旅行に強いクレジットカード > AIRDOカード > AIRDO VISA ゴールドカードのメリット・デメリット:一般カードとの違いは何?

AIRDO VISA ゴールドカードのメリット・デメリット:一般カードとの違いは何?

AIRDO VISA ゴールドカードのメリット・デメリット:一般カードとの違いは何?AIRDO VISA ゴールドカードはAIRDOカードのゴールドカード。一般カードであるAIRDO VISA クラシックカードと比較すると航空券購入でもらえるポイント数がアップしており、AIRDOヘビーユーザー向けのカードだと言えます。

  • AIRDO VISA ゴールドカードは発行する価値があるのか?
  • AIRDO VISA クラシックカードとどちらを発行するべきなのか?

今回はAIRDO VISA ゴールドカードのメリット・デメリットをまとめながら、上記2つのことについて書いていきたいと思います。

↓今すぐ発行したい方はこちら↓
公式ページはこちら

AIRDO VISA ゴールドカードの特徴(メリット)

AIRDO VISA ゴールドカードの券面画像年会費12,000円
国際ブランドVISA
旅行保険海外/国内:5,000万円(自動付帯)
ポイント還元率0.50%~(AIRDOポイントorワールドプレゼント)
交換可能マイル
  • 入会でAIRDOポイントが300ポイントもらえる
  • AIRDOホームページで航空券を買うと120円=1Pで貯まる
  • 搭乗ボーナスで200ポイントもらえる
  • 普通のカード利用でも1万円ごとにAIRDOポイントが2.5P貯まる

入会でAIRDOポイントが300ポイントもらえる

AIRDO VISA ゴールドカードでは入会だけでAIRDOポイントが300ポイントがもらえます。特典航空券の交換に必要なポイント数の約17%を補えますので、AIRDOユーザーにとってはありがたい特典です。

AIRDOホームページで航空券を買うと120円=1Pで貯まる

AIRDOホームページ内で航空券を買う時にAIRDO VISA ゴールドカードを使うと、120円決済ごとにAIRDOポイントが1ポイント貯められます。

【特典航空券の交換に必要な利用金額】

  • 1,200ポイント:144,000円
  • 1,400ポイント:168,000円
  • 1,600ポイント:192,000円
  • 1,800ポイント:216,000円
  • 2,000ポイント:240,000円

※:AIRDO航空券の購入だけで算出

AIRDOの航空券は安く買える「AIRDO スペシャル」を使っても「往復:大人1人25,000円~30,000円」が相場ですし、予約変更可能な航空券なら「往復:大人1人35,000円~50,000円」が相場ですから、わりと簡単に達成できる金額ですよね。

特に家族旅行が多い方なら、札幌~東京間を3往復もすればレギュラーシーズンの同区間を無料で乗れるぐらいのポイントが貯められます

搭乗ボーナスで200ポイントもらえる

AIRDO VISA ゴールドカードを持っている人は、AIRDOに搭乗すると200ポイントがもらえます。さらに、6回搭乗ごとに特典がリセットされるので、7回目にまた追加で200ポイントを貰うことができます。

  • 搭乗1回目:200ポイント
  • 搭乗7回目:+200ポイント(合計400ポイント)
  • 搭乗13回目:+200ポイント(合計600ポイント)
  • 搭乗18回目:+200ポイント(合計800ポイント)

「3往復ごとに200ポイントもらえる」イメージです。

普通のカード利用でも1万円ごとにAIRDOポイントが2.5P貯まる

AIRDO VISA クラシックカードと同じように、普通にクレジットカードとして使った場合はワールドプレゼントポイントが1,000円決済ごとに1ポイント貯まります。

ワールドプレゼントポイントはAIRDOポイントに100ポイント⇒25ポイントで交換できますので、普段の生活からコツコツ貯めて「あと30ポイントでAIRDOポイントを特典航空券に交換できる!」というときに使うといいでしょう。

AIRDOポイント以外の交換先は以下のとおり。

交換先必要ポイント数交換後のポイント数
ANAマイル13~15マイル
ANAマイル13~15マイル
ミッレミリアマイレージ13マイル
クリスフライヤーマイレージ13マイル
dポイント2001,000
ベルメゾン・ポイント2001,000
Joshinポイント2001,000
WALLETポイント2001,000
ビックポイント2001,000
ヨドバシカメラゴールドポイント2001,000
楽天スーパーポイント2001,000
PiTaPaショップdeポイント2001,000
Tポイント200900
楽天Edy200600
WAONポイント
(三井住友)
2001,000
WAONポイント
(その他)
200600
Gポイント2001,000
カエトクチャージ
(ペルソナVISA)
200800
カエトクチャージ
(その他)
200600
nanacoポイント200600
スターバックスカード200800
タリーズカード200900
Amazonギフト券2001,000
Google Playギフトコード2001,000

AIRDO機内販売が10%割引

AIRDO VISA クラシックカードでAIRDO機内販売を決済すると10%割引になります。1,000円以上の利用が条件ですので、その点だけは注意しておきましょう。

デメリットも含め、こんな人にはおすすめできない

AIRDOにあまり乗らない人

AIRDOポイントはANAマイルやJALマイルのようにポイントサイトを使って大量にマイルをゲットしたり、通常のショッピングだけで貯めるのが非常に難しいです。というのも、AIRDOポイントはAIRDO航空券の購入以外での還元率が異常に低く、年間400万円近く決済しなければ特典航空券の交換分まで貯め切ることができません。

逆にAIRDOで使えば14万円~24万円の決済で1回無料で乗れるぐらい貯まるので、AIRDOに年3往復乗るような方なら発行して損はありません。

クレジットカードの利用だけで飛行機に乗りたい場合は、ANAカードやJALカードを発行してマイルを貯めましょう。

AIRDOで年間16万8千円も使わない人

必要ポイント数特典航空券の交換に必要な利用金額
クラシックカードゴールドカード
年会費1,600円1万2千円
1,200ポイント18万円14万4千円
1,400ポイント21万円16万8千円
1,600ポイント24万円19万2千円
1,800ポイント27万円21万6千円
2,000ポイント30万円24万円

例えば2,000ポイントを貯める場合、AIRDO VISA ゴールドカードの方が必要利用金額が6万円も少ないため、高い年会費を払ってもメリットの方が大きくなります。

一方、年間16万8千円使わなければ1,200ポイントの特典航空券としか交換することができません。これでは札幌~仙台しか無料で乗れませんし、期間もローシーズンだけとなるため使い勝手は悪くなります。せっかく1万円以上する年会費を払っているのにメリットが小さすぎます。

1,400ポイント以上貯めなければ東京や名古屋などに行くことはできませんので、16万8千円使う人だけにAIRDO VISA ゴールドカードはおすすめです。

AIRDO VISA ゴールドカードのスペック

カード名AIRDO VISA ゴールドカード
カードデザインAIRDO VISA ゴールドカードの券面画像
申込資格原則として満30歳以上の方で、ご本人に安定継続収入のある方
年会費12,000円 ※初年度6,000円
家族カード1人目無料、2人目より税抜1,200円 ※初年度無料
ETCカード初年度無料、2年目以降税抜500円
発行期間通常1週間程度
国際ブランドVISA
マイルANA:0.3%~0.5%
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害5,000万円
傷害治療補償300万円
疾病治療補償300万円
救援者費用500万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円(3,000円自己負担)
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害5,000万円
入院日額5,000円
通院日額2,000円
ショッピング利用枠70~200万円
キャッシング利用枠0~50万円
電子マネーiD
ポイント還元率0.5%~

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする