旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > ロシア > ロシアでクレジットカードは使える?VISAやJCBの最新事情を解説

ロシアでクレジットカードは使える?VISAやJCBの最新事情を解説

ロシアでクレジットカードは使える?VISAやJCBの最新事情を解説ロシアに旅行へ行くときにクレジットカードが使えるのかって気になりますよね。2014年クリミア侵攻以降、経済制裁を受け「VISAやMasterCardも使えない」なんて言われていましたが、2018年現在はどうなのでしょうか?

今回はロシアの最新クレジットカード事情について解説していきたいと思います。


2018年現在、ロシアでもクレジットカードが普通に使える

VISAとMasterCardが一番使える

ロシアのクレジットカード普及率は日本と同じぐらいか少し高いぐらいですが、他の国と同じようにVISAとMasterCardを持っていれば空港やホテル、免税店、スーパーマーケット、美術館、地元の小さなお店など、基本的にはどこでも支払いに困ることはありません

サンクトペテルブルクとモスクワなど、観光客の多い地域ほどクレジットカードが使える確率が高くなります。田舎に行くほど現金で支払う人も増えます。

JCBがロシア最大手銀行と提携!2018年以降は一気に使えるお店が増える予定

2014年クリミア侵攻以降、アメリカなどからの経済制裁によってVISAやMasterCardなどが全て使えなくなり、それを機に自国内で決済システムを作ろうと考えたロシアはJCBに目を付けました。JCBは日本ではじまった決済システムでありながら現在は200ヶ国近くで使えるまで広がったため、プーチン大統領はJCBを名指しで褒めたほどです。

2017年にはロシアの最大手銀行と合意し、最大手銀行の加盟店と既存のJCB取扱い店と合わせてロシア全体の約8割の店舗で利用できる計画が立てられました。

日本発唯一の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービーの海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル (以下:JCB)は、ロシア最大の商業銀行であるSberbank of Russia(以下:ズベルバンク)と、同行のカード加盟店におけるJCBカードの取り扱いについて合意しました。ズベルバンクは、2018年より順次、ロシア国内の同行のカード加盟店においてJCBカードの取り扱いを開始する予定です。

ただ、増えているといってもVISAやMasterCardと比べると使えない場所の方が多いですので、今ロシア旅行へ行くならJCBはサブカードとして扱っておきましょう。

AMEXとDiners Clubはほとんど使えない

AMEXやDiners Clubも他の国と同じような感じ。使えるお店と使えないお店がはっきりと決まっており、「高級なお店や敷居の高いお店であれば使える」といった感じです。ホテルはよほど安い場所でなければ問題なく使えます。

ただ、やはりメインカードとして使うには不安定ですので、必ずVISAかMasterCardのクレジットカードを持っていくようにしましょう。

まとめ

経済制裁によってネットでは「ロシアはクレジットカードが使えない」という情報が出回りましたが、その情報は古いものですので、これからロシアへ旅行に行く方は安心してクレジットカードを使用してください。観光地であれば宿泊からショッピングまで全てカード払いも難しくありませんよ。

VISAとMasterCardに関してはどちらの方が使いやすいということはありませんが世界シェア率はVISAの方が上ですので、特に理由がなければVISAのクレジットカードがおすすめです。

LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。



スポンサードリンク