JCB CARD Wのマイル還元率:貯めやすさや交換できるマイルについて解説

JCB CARD Wのマイル還元率:貯めやすさや交換できるマイルについて解説JCB CARD Wは他のJCBカードと比較して2倍多くポイントをもらうことができます。

そのため、実質1,000円=6マイル(詳しい計算式は後述)で貯めることができ、マイル還元率は0.6%に。

JCBのANA一般カードANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、通常1,000円=5マイルでANAマイルに交換できますので、JCB CARD Wの方が効率よくマイルが貯まります。

しかし、一方でANA一般カードやソラチカカードは別途年会費を支払うことでマイル還元率をアップできるので、「どっちを使うべきかわからない…」と悩みますよね。

そこで、このページではJCB CARD Wのマイル還元率やマイル交換先など基本的な情報から、他のクレジットカードと比較して「どちらの方がマイルを貯めるのにおすすめか?」まで詳しく解説していきたいと思います。

マイルを貯めて無料で飛行機に乗って旅行へ行きたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【まずは基本】JCB CARD Wのマイル還元率

JCB CARD Wのマイル還元率とマイル交換先

JALマイルANAマイルスカイマイル
交換レート1P ⇒ 3マイル1P ⇒ 3マイル1P ⇒ 3マイル
最小交換単位500P500P500P
マイル還元率0.3%0.3%0.3%

JCB CARD Wのマイル還元率や交換レートは上記の通り。

マイル交換先はANAマイルJALマイルスカイマイル(デルタ航空)の3つ。マイル還元率は全て0.3%です。

基本的にどのマイルに交換してもお得度は変わりません。

ただ、JCB CARD Wは1,000円利用ごとに2ポイント貯まりますので、実質マイル還元率は0.6%となります。

【マイル還元率の計算式】
1,000円 =2ポイント =6マイル(1,000円ごとに6マイル貯まるので還元率は0.6%)

一般的なクレジットカードのマイル還元率は0.25%~0.3%ですし、ANAカードやJALカードなどの一般カードも通常はマイル還元率0.5%であることを考えると、JCB CARD Wはマイルの貯まりやすいクレジットカードに分類されます

JCB CARD Wと航空系クレジットカードと一般的なクレジットカードのマイル還元率比較

しかも、JCB CARD Wは年会費が無料。

マイルを貯めやすいと言われているクレジットカードは年会費が有料なものばかりですから、この点を考えてもJCB CARD Wは優秀なクレジットカードだと言えます。

「マイルを貯めたいけど、年会費をかけるほどではない」という人ほどJCB CARD Wは相性がいいです。

マイル交換先が多いのは魅力

JCB CARD Wと一般的なクレジットカードのマイル交換先を比較

他のクレジットカードは「JALマイルだけ交換可能」「ANAマイルだけ交換可能」といったように特定のマイルにしか交換できないケースが多いですが、JCB CARD Wのポイント(OkiDokiポイント)なら3つのマイルに交換できます。

メイン利用する航空会社が変わることは珍しくありませんので、気軽に交換先を変えられるのは魅力。

ANA SKYコインにも交換可能

ANA SKYコイン

ANAではマイル以外に「ANA SKYコイン」というものがあります。交換レートはANAマイルと同じで、1ポイント⇒3コイン(還元率0.3%)です。

ANA SKYコインは航空券割引や別のポイントサービスに使うことができ、マイルの有効期限切れを防ぐことができます。(ANA SKYコインの有効期限は1年)

【ANA SKYコインの使い道】

  • 10コイン(10円分)単位で利用可能
  • 航空券や旅行商品に使える
  • 燃油サーチャージの支払いにも利用可能

使い道もマイルよりも幅広いため、場合によってはANA SKYコインの方が使いやすいこともあります。

JCB CARD Wでマイルを貯めるのはあり?

JCB CARD Wでマイルを貯めるのはあり?

JCB CARD Wでマイルを貯めるのは「ありか?」「なしか?」という話は、どれぐらい本気でマイルを貯めたいのかで変わります

【見分け方】

  • マイルを貯めたいが年会費はかけたくない ⇒ JCB CARD WでOK
  • 2~3年かけてのんびりマイルを貯めたい ⇒ JCB CARD WでOK
  • 本気でマイルを貯めたい ⇒ ANAカードやJALカード

お金をかけたくない or のんびり貯めるならJCB CARD WでOK

先ほども解説したように、お金をかけたくない人や急いでマイルを貯める予定がない人にとってはJCB CARD Wは最適なクレジットカードです。

年会費はかかりませんし、マイル還元率自体も0.6%と非常に優秀。これ以上最適なクレジットカードはありません。

ガッツリ貯めるなら航空系クレジットカードが最適

一方、本気でマイルを貯めたい人であれば、ANAカードJALカードなどの航空系クレジットカードを発行し、用意された有料のマイルアッププログラムに加入するのが最適です。

例えば、JCBのANA一般カードであれば年会費5,000円を別途支払うことで、1ポイント=10マイルで交換できる『10マイルコース』というマイルアッププログラムに参加できます。

マイル還元率に換算すると1.0%。

JCB CARD Wのマイル還元率は0.6%ですから、移行手数料を支払えばANA一般カードの方が効率よくマイルを貯められます。

JCB CARD W券面JCB CARD WANA一般カード券面ANA一般カード
年会費無料2,000円
国際ブランドJCBJCB/VISA/MasterCard
マイル還元率0.6%
(1,000円=2P=6マイル)
・0.5%(5マイルコース)
(1,000円=1P=5マイル)

・1.0%(10マイルコース)
(1,000円=1P=10マイル)
移行手数料
(10マイルコースの場合)

(利用不可)
年5,000円
(VISA、MasterCardは年6,000円)

トータルの年会費は高くなってしまいますが、一定以上の金額を使えば年会費以上のお得さを得ることができます

以下の表を見てください。

年間利用金額JCB CARD W券面JCB CARD WANA一般カード券面ANA一般カード
1,000円6マイル10マイル
50万円3,000マイル5,000マイル
100万円6,000マイル10,000マイル
150万円9,000マイル15,000マイル
175万円10,500マイル17,500マイル
200万円12,000マイル20,000マイル
250万円15,000マイル25,000マイル
300万円18,000マイル30,000マイル

1マイル=1円換算で考えると、年間175万円使えば年会費の差は全てペイすることができ、かつ175万円以上の利用で貯まるマイルの数もANA一般カードの方が多くなります

また、1マイルの価値は『グレードの高い席(ビジネスクラスやファーストクラス)』や『人気の航路』の航空券であるほど上がり、2円や3円、10円以上になることも考慮すれば、年間利用金額175万円未満でも十分年会費のもとを取ることが可能です。

旅井
旅井

少し難しい話になってしまいましたが、基本的にはJCB CARD WよりもANA一般カードの方が効率よくマイルを貯められるという話です。

JALマイルやスカイマイルに関しても、JALカードデルタカードなど各航空会社が発行するクレジットカードの方がマイル還元率が高い(基本的には還元率0.5%以上)ため、本気でマイルを貯めたい場合はそちらの方がおすすめです。

まとめ

JCB CARD Wでマイルを貯めるメリットは

  • 年会費がかからない
  • 他の年会費無料クレジットカードよりもマイル還元率が高い
  • ANAマイル、JALマイル、スカイマイルの中から選べる

といった部分です。

「毎年マイルで海外旅行へ行きたい!」という人は少し物足りないかもしれませんが、「マイルは貯めたいけど、あまりお金はかけたくない」「2年~3年かけてのんびりマイルを貯めたい」という人であれば、十分満足できるものとなっています。

また、セブンイレブンやAmazonなど、JCBの特約店で使えばポイント2倍や3倍でOkiDokiポイントを貯められますので、思った以上にザクザクとマイルを貯めることができますよ。

\ 今なら3ヶ月間ポイント4倍キャンペーン中! /
JCB CARD W 申込ページはこちら
【最新】JCB CARD W入会キャンペーン:今はポイント4倍&Apple PayまたはGoogle Payの利用金額20%還元
JCB CARD Wの入会キャンペーンが更新されました。今JCB CARD Wを発行すると、入会から3ヶ月間はポイント4倍、さらにApple PayまたはGoogle Payの利用金額20%還元(上限金額5,000円)でもらうことが...
JCB CARD Wの審査:在籍確認や学生・専業主婦でも合格するのか解説
高還元率なJCBプロパーカードとして人気のJCB CARD W。39歳以下限定の若者向けクレジットカードとなっていますが、気になるのが審査の難易度。特に学生さんや主婦の方で収入に自信がなかったり、多重気味・喪中明けなど属性に自信のない人は...
タイトルとURLをコピーしました