旅行に強いクレジットカード > JCBカード > JCB CARD W > JCB CARD Wのメリット・デメリットを解説:一般カードとの違いは年会費無料とポイント還元率

JCB CARD Wのメリット・デメリットを解説:一般カードとの違いは年会費無料とポイント還元率

JCB CARD Wのメリット・デメリットを解説:一般カードとの違いは年会費無料とポイント還元率JCB CARD WはJCBの最新OS(オリジナルシリーズ)です。いわゆる「最新のJCBカード」であり、39歳以下なら年会費無料ポイント還元率も他のJCBカードの2倍なので、正直今から発行するならJCB CARD Wを発行しておけば間違いありません(笑)。

今回はJCB CARD Wのメリット・デメリットを簡単にまとめていきますが、正直デメリットが特にないので、ある程度JCB CARD Wについて理解しているのであれば申込ページに移動しても問題ありませんよ。

39歳以下はずっと年会費無料!
申込ページはこちら
※JCB CARD Wはネット加入限定のクレジットカードですので必ず上記リンク先から申込ください。

JCB CARD Wの3つのメリット

JCB CARD Wの詳細年会費無料
国際ブランドJCB
旅行保険海外:最高2000万円(利用付帯)
ポイント1.00%(OkiDokiポイント)
マイル還元率ANA/JAL/スカイ:0.6%
  • 39歳以下ならずっと年会費無料
  • ポイント還元率1.0%で普通のカードの2倍貯まりやすい
  • 貯めたポイントでディスニーランド入場券もゲットできる
  • 世界中で利用できるお得な優待割引がある
  • 海外ATMの手数料が無料

ここからはJCB CARD Wが他のJCBカードと何が違うのか?ということを解説していきたいと思います。

メリット1.39歳以下はずっと年会費無料

JCB CARD Wは39歳以下ならずっと年会費無料です。40歳以上も発行ができないだけで、39歳以下の人が数年後に40歳以上になったとしてもJCB CARD Wの年会費はずっと無料です。

JCBのプロパーカードであるOSシリーズで年会費無料なのはJCB CARD EXTAGEとJCB EITカードの2つですが、条件で見ればJCB CARD Wの方がメリットが大きいです。

JCB CARD Wの券面画像
JCB CARD W
JCB CARD EXTAGEの券面画像
JCB CARD EXTAGE
JCB EITカードの券面画像
JCB EITカード
年会費39歳以下無料29歳以下無料ずっと無料
支払い方法普通のクレジットカードリボ払い専用
ポイント(国内)1,000円=2P
還元率:1.0%
1,000円=1.5P
還元率:0.75%
1,000円=2P
還元率:1.0%
ポイント(海外)国内の2倍

ポイント還元率はJCB CARD WとJCB EITカードが並びますが、JCB EITカードリボ払い専用のクレジットカードなので利便性が少し悪いです。

リボ払いとは・・・
月々にいくら使っても毎月自分で決めた金額しか引き落とされない支払い方法。使いすぎても毎月の支払いに影響が少ないメリットがありますが、一方で完済までの期間が延びてしまい、利息が増えてしまうデメリットもあります。

リボ払いは支払いの管理をミスると知らないうちに残高がいっぱいになってしまい、最悪の場合は返済できなくなることもあります。

なので、クレジットカードに詳しくない人ほどJCB CARD Wの方がおすすめです。

メリット2.ポイント還元率1.0%で普通のカードの2倍貯まりやすい

上記の表でも書きましたが、JCB CARD Wは1,000円利用ごとにOkiDokiポイント(JCBのポイントサービス)が2ポイント貯まります

OkiDokiポイントは1ポイントで5円分の価値がありますので、ポイント還元率にすると1.0%だと言えます。

ポイントの貯まりやすいクレジットカードで有名な楽天カードもポイント還元率1.0%ですので、JCB CARD Wがいかにポイントの貯まりやすいJCBカードであるかが分かりますね。

貯めたポイントはJCBギフトカードやANAマイル、Amazonの代金、東京ディズニーリゾート・パークチケット(2枚)、電子マネーや他社ポイントへのチャージ分などに交換することができます。使い勝手に困ることはありません。

また、海外旅行や海外の通販サイトでJCB CARD Wを使った場合、自動的にもらえるポイントが2倍になるのも大きな魅力。特に韓国タイハワイなどではJCBの提携店が非常に多いので、ポイントをザクザク貯めることができますよ!

メリット3.提携店で最大ポイント10倍!

以上の2つが他のJCBカードとの違いです。ここからはJCBカードに共通するメリットをご紹介していきます。

JCBには「JCBパートナー店」と呼ばれる提携店があり、そこでJCBカードを使うと2倍~10倍のポイントを貰うことができます。詳しい提携店については「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を見ればわかりますが、セブンイレブン(3倍)やスターバックス(10倍)、Amazon(3倍)、ENEOS(2倍)など普段から使う機会の多いお店ばかりなので持っておいて損はありませんよ。

私も最近スマホ決済を利用するようになりましたが、現金で支払っていたころよりもポイントがたくさん貯まるので、コンビニやスタバのちょっとした飲み物は無料でしか飲んでいません(笑)

「JCB CARD Wでポイントを貯める ⇒ 電子マネー(nanacoポイント)に交換 ⇒ セブイレブンの支払いに使う」

たったこれだけで他の人よりも圧倒的にお得な生活を送ることができます。

JCB CARD Wにはデメリットがない!

JCB CARD Wをどれだけ調べてもデメリットが見当たらないので「何かとんでもないマイナス面があるだろ」と疑ってましたが、本当にデメリットが見当たらないんですよね。

個人的には「メリットがあればデメリットもある」と思っている派であり、このサイトでできるだけデメリット部分を紹介するようにしているのですが、今回に限っては本当にありませんでした

強いてあげれば「40歳以上は発行できない」ということぐらいですかね。JCBゴールドでもポイント還元率は0.5%~0.8%ほどなので、年齢によってポイントの貯まりやすいJCBカード「JCB CARD W」を発行できない部分はデメリットと言えるかもしれません。

39歳以下ならメリットしかないクレジットカードなので、発行しておいて間違いありません。

私も発行しました^^

関連記事:JCB CARD Wの申し込み方法を画像付きで解説:実際に申込んでみた

JCB CARD Wのスペック

カード名JCB CARD W
カードデザインJCB CARD Wの詳細
申込資格年齢18歳~39歳
年会費無料
家族カード無料
ETCカード無料
発行期間通常1週間程度
国際ブランドJCB
マイルANA:0.3%、JAL:0.3%、スカイ:0.3%
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害2000万円
傷害治療補償100万円
疾病治療補償100万円
救援者費用100万円
賠償責任2000万円
携行品損害100万円
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害
入院日額
通院日額
ショッピング利用枠公式サイト参照
海外キャッシング利用枠公式サイト参照
電子マネーQUICPay、楽天Edy
ポイント還元率1.0%~2.0%

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする