旅行に強いクレジットカード > ANAカード > ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) > 陸マイラー必見!ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の特徴やマイルの貯まりやすさを解説

陸マイラー必見!ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の特徴やマイルの貯まりやすさを解説

陸マイラー必見!ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の特徴やマイルの貯まりやすさを解説ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)は、ANAマイルを貯めたい陸マイラーに最もおすすめしたいカード。「ソラチカカードよりもANAマイルをためやすいカードはない」と言われるほど人気の1枚ですので、今回ソラチカカードについて簡単にご紹介していきたいと思います。


ソラチカカードの特徴

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の詳細年会費2000円 初年度年会費無料
国際ブランドJCB
旅行保険海外:最高1000万円(自動付帯)
ポイント付与率1,000円=1ポイント(0.50~1.00%)
ANAマイル還元率0.50~1.00%
  • 陸での利用でもANAマイルがたくさん貯まる
  • 入会・毎年の継続や搭乗でボーナスマイルが貰える



ポイントを高還元率でマイルに交換できるのが最大の強み!

ソラチカカードはANAカードと東京メトロのTo Me CARD PASMOが一体となったカード『ANAマイル(飛行機)』『メトロポイント(東京メトロ)』『OkiDokiポイント(ショッピングなど)』の3つを貯めることができ、メトロポイントとOkiDokiポイントはANAマイルに交換することができます。

特にメトロポイントのマイル還元率は非常に高く、10メトロポイント⇒9マイルで交換することができます

ソラチカカードはマイルとポイントが相互交換可能

しかも、ソラチカカードならメトロポイントを貯めるために無理やり東京メトロに乗る必要はありません。指定されたポイントサイト経由で貯めたポイントを一度メトロポイントに交換し、その後ANAマイルに交換することで、通常クレジットカードでは考えられない高還元率でマイルをゲットすることができます。

メトロポイントに交換できるポイントを貯められるポイントサイトは「ポイ探」でチェックすることができます。PeXや.moneyで貯めたポイント、LINEポイントやgooポイントなどがメトロポイントに交換可能です。

また、メトロポイント自体も通常のTo Me CARDと比べて貯まりやすく、平日5ポイント、休日は15ポイントで貯めることができます。定期券として改札機での入場時にオートチャージすることができチャージと同時にマイルが貯まります。

ソラチカカードはメトロポイントもたまりやすい

入会・毎年の継続や搭乗でボーナスマイルが貰える

  • 入会ボーナス:1,000マイル
  • 毎年継続ボーナス:1,000マイル
  • 区間基本マイル:10%追加

ANAカードの基本的なボーナスマイルがソラチカカードにも付いています。持っているだけでもマイルが貯まるのは、陸マイラーとしてはありがたいですよね。

ソラチカカードのデメリット

ANAマイルの貯まりやすいソラチカカードですが、デメリットも当然あります。

月に18,000マイルまでしか交換できない

一度にたくさんのメトロポイントをマイルに交換することができますが、しっかりと上限が設定されています。2万メトロポイント=18,000マイルまでしか交換できませんので、人tによっては物足りなく感じるかもしれませんね。

ソラチカカードのスペック

カード名ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)
カードデザインANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の詳細
申込資格年齢18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)
年会費2000円 初年度年会費無料
家族カード1000円/1枚
ETCカード無料
発行期間1週間~2週間
国際ブランドJCB
マイルANAマイル・5マイルコース 1ポイント=5マイル(1,000円=1ポイント=5マイル)無料
・10マイルコース 1ポイント=10マイル(1,000円=1ポイント=10マイル)年間5,000円(税別)
JALマイル
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害1000万円
傷害治療補償
疾病治療補償
救援者費用
賠償責任
携行品損害
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害100万円
入院日額
通院日額
利用限度額20~100万円
キャッシング手数料15.00%~18.00%
電子マネーQUICPay、PASMO
ポイント還元率0.5%~1.00%

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。