旅行に強いクレジットカード > プリペイドカード > LINE Payカード > LINE Payカードとソラチカカードを使ったANAマイルの高還元率な貯め方

LINE Payカードとソラチカカードを使ったANAマイルの高還元率な貯め方

LINE Payカードとソラチカカードを使ったANAマイルの高還元率な貯め方このページではLINE Payカードを使ったANAマイルの貯め方をご紹介します。いわゆるLINEルートと呼ばれる方法となります。

還元率としては0.4%~1.62%となり、リーダーズカードエポスゴールドカードSPG AMEXよりも高還元率で貯めることも可能です。

カード名マイル還元率
LINE Payカード0.4%~1.62%
リーダーズカード0.75%~1.01%
エポスゴールドカード0.3%~0.9%
SPG AMEX1.0%~1.25%

LINEルートの流れ

LINEルート

LINEルートの流れは上画像のとおり。LINE PayカードでLINEポイントを貯め、メトロポイントに交換し、最後にANAマイルに交換していきます。

LINE Payカードのポイント付与率と各ポイントへの交換レートは以下のとおりになります。

還元率と交換レート
LINE Payカードで
LINEポイント
決済金額10万円/月2%(100円=2ポイント)
決済金額5万円~9万9,999円/月1%(100円=1ポイント)
決済金額1万円~4万9,999円/月0.8%(100円=0.8ポイント)
決済金額0円~9,999円/月0.5%(100円=0.5ポイント)
LINEポイントから
メトロポイント
1,000LINEポイント ⇒ 900メトロポイント
メトロポイントから
ANAマイル
100メトロポイント ⇒ 90ANAマイル

LINE Payカードは毎月の決済額によってポイント付与率が変動します。毎月10万円以上使っていれば付与率は2%になり、最終的なANAマイルへの還元率も1.62%に跳ね上がります

LINE Payカードの決済額が毎月10万円以上の場合のみお得

逆に毎月10万円未満の決算であれば還元率は半分の0.81%にまで減ってしまいます

先ほども例に出したリーダーズカードやエポスゴールドカード、SPG AMEXと比較すると、マイル還元率0.81%では勝つことができませんので、決済額が少ない人ほど他のクレジットカードでマイルを貯めたほうがお得です。

リーダーズカードはソラチカカードと併用してマイル還元率1.01%で貯めることができます。決済額の条件などもありませんので、ハードルはこちらの方が低いと言えます。

ANAマイル還元率が高いことで人気のリーダーズカード。実は登場した当初はAmazonのポイントが貯まりやすく、還元率も1.8%と国内最高還元率を持ったクレジットカードとし...

エポスゴールドカードであれば、年間100万円の利用で1万マイルがボーナスとしてもらえ、マイル還元率は0.9%になります。月の決済額に換算すると8.3万円で済むので、LINE Payカードで毎月10万円決済するよりも楽です。

SPG AMEXは常にマイル還元率1.0%あるうえに、6万ポイントを2万マイルに交換すると5,000マイルのボーナスが付き、マイル還元率1.25%にまで上げられます。マイル還元率1.0%の時点で毎月決済額10万円未満のLINE Payカードに勝っていますので、あまりカードを使わない人ほどSPG AMEXの方が貯めやすいと言えます。

SPG AMEXはホテル関係の特典にとにかく強く、持っているだけで毎年ランクの高いホテルに無料で泊まれるハイレベルなクレジットカードとして有名ですが、実はマイル関係...

まとめ

プリペイドカードの中でここまでポイント還元率(マイル還元率)の高いカードはありませんので、事情があってクレジットカードを持てない人やクレジットカードを持つのに抵抗がある人で、かつANAマイルを貯めたいときにLINEルートを使うといいでしょう。

それ以外(クレジットカードを持つのに抵抗がない人など)は素直に先ほど紹介したクレジットカードやANAカードを使った方が効率よくマイルを貯められます。

また、メトロポイントに交換するためにソラチカカードが必要となりますので、LINEルートを利用するのであれば事前に発行しておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする