旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > アジア地域 > 韓国旅行でクレジットカードは使える!【使い方やレート、手数料まとめ】

韓国旅行でクレジットカードは使える!【使い方やレート、手数料まとめ】

韓国旅行でクレジットカードは使える!【使い方やレート、手数料まとめ】海外旅行の中でも特に人気なのが韓国への旅行。日本からも近くて行きやすかったり、韓国アーティストや韓国ドラマをきっかけに…というのが韓国旅行へ行く人が多い理由なんだとか。

そんな韓国では税金対策を理由に社会のカード化が進んでおり、日本よりもクレジットカード決済が広まっています。年収の10%以上を利用すればキャッシュバックがあったり、明細書に宝くじの番号が付いていたりなどお得なことばかりなので、みんなカードを使って決済しているわけです。

これらの恩恵は日本人旅行者にはありませんが、韓国旅行中に現金よりもクレジットカードで支払うメリットはたくさんあり、お得に旅行できることは間違いありません

ただ、カードをあまり使ったことがない人にとっては「カードで支払うメリットが分からない」「現金じゃダメなの?」など疑問に感じることも多いはず。

そこで今回は韓国旅行でクレジットカード・現金を使うメリットデメリットや「どんな風に使うの?」ということについて解説していきたいと思います。

関連記事:韓国旅行におすすめのクレジットカードと選び方
     韓国旅行経験者に聞いた「このクレジットカード使える?使えない?」 – 口コミを集めてみた


韓国旅行でクレジットカードは必要?

韓国旅行でクレジットカードは必要?
結論から言えば「必ず必要というわけではないが、持っていた方が圧倒的にお得で便利になる」です。韓国で何をするかにもよりますが、基本的には現金で決済できないことはありませんし、他の国より盗難や窃盗・強盗に合う確率は少ないので現金でも問題なく旅行を楽しむことができます。

しかし、両替の手数料などを考えると現金で支払った方が2%~6%ぐらい損をすることも事実です。

【韓国での手数料】

  • カード払いの手数料:1.6%ぐらい
  • 両替手数料:3%~8%

旅行中の支払いが2万円や5万円など少額なら損する額も少ないですが、10万円支払えば5,000円~6,000円以上の損になるので、旅行中にたくさんお金を使う予定の人ほどクレジットカードの利用をおすすめします

韓国で現金を使うメリット・デメリット

ウォン

【メリット】

  • 現金を渡すだけでいいので、普段の生活と同じような支払いで安心する
  • 友人と割り勘のときに支払いでモメない

【デメリット】

  • 手数料の関係でクレジットカードよりも2%~6%ぐらい損する

現金で支払えば日本で払っているような感じでいいので、韓国語が分からない人でも安心して決済できるのではないでしょうか。「サインしてください」「現地通貨決済と日本円決済どちらがいいですか?」と韓国語で聞かれてもとまどってしまいそうなイメージがありますしね(実際は身振り手振りでなんとなくわかるんですけど)。

また、友人や恋人と旅行へ行く場合は食事代などを割り勘にすることもあるかと思います。その場合はクレジットカードでの支払いだと少し面倒ですね。割り勘分の現金をちょうど持っているかも分かりませんし、「カードのポイント分だけ得してるじゃん」なんて知り合いの意外とケチな面を見てしまうかもしれません(笑)

こういったトラブルを起こさないためにも、旅行中に共通の財布を作っておき、その中に全員で一定のお金を入れて使うようにしておけばいいでしょう。こうすれば個人的な買い物だけカードで支払えて、トラブルが起きることなくお得に旅行が楽しめます。

現金の方が2%~6%ぐらい損をするのは両替手数料が3%~8%ぐらいかかるからです。クレジットカード決済手数料は1.6%なので、全体で2%~6%ぐらい現金の方が損をしてしまうわけです。

ちなみに日本円から韓国ウォンへの両替は「日本国内」と「韓国国内」のどちらでもできますが、日本国内の両替は韓国内の両替の2倍ぐらい手数料がかかります。クレジットカード支払いをメインで考えていても電車賃などのために少し現金を用意するのが基本ですが、そのときに間違って日本で両替しないようにしましょう。

韓国でクレジットカードを使うメリット・デメリット

韓国でクレジットカードを使うメリット・デメリット

【メリット】

  • 現金で支払うよりもお得
  • 手持ちがなくなってもキャッシングができるから安心
  • 多額の現金を持ち歩かなくすむ

【デメリット】

  • サインを書いたり暗証番号を入力する手間がかかる
  • カードが使えない場合もある
  • 日本円決済だと手数料が上乗せされる

韓国でクレジットカードを使う最大のメリットは『お得になるから』です。上記で説明したように、カードで支払った方が10%ぐらいお得になります。

また、手持ちがなくなってもキャッシングを使えば現金をすぐに用意できるのもメリット。日本だと「キャッシングは危ないもの」といわれていますが、借りすぎたら危ないだけなので、1万円や5万円ぐらい借りたところで利息もほとんど付かないので安心してください。

利息は「どれぐらい借りたか?」「完済までにどれぐらいかかるか?」によって変動しますが、5万円以下のキャッシングなら翌月に完済すれば利息は5,000円以下に収まります。

クレジットカードを持つメリットには『多額の現金を持ち歩かなくすむ』というのもあります。2017年6月現在のレートは「1円=約10ウォン」なのですが、10万円両替すれば100万ウォン持ち歩くことになります。それだけ多額のお金をお財布に入れて旅行するのはちょっと不安ですよね。パンパンにもなりますし。

かといって、2万円や3万円ぐらいだと「万が一のときに…」と考えると心細くなりますよね。

「手持ちが多くなくて済む」というは精神的にはかなり楽なので、心配性の人ほどクレジットカードで支払うようにした方が楽しく旅行できるはずですよ。

デメリットはサインや暗証番号を入力する手間がかかることと、電車や屋台などカードが使えないこともあること。ただ、普段からカードを使ったことがある人なら決済を手間だと感じることはないでしょうし、カードを使えないことを考えて現金を用意しておくのは海外旅行の基本なので、人によってはデメリットに感じないかももしれませんね。

また、クレジットカード支払いの場合「現地通貨決済」「日本円決済」の2種類があります。現地通貨決済の場合はカードの手数料(約1.6%)だけがかかります、日本円決済だと手数料が3~5%上乗せされます。上乗せされた手数料はお店の利益となります。

どちらの決済にするかは聞かれることもありますし、お店側が現地通貨決済または日本円決済を決めていることもあります。聞かれた場合は現地通貨決済を選び、勝手に日本円決済になっている場合は明細書に日本円が表示されているのでサイン前に現地通貨決済に変えてもらうようにしましょう。

韓国でクレジットカードが使える場所、使えない場所

ホテルやデパート、免税店、飲食店、マッサージ店、電車、バス、タクシーなど基本的にはどこでも使える

韓国は日本よりもクレジットカードが普及しているため、ホテルやデパート、免税店、飲食店、マッサージ店、電車、バス、タクシーなど基本的にはどこでも使うことができます。韓国の法律で1,000ウォン(100円)以下でもカード払いができるようになっているんですよね。

実は小さなお店や露店でもカード払いが可能であり、「現金しかダメです」と断られた場合は通報することもできます(笑)。せっかくの旅行でわざわざ騒ぎを大きくするのも面倒ですので、黙って現金で支払う観光客がほとんどですが、それぐらい韓国はクレジットカードが普及していますので、持っておいたほうがいいでしょう。

↑2018年の最近の韓国のクレジットカード事情はこちらの動画が参考になります。

電車やバスの交通系はT-moneyカードが便利

韓国には日本のSuicaやPASMO、Icocaのような交通系ICカード「T-moneyカード」があります。電車やバス、タクシーなどの交通機関は全てT-moneyカードで支払うことができます、改札もピッとかざすだけでOKですので、韓国旅行でいろいろな地域に行く場合は1枚持っておくと便利です。

T-moneyカードは韓国のコンビニで買うことができます。いろいろなデザインのカードがあり、安いものだと1枚2,500ウォン(約250円)、高いものだと10,000ウォン(約1,000円)で購入できます。チャージした分だけ使うことができるため、使いすぎる心配もありません。

チャージはコンビニや駅にある自動券売機ででき、日本語にも対応していますので、韓国語が分からなくても簡単にチャージできますよ。

バスも↑こんな感じで使えますので、とても楽です。

正直クレジットカード2枚(VISAとMasterCard)とT-moneyカード1枚があれば財布も必要ありませんので、キャッシュレスな文化を体験してみるのも韓国旅行の一つの楽しみ方とも言えます。

韓国ではクレジットカードのサインが適当

クレジットカードのサイン
サインの場合は電子辞書のような専用の機械を渡されますので、そこにサインをすればOK。しかも結構適当なサインでもよく、ぐちゃぐちゃと名前を書いたり、横棒をサッと引いただけでOKなこともあります。親切に店員がサインを書いてくれることも。フルネームで書く必要もないので「名前だけ」「名字だけ」と決めておくと楽ですよ。

「そんなに適当だと悪用されやすいんじゃ?」と思われるかもしれませんが、韓国で発行したクレジットカードは利用するとすぐにメールに利用明細が届いたり確認の電話がくるので大丈夫です。

日本で発行したカードでも同じように明細がメールで届くものもありますし、高額な請求や普段利用しないお店での請求、頻度の高い請求に対しては確認の電話が来ますので、不正利用を心配する必要はありません。「使った覚えがない」と伝えれば意外と簡単に不正利用分を支払わなくていいように手続きしてくれますからね。

VISA、MasterCard、JCBなら問題なく使える

海外ではクレジットカードの国際ブランドによって使えるお店が違います。一般的には「VISAとMasterCardなら世界中どこでも使える」と言われていますが、韓国に関してはJCBも問題なく使用することができます

「海外ではJCBは使えない」と言われていますが、韓国は日本人観光客が非常に多く、JCBも韓国のお店との提携に力を入れているため、よほどマイナーな地域に行かない限りはJCBで決済することができます。おそらく多くの方が訪れるであろうソウルではホテルやレストラン、飲食店、マッサージ屋など、どこでも利用することができます。

「JCB海外優待 たびらば」や「JCBハワイガイド」の詳細

また、JCBには「たびらば」と呼ばれる会員専用の割引優待も用意されており、ホテルやレストラン、飲食店、マッサージ屋などで10%OFFや20%OFFの料金で利用できるようになります。割引条件も「たびらばのクーポン画面をスマホで提示し、JCBカードで支払うだけ」と、とても簡単です。

さらに、ソウルにはJCBプラザ ラウンジと呼ばれる会員専用ラウンジも用意されており、「おいしい焼肉を食べたい!」「アカスリやマッサージでリフレッシュしたい!」「思いっきりショッピングを楽しみたい!」といった時に現地スタッフが日本語でおすすめのお店を紹介してくれます。クレカやパスポート紛失時にも丁寧に対応してもらえます。

こういった手厚い特典を付帯していますので、JCBを持っている方なら使わなければ損ですよ。

まとめ

韓国ではクレジットカードが使いやすいですし、お得になることが多いので、なるべく利用しておいた方がいいです。「カードを渡して、専用の機械にサインする」という使い方で支払いも楽ですし、大金を持ち歩く精神的な負担もないので旅行を快適に楽しむこともできますしね。

もちろん「予算がないから2万円ぐらいしか使わない」「わざわざカードを使うがめんどくさい」というように2~3万円の少額利用や面倒に感じる場合は現金でもOKです。少し多めに両替しておくと万が一のときにも備えられるのでおすすめ。

ちなみに、管理人は韓国へ行くときはクレジットカード(VISA2枚とJCB1枚)をメインで利用し、1万円分のウォンを現金支払い用に用意しています。今のところ、この組み合わせで困ったことはありません。

クレジットカードと現金にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、しっかりと把握して選びましょう。

関連記事:韓国旅行におすすめのクレジットカードと選び方
     韓国旅行経験者に聞いた「このクレジットカード使える?使えない?」 – 口コミを集めてみた

LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。



スポンサードリンク






韓国旅行でクレジットカードは使える!【使い方やレート、手数料まとめ】:関連ページ

韓国旅行経験者に聞いた「このクレジットカード使える?使えない?」 – 口コミを集めてみた
今回は実際に韓国旅行へ行ったことがある方に「自分の持っているクレジットカードは使えた?(or 使えなかった?)」を口コミしてもらいました。「韓国ではクレジットカードを使えるって聞くけど、やっぱり実際に行った人の体験を聞か […]
シンガポール旅行でクレジットカードは必要?現金だけだと不便なこと5つ
シンガポールはアジアの中でも人気の観光地であり、日本人の旅行者も多いです。「海外旅行ではクレジットカードが必須」と言われていますが、今度のシンガポール旅行が初めての海外旅行だと「クレジットカードを持ってない」という方も多 […]
シンガポール旅行におすすめのクレジットカードと選び方
目次1 シンガポールにおすすめのクレジットカードの選び方2 シンガポール旅行におすすめのクレジットカード2.1 安定のVISAカード!三井住友VISAクラシックカードA2.2 年会費無料なのにゴールド並の旅行保険!エポス […]
タイ旅行でお得!優待が多くてどこでも使えるおすすめのクレジットカード
クレジットカードがあれば優待割引を受けることができ、お得にタイ旅行を楽しむことができます。日本ではあまりカードを使う習慣がない人も、タイ旅行中はどんどん使っていきましょう。 バンコクやチェンマイなど人気の観光地はもちろん […]
タイでクレジットカードは必要?タイのクレジットカード事情を解説
タイは東南アジアの中でも人気の観光地であり、日本からの直行便で7時間と行きやすいこともあって、日本人の観光客が非常に多いです。バンコクなんかは日本人だけではなく中国人や韓国人、アメリカ人など様々な人がいます。1人旅として […]
知らないと損する!台湾旅行におすすめのクレジットカード
台湾旅行におすすめのクレジットカードをご紹介します。 台湾は日本と同じぐらいクレジットカードが普及しており、台北や高雄など大きめの都市・観光地では問題なく使用することができます。 電車やバス・タクシーなどの交通手段や屋台 […]
台湾旅行にクレジットカードは必要?使えるお店やカード事情を解説
海外旅行ではクレジットカードが必須なので「台湾旅行でもクレジットカードって必要なの?」「そもそも台湾ってクレジットカード使えるの?」と気になる人も多いかと思います。 先に結論を言うと『クレジットカードは使えるけど、現金で […]
中国旅行におすすめのクレジットカードと選び方
目次1 中国旅行におすすめのクレジットカードの選び方1.1 使いやすさで選ぶなら銀聯カード1.2 お得に中国旅行を楽しむなら優待割引のあるクレジットカード2 中国旅行におすすめのクレジットカード2.1 三井住友銀聯カード […]
中国旅行ではクレジットカードは使えない?ちょっと特殊なカード事情
海外旅行ではクレジットカードを持っておくことで支払いが簡単になったり、クレジットカードを持っていないと損をするような場面があるので「絶対に持っていくもの」という認識があります。 中国は日本よりもクレジットカード社会が進ん […]
韓国旅行におすすめのクレジットカードと選び方
日本からすぐに行けてしまうこともあり、海外旅行先として人気の高い韓国。初めての海外旅行で韓国を選ばれる方も多いですよね。 そこで今回は韓国旅行におすすめのクレジットカードと簡単な選び方をご紹介していきたいと思います。 【 […]