ピーチカードの海外旅行保険は充実していないけど全く問題なし

ピーチカードの海外旅行保険は充実していないけど全く問題なしピーチカードにも海外旅行保険が付帯されています。「クレジットカードの旅行保険があれば、掛け捨ての旅行保険へ加入しなくていい」と言われていますが、これには少し注意すべきポイントがあります。

ピーチカードは「海外旅行保険が最高2000万円付帯されているから充実している!」と紹介されていることもありますが、これもカラクリがあるので解説していきたいと思います。

ピーチカードの海外旅行保険の内容

まずは、ピーチカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

傷害死亡・後遺障害最高2000万円
傷害治療補償50万円
疾病治療補償50万円
賠償責任2000万円
救援者費用100万円
携行品損害15万円

少し数が多いですが、この中で本当に見るべき項目は『傷害治療補償(ケガの治療を補償)』と『疾病治療補償(病気の治療を補償)』の2つ。「旅行中に骨折をして入院した」「クルーズディナーで食中毒になった」といった感じでケガや病気の治療で支払われる補償であり、一番利用頻度の高い補償となっています。

クレジットカードでは「海外旅行保険が2000万円で充実!」と紹介されることがありますが、これは『傷害死亡・後遺障害』の項目であり、死亡や後遺症が残るような大きな事故にあったときにしか支払われません。

利用頻度はもっとも低いので、この項目を重視するのは間違い。もし他のサイトで紹介されていたら、そのサイトは間違った情報が多いかもしれないので注意してください。



そもそもピーチカードは海外旅行保険がメリットのカードではない

さて、肝心な充実度の話ですが、ピーチカードは他のクレジットカードよりも傷害治療舗装・疾病治療費用が不足しています。年会費無料のカードなら「補償額100万円」も珍しくないので、50万円は低い部類に入ります。

しかし、そもそもピーチカードのメリットは海外旅行保険の充実度ではありません。ピーチカードのメリットはピーチポイントを貯められたり、航空券セールで1000円~3000円で航空券を買えることです。

航空券が格安なLCC「Peach(ピーチ)」をもっとお得に利用できるのがピーチカード。貯めたポイントをピーチポイントに交換できる唯一のカードですので、普段のショッピ...

海外旅行保険が充実した年会費無料で手に入れよう

中国や韓国、タイなどはアメリカやヨーロッパと比べて医療費が安いです。骨折で1週間入院しても10万円~30万円で済むことがあります。ピーチカードだけでも十分カバーできますね。

しかし、万が一のことを考えて傷害治療補償・疾病治療補償は「100万円以上」が絶対条件となります。

最近では年会費無料のクレジットカードでも100万円以上補償してもらえるカードも増えてきましたので、コストをかけることなく補償額をアップできます。傷害治療補償・疾病治療補償は持っているカードの数だけ増やせるので、ピーチカードと合わせて持っておけば安心です。

クレジットカードの海外旅行保険があれば、空港やネットで加入できる掛け捨ての海外旅行保険に入る必要がなくなるため、海外旅行好きの間では旅行保険費用の節約や加入...
タイトルとURLをコピーしました