旅行に強いクレジットカード > ピーチカード > ピーチカードならマイルを貯めるよりもお得で早い!年1回の旅行もコレで格安に

ピーチカードならマイルを貯めるよりもお得で早い!年1回の旅行もコレで格安に

ピーチカードならマイルを貯めるよりもお得で早い!年1回の旅行もコレで格安にピーチにはマイルが存在しませんが、別の航空会社のマイルなら貯めることができます。

ピーチカードではワールドプレゼントポイントを1P ⇒ 3マイルでANAマイルに交換可能。1,000円の利用ごとにワールドプレゼントポイントが1P貯まるので、1,000円=3マイルで貯まる計算になります。

ただ、正直ANAマイルは貯まりにくいカードだと言えます。

本家が発行するANAカードであれば、一番年会費の低いANA一般カードでも1,000円=5マイルor10マイルで貯められますからね。

しかし、ピーチカードはマイルが貯まるよりも「お得に」「早く」飛行機に乗ることができますので、人によってはマイルよりもメリットが大きくなることもあります。特に国内旅行がメインの方は要チェックです!


ピーチにマイルは存在しない

ANAやJALとは違って、ピーチを含めたLCCにはマイルというものは存在しません。そのため、マイル以外の方法でお得になる必要があります。

具体的には

  1. 航空券セールによるお得な割引航空券の購入
  2. 貯めたポイントによる航空券の割引

の2パターンがあります。

片道1,000円~3,000円でピーチの飛行機に乗れる航空券セール

航空券セールを優先的に利用できる
ピーチカード会員は、カード会員限定の航空券セールを利用することができます(一般も参加できる航空券セールとは別)。片道1,000円~3,000円の特別価格でピーチの航空券をゲットすることができるので、正直マイルを頑張って貯めるよりも短いスパンで飛行機に乗れます

マイル還元率の高いクレジットカードなら毎月の光熱費や携帯料金、買い物での支払いをまとめれば、年1回の東京~沖縄間の往復航空券分のマイルを貯められますが、「年2回は旅行に行く」「一人暮らしだから光熱費や家賃ではあまりマイルが貯まらない」という場合は、ピーチカードの方が使い勝手がいいです。

【特典航空券の交換に必要なマイル数】

  • 国内:JAL 6,000~7,500/ANA 6,000~7,500
  • 韓国:JAL 15,000/ANA 15,000
  • シンガポール:JAL 35,000/ANA 35,000
  • ハワイ:JAL 40,000/ANA 40,000
  • 北米:JAL 50,000/ANA 50,000
  • ヨーロッパ:JAL 55,000/ANA 55,000
  • ※単位=マイル、往復。レギュラーシーズン時

マイル還元率の高いクレジットカードはだいたい100円利用で1マイル貯まるので、国内線の往復の特典航空券をゲットするためには最低60万円は決済する必要があります。10代や20代の人だとちょっと厳しい人もいるのではないでしょうか。

以下のような場合以外はピーチカードの方がお得なことが多いです。

  • 中国や韓国以外の海外へ行く ⇒ ピーチカードは中国・韓国・タイにしか行けない
  • ANAやJALに頻繁に乗る ⇒ ANAカードやJALカードなら搭乗ボーナスマイルがもらえる

ピーチカードのメリットはマイルを貯めることではなく格安で航空券をゲットできることなので、ショッピングなどでマイルを貯めたい場合は別のカードを利用しましょう。

マイルが貯まれば航空券の代金として使ったり、ビジネスクラスやファーストクラスへの席のグレードアップに使え、旅行をより快適なものにすることができます。マイルは...



航空券に使えるピーチポイントに交換可能

ピーチカードは貯めたポイントをピーチポイントに交換できる唯一のカードです。

1,000円利用ごとに1ポイント貯まるワールドプレゼントポイントを1P ⇒ 5Pでピーチポイントに交換が可能。ピーチポイントはピーチの航空券の代金として1ポイント=1円で使うことができるので、光熱費や携帯料金の支払いをまとめておけば、もっと格安で飛行機に乗ることができます。

年間利用額 貯まるピーチポイント数
36万円 1,800P
60万円 3,000P
100万円 5,000P
150万円 7,500P
200万円 10,000P
旅井
航空券を無料にするのは難しくても、割引にすることは難しくありませんね。

ワールドプレゼントポイント自体はピーチカード以外にも三井住友系のクレジットカードであれば貯められるのですが、ピーチポイントに交換できるのはピーチカードだけです。

ANAマイルでピーチの特典航空券を手に入れることはできない

ANAマイルでピーチに無料で乗ることもできません。

同じくANAの子会社であるバニラ・エアはANAマイルを使って無料で飛行機に乗ることができるため「同じ子会社ならピーチも…!」と考えてしまいますが、残念ながら今のことろそのようなサービスが用意されていません。

旅井
ただ、2019年10月にバニラ・エアがピーチに統合されるため、その際にANAマイルでピーチに無料で乗れるようになるかもしれません。今後の動向に期待です。

まとめ:飛行機代を極限まで節約するなら発行して間違いなし

「飛行機に無料で乗る」と考えると「マイル」を連想しがちですが、あくまでもマイルは航空会社が利用者を囲い込むために用意されたサービスですので、安く飛行機に乗りたいだけの人とは相性が悪いんですよね。

陸マイラーと呼ばれる飛行機に乗らずにマイルを貯める人もいますが、基本的にはクレジットカードを年に200万円や300万円決済する人ばかりです。収入に余裕があります。

一方、ピーチカードなら会員限定の航空券セールがあるので、クレジットカードをあまり使わない人も航空券費用を節約でき、たくさん旅行に行くことができます。私もピーチはよく使いますが、ANAやJALに乗ってた頃よりも2倍ぐらい旅行に行く機会が増えました^^

「旅行が好きだけど飛行機代が高くて、なかなか実現できない」
「別の地方に住む彼氏にたくさん会いに行くために飛行機を安く使いたい」
「ヲタ活のために韓国にたくさん行きたい」

そんな人ならピーチカードほどお得なクレジットカードはありませんよ。

\ 今なら5,500円相当のポイントもらえる /
申込ページはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする