旅行に強いクレジットカード > リクルートカード > リクルートカードの旅行関連の特徴を解説!じゃらんで使えばポイント還元率3.2%で超お得に

リクルートカードの旅行関連の特徴を解説!じゃらんで使えばポイント還元率3.2%で超お得に

リクルートカードの旅行関連の特徴を解説!じゃらんで使えばポイント還元率3.2%で超お得にポイント還元率1.2%の高還元率カードで人気のリクルートカード。じゃらんをはじめとしたリクルートサービスの決済で使えば、追加でポイントが付与され、貯まったポイントはリクルートサービスの支払代金として使うことができます。

じゃらんで使えば、ホテルや旅館の宿泊費用を節約することができますので、国内旅行・国内出張が多い人にとっては魅力的な1枚です。

年会費もずっと無料なので、コストになる心配もありません。


リクルートカードの特徴

リクルートカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
旅行保険 海外:最高2000万円(利用付帯) 国内:最高1000万円(利用付帯)
ポイント 利用金額×1.2P(リクルートポイント)
マイル還元率
  • 常にポイント還元率1.2%!
  • じゃらんで最大3.2%のポイント還元
  • 貯めたリクルートポイントはPontaポイントに相互交換可能

常にポイント還元率1.2%!

リクルートカードは通常時からポイント還元率1.2%でポイントを貯めることができます。クレジットカードの平均ポイント還元率は0.5%ですから、2倍以上貯まりやすい計算になります。

端数は切り捨てられてしまうため、例えば300円=3.6P貯まったとしても実際には0.6Pが切り捨てられ、3Pだけが貯まります。この点は覚えておきましょう。

貯まったポイントはリクルートのサービスで使うことができます。

サービス名 交換レート
じゃらん 1P⇒1円
じゃらんゴルフ
じゃらんレンタカー
ホットペッパー
ホットペッパービューティー
ポンパレ
ポンパレモール
MARQREL
ごちまる
ERUCA

有効期限は最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末までとなっていますので、普段から使っていれば有効期限が切れてしまうことはありません。

じゃらんで最大3.2%のポイント還元

リクルートサービスで使えばポイントが追加
さらにリクルートのサービスでリクルートカードで決済すると、追加でポイントが付与されます。

サービス名 追加ポイント 合計ポイント還元率
じゃらん +2% 3.2%
じゃらんゴルフ +1% 2.2%
じゃらんレンタカー +2% 3.2%
ホットペッパーグルメ +2% 3.2%
ホットペッパービューティー +2% 3.2%
ポンパレ +2% 3.2%
ポンパレモール +3% 4.2%

他のクレジットカードと比較してもここまでポイント還元率の高いカードはありませんので、お得度はかなり高いです。

貯めたリクルートポイントはPontaポイントに相互交換可能!JALマイルも貯まる

2015年からリクルートポイントがPontaポイントと相互交換可能になりました。還元率も1.0%(1リクルートポイント⇔1Pontaポイント)の等価交換。リクルートポイントだとリクルートのサービスでしか使えませんでしたが、Pontaポイントに交換すればローソンやJALマイルへの交換も可能です。

店舗・サービス 交換レート
ローソン 1P⇒1円
JALマイル 2P⇒1マイル
JALエービーシー 1P⇒1円(一部使えない商品あり)
ルートインホテルズ 1P⇒1円
ケンタッキー 10P⇒10円
ピザハット 1P⇒1円
オリックスレンタカー 1P⇒1円
昭和シェル石油 1P⇒1円

リクルートカードを海外で使うとどんな感じ?

使える地域

VISAとMasterCardなら全世界、JCBなら国内と日本人観光客が多い地域で使える

リクルートカードの国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つの中から選ぶことができます。VISAとMasterCardは世界中のお店で使うことができ、海外旅行ではどちらかの国際ブランドを持っていくことが必須です。

一方、JCBは日本発祥の国際ブランドであり、アジア地域やハワイ・グアムなど日本人観光客が多い地域では問題なく使用することができますが、それ以外の地域では使えない場面の方が多いです。

もし国内旅行だけではなく海外での使用も考えている場合はVISAかMasterCardを選びましょう。一応、世界シェアはVISAがNo.1ですので、特に理由が無ければVISAがおすすめです。

年会費無料のわりに海外旅行保険も充実

補償内容 補償額
死亡後遺障害 2,000万円
傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品損害
賠償責任 2,000万円
救援者費用 100万円

海外旅行保険では一番利用頻度の高い『傷害治療(ケガの治療費を補償)』『疾病治療(病気の治療費を補償)』の2項目をチェックするのがポイント。年会費無料のクレジットカードだとこの2項目が補償されていないことも多いですが、リクルートカードでは100万円まで補償してもらえます。

中国や韓国などのアジア圏はまだまだ医療費が安いため、重い病気にならなければ100万円以上の医療費がかかってしまう心配もありません。リクルートカードの補償だけでしっかりとカバーすることができます。

付帯条件は利用付帯。リクルートカードで旅行代金(宿泊費用や航空券購入代金など)を支払うことで海外旅行保険を適用してもらうことができます。

アメリカやヨーロッパなど医療費の高い地域は1日の入院だけで100万円近く請求されることもありますので、リクルートカードではなく空港で加入できる掛け捨ての海外旅行保険に加入しておきましょう。

空港ラウンジ特典はなし

リクルートカードには空港ラウンジ特典は付帯されていません。

まとめ

リクルートカードを旅行で使う場合は『じゃらんでのポイント追加&1P=1円で使える』という部分が最大の魅力となります。旅行代期の中でも特に金額が大きくなる宿泊費ですから、ポイントを使っても貯めても節約に繋がります。

年会費無料ですので特にコストにもなりませんから、持っておいて損はないでしょう。

リクルートカードのスペック

カード名 リクルートカード
カードデザイン リクルートカードの詳細
申込資格 年齢18歳以上で本人に安定した継続的な収入のある方(学生可)
年会費 無料
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費無料
発行期間
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
マイル ANAマイル
JALマイル 2P⇒1マイル
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 2,000
傷害治療補償 100万円
疾病治療補償 100万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1,000万円
入院日額
通院日額
利用限度額
キャッシング手数料
電子マネー
ポイント還元率 1.20%~3.20%
LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。




スポンサードリンク