JCB CARD WとAmazon MasterCardクラシックを比較:本当にAmazonをお得に使えるのはどっち?

JCB CARD WとAmazon MasterCardクラシックを比較JCB CARD WはAmazonでの利用がポイントアップの対象となっており、1,000円=4ポイントでOkiDokiポイントを貯めることができます。

Amazonが発行するクレジットカードであるAmazon MasterCardクラシックよりもポイント還元率が高いため、「Amazonで最もお得なクレジットカード」だとも言えます。

私自身、Amazonで効率よくポイントが貯められることに魅力を感じ、JCB CARD Wを発行しました。

しかし、ポイント還元率は使い道によって変動しますので、常にJCB CARD Wの方がお得というわけではありません

今回はJCB CARD WとAmazon MasterCardクラシックを比較し、どちらの方がお得にAmazonでポイントを貯められるのか解説したいと思います。

JCB CARD WとAmazon MasterCardクラシックのスペック比較表

 JCB CARD W券面JCB CARD WAmazon MasterCardクラシック券面Amazon MasterCardクラシック
年会費無料1,250円(※)
貯まるポイントOkiDokiポイントAmazonポイント
ポイント還元率
(通常利用)
1.0%1.0%
ポイント還元率
(Amazon利用)
2.0%プライム会員:2.0%
非プライム会員:1.5%
ポイント有効期限24ヶ月12ヶ月
マイル還元率ANAマイル:0.3%
JALマイル:0.3%
スカイマイル:0.3%
ポイント付与対象の電子マネーQUICPayiD
Apple Pay対応対応
Google Pay対応対応
※:初年度年会費無料&年1回以上の利用で次年度も無料

Amazonでのポイントの貯まりやすさを比較

  • JCB CARD W:1,000円 = 4ポイント
  • Amazon MasterCardクラシック(非プライム会員):100円 = 1.5ポイント
  • Amazon MasterCardクラシック(プライム会員):100円 = 2ポイント

まず基本的な部分から整理していきましょう。

JCB CARD WはAmazonで1,000円利用ごとにOkiDokiポイントが4ポイント貯まります。

一方、Amazon MasterCardクラシックは100円利用ごとにAmazonポイントが1.5ポイント~2ポイント貯まります。1,000円換算すると15ポイント~20ポイントです。

これだけ見ると、1,000円利用したときにAmazon MasterCardクラシックの方が10ポイント以上も多くもらえるためAmazon MasterCardクラシックの方がお得に感じます。

では、なぜJCB CARD Wの方が本家AmazonカードよりもAmazonでお得だと言われているのでしょうか?

その秘密は『1ポイントあたりの価値』にあります

ポイント還元率を比較

  • JCB CARD W:1ポイント = 最大5円
  • Amazon MasterCardクラシック:1ポイント = 1円

JCB CARD WのポイントであるOkiDokiポイントは、1ポイントあたり最大5円で利用することができます。例えば、nanacoポイントやWAONポイント、ビックポイントなどがその対象となります。

AmazonでJCB CARD Wを利用すると1,000円=4ポイント貯まるため、結果的に1,000円ごとに20円還元されることになるため、ポイント還元率は2.0%です。

一方、Amazon MasterCardクラシックは1ポイント=1円でしか使えませんので、1,000円ごとに15円~20円の還元となります。

プライム会員であればJCB CARD WとAmazon MasterCardクラシックのお得度は互角、非プライム会員の場合はJCB CARD Wの方がお得度が高いです。

さらに、プライム会員は年会費4,900円(税込)が必要であることを考えると、年会費無料で使えるJCB CARD Wの方が総合的なお得度が上だと言えます。

ですので、「JCB CARD Wは本家Amazonのクレジットカードよりもお得」と言えるわけです。

ポイントをAmazonで使うときのお得度を比較

ただし、先ほどの話は少し注意が必要です。

というのも、OkiDokiポイントは1ポイント=最大5円ですが、使い道によっては価値が4円や3円などに減るからです。

OkiDokiポイントのAmazonでの利用は1ポイント=3.5円

AmazonでJCB CARD Wを決済に使用し、OkiDokiポイントもAmazonで使うと、

  • JCB CARD W:1,000円 = 4ポイント = 14円
  • Amazon MasterCardクラシック:1,000円 = 15ポイント = 15円

と、Amazon MasterCardクラシックの方がお得度は高くなります

もちろん、プライム会員も1,000円あたりの還元金額はJCB CARD Wより多くなるので、Amazon MasterCardクラシックを使った方がお得です。

以上のことから、クレジットカードの使い道をAmazonに集約させる場合はAmazon MasterCardクラシックの発行が最適です。

具体的には「Amazonの決済用クレジットカードが欲しい」という人ですね。

「光熱費の支払いや食費の支払いで貯めたポイントをAmazonで消化したい」という人は、次のことも考慮してどちらのクレジットカードを発行するべきか考える必要があります。

Amazon以外でのポイントの貯まりやすさを比較

JCB CARD WはAmazon以外にもポイントアップの特約店が用意されています。具体的には以下の通り。

ポイントアップ提携店アップ倍率
昭和シェル2倍
ENEOS2倍
Amazon4倍
スターバックス10倍
ビックカメラ2倍
セブンイレブン3倍
一休.comレストラン3倍
小田急百貨店3倍
ワタミグループ3倍
ニッポンレンタカー2倍
高島屋3倍
AOKI5倍
箱根小涌園 天悠2倍
ホテル椿山荘東京5倍
ドミノ・ピザ2倍
洋服の青山5倍
一休.com(宿泊予約)3倍

例えば、ENEOSでガソリンを入れているのであれば、Amazon MasterCardクラシックではなくJCB CARD Wで支払った方が1,000円あたり5円お得です。

ポイント使い道をAmazonに限定しても、

  • JCB CARD W:1,000円 = 3ポイント = 10.5円
  • Amazon MasterCardクラシック:1,000円 = 10ポイント = 10円

と、1,000円あたり0.5円JCB CARD Wの方がお得な計算になります。

Amazon MasterCardクラシックはAmazon以外でポイントアップになる店舗が用意されていないため、日常生活でポイントを貯める場合はJCB CARD Wの方が効率的なケースも多いです。

JCB CARD Wのポイントアップ店は上記で紹介した店舗で全てですので、ザっと目を通してみましょう。

旅井
旅井

私はAmazonよりもセブンイレブンでポイントを貯める機会の方が圧倒的に多かったため、JCB CARD Wを選択しました。

ポイントの使い道を比較

Amazson以外でポイントを使う予定がない人は興味がないかもしれませんが、一応比較しておきます。

Amazon MasterCardクラシックはAmazon以外で使い道はありません

一方、JCB CARD WはAmazon以外にも様々な使い道が用意されています。電子マネーやギフトカード、他社ポイント、ディズニーリゾートのパークチケットなど使い道に困ることはありません。

関連記事:OkiDokiポイントの使い道

クレジットカードを長く使っているとポイントの使い道が変化することは珍しくありませんので、長い目で見ればJCB CARD Wの方が多様性があって使い勝手はいいです。

まとめ

Amazon MasterCardクラシックはお得度が高く見えますが、実際はAmazonに限定して使う必要があるため、使い勝手まで考慮するとJCB CARD Wに軍配が上がります。

また、ポイントの使い道をAmazon以外にまで広げれば、1,000円あたりの還元金額もJCB CARD Wの勝ちとなりますので、やはり総合的なお得度はJCB CARD Wの優勢となります。

Amazon用のクレジットカードを探している場合はAmazon MasterCardクラシック、それ以外の場合はJCB CARD Wが最適です。

Amazon MasterCardクラシック申込ページ

【最新】JCB CARD W入会キャンペーン:今はポイント4倍&Amazonポイント10倍
JCB CARD Wの入会キャンペーンが更新されました。今JCB CARD Wを発行すると、入会から3ヶ月間はポイント4倍、さらにAmazonでの利用はポイント10倍でもらうことができます。入会キャンペーンの対象者は2020年1...

タイトルとURLをコピーしました