイトはどの各カード会社でも用意されていますので、秀でた特徴とは言えません。ポイントアップ率も平均的ですし、取扱店もAmazonや楽天など他社ポイントアップサイトなら入っているものばかりです。

もしポイントも効率よく貯めたい場合は、同じジャックスカードであるREX CARDがおすすめです。

REX CARDは横浜インビテーションカードと同じ海外旅行保険の内容を付帯しており、ポイントは2.5倍貯まりやすくなっています(還元率1.25%)。ポイントの使い道がANAマイルへの交換かキャッシュバックに限定されますが、お得度を重視するならREX CARDの方が相性がいいです。

旅井
ちなみにカード会社が同じ場合、複数のクレカを持っていても1枚しか保険が適用されません。なので、横浜インビテーションカードはREX CARDどちらか1枚だけを発行しましょう。

まとめ

以上をまとめると、横浜インビテーションカードは『海外旅行保険を充実させるためのサブカード』として使うのが最適です。手続きなしで200万円の傷害・疾病治療補償を利用することができますし、年会費無料で使うこともできるのでコストもかかりません。

メインカードとして使うにはポイント還元率や付帯されている特典が物足りないため、海外旅行の時だけ持って行くぐらいでちょうどいいです。

年会費無料で傷害・疾病治療補償が200万円を超えるものはありませんので、補償額の上乗せ目的のクレジットカードを探しているなら発行して損はありません。

横浜インビテーションカードのスペック

カード名横浜インビテーションカード
カードデザイン横浜インビテーションカードの券面
申込資格18歳以上
年会費無料
家族カード無料(3枚目まで発行可能)
ETCカード年会費無料
発行期間通常1週間~2週間
国際ブランドMasterCard
ポイント還元率0.50%~1.05%
電子マネーチャージでポイント付与あり:モバイルSuica、SMART ICOCA
チャージでポイント付与なし:楽天Edy、nanaco
スマホ決済Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
マイルANAマイル1,000ポイント⇒600マイル(還元率0.30%)
JALマイル1,000ポイント⇒500マイル(還元率0.25%)
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療補償200万円
疾病治療補償200万円
救援者費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円
付帯条件自動付帯
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害1,000万円
入院保険金日額5,000円
手術保険金最高20万円
通院保険金日額3,000円
ショッピング保険100万円
タイトルとURLをコピーしました