旅行に強いクレジットカード > ANAカード > ANA VISA Suicaカードの特徴やメリット・デメリットを解説!マイルやSuicaの貯まり方はどんな感じ?

ANA VISA Suicaカードの特徴やメリット・デメリットを解説!マイルやSuicaの貯まり方はどんな感じ?

Suicaを利用する人ほどマイルが貯まる!ANA VISA Suicaカードの特徴を解説ANA VISA SuicaカードはANAカードの中でも特にSuicaが貯めやすいカード。『ANA一般カードにSuicaをプラスした』とイメージすれば分かりやすいですね。通勤・通学で頻繁にSuicaを貯める人ほどお得になる1枚です。

今回はそんなANA VISA Suicaカードの特徴やポイント・マイルの貯まりやすさを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


ANA VISA Suicaカードの特徴

ANA VISA Suicaカードの詳細 年会費 2,000円
国際ブランド VISA
旅行保険 海外/国内:最高1000万円(自動付帯)
ポイント 1,000円=1P(ワールドプレゼントポイント)
マイル還元率 ANA:1.0%
  • 貯めたポイントを1P⇒5~10マイルまたはSuica5円分に交換可能!
  • Suicaのチャージでもポイントが貯められる!
  • 入会や毎年の継続、フライト時にもボーナスマイルあり!

ANA VISA Suicaカードは、ANAマイルがたくさん貯まるANAカードに全国の電車やコンビニで使えるSuicaの機能が加わったカード。カードで決済した時だけではなく、Suicaのチャージ時にもポイントを貯められるのが最大の特徴です。通常のANAカードであればSuicaのオートチャージ機能が付いていませんので、通勤通学でSuicaを利用する人ほどお得です。

Suicaの機能以外はANA一般カードと同じです。

年会費は2,000円。1,000円利用ごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まり、貯まったポイントは1ポイント⇒5マイル~10マイルで交換することができます。また、マイルだけではなくSuica5円分に交換することができますので、「今年は旅行に行けないかも」「帰省しないから飛行機には乗らない」という場合もポイントが無駄になってしまう心配もありません。

唯一ANA一般カードと違うのは家族カードが発行できないこと。ANAカードでは家族カードで貯めたマイルも特典航空券に交換するタイミングで合算することができるため、「家族でマイルを貯めたい!」という方もいるかと思いますが、そういった方にとっては大きなデメリットになるかと思います。

ANA一般カードとANA VISA Suicaカードで迷っているのであれば、『Suicaのチャージでもポイントが貯まる』『ポイントはマイルとSuicaに交換できる』『ANA VISA Suicaカードは家族カードが発行できない』の3点をポイントに考えれば、どちらを発行するべきか答えを出しやすいですよ。

1,000円=1P⇒Suica5円分で交換可能!オートチャージもできる

ANA VISA Suicaカードは普通のSuicaと同じように使えますので、オートチャージ機能やかざすだけで改札を通れる機能も付いています

1,000円利用するごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まり、そのポイントを1ポイント⇒Suica5円分に交換することができます。Suicaへの交換手数料は無料。モバイルSuica年会費も無料となっています。

またSuicaチャージに対しても1,000円=1ポイントでポイントが付きますので、通勤通学でANA VISA Suicaカードを使うだけでポイントやSuica、マイルを貯められることになります。ほとんどのクレジットカードでは「Suicaチャージ」はポイント加算対象外となっていますので、Suicaを頻繁に使う人には手放せない1枚となりますよ。

モバイルSuicaやApple Payとの紐づけもできる

ANA VISA SuicaカードでもモバイルSuicaやApple Payとの紐づけはできます。利用1,000円に対して1ポイントもしっかりと貯まりますので、普段からモバイルSuica、Apple Payを使用している方も損になることはありません。

ポイントはマイルへも交換可能

ワールドプレゼントポイントはマイルへも交換可能ワールドプレゼントのポイントはマイルへ交換することもできます。交換レートは1P⇒5マイルまたは1P⇒10マイルです。

ANAカードでは「5マイルコース」と「10マイルコース」が用意されており、通常は「5マイルコース」に設定されているため交換レートは1P⇒5マイルですが、移行手数料として年会費6,000円(税別)を払うことで「10マイルコース(1P⇒10マイル)」を利用できるようになります。

ANAを頻繁に利用する人やショッピングを中心にマイルを貯める人ほど、10マイルコースにしておいたほうがいいでしょう。

逆に、「飛行機に乗るのは年に1回ぐらい」「2年に1回ぐらいしか乗らない」というライトユーザーなら5マイルコースでで十分ですし、マイルではなくSuicaへ交換した方がお得になることも多いかと思います。「旅行に行けなくてマイルにするのはもったいない・・・」という場合でも、無料で電車やバスに乗ることができるのはありがたいですね。

その他のお得な特典・割引について

ANA VISA SuicaカードにはSuicaやマイルが貯まる以外にも、お得な特典がいくつかあります。

会員限定割引特典

ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURでの買い物が5%OFFになります。国内・海外問わず、ツアーを利用して旅行へ行く方はお得です。また、国内線・国際線機内販売10%OFFなどのサービスもあります。

電子マネー「iD」が利用可能

おサイフケータイで電子マネー「iD」を利用することができ、利用額に応じてワールドプレゼントポイントを貯めることができます。後払い方式の電子マネーですので、コンビニや飲食店を現金なしで利用できますよ。「ポイントが貯まる」「現金を持ち歩かなくていい」「店員とのムダな手間が省ける」などメリットばかりです。

まとめ

ANA VISA Suicaカードは年会費2,000円とリーズナブルでありながら、その価格以上のメリットを持つカードです。特にSuicaとクレジットが融合したカードは少ないので、関東圏に住む人には心強い1枚となってくれるでしょう。陸マイラーでなくても持っておきたいですね。

ANA VISA Suicaカードのスペック

カード名 ANA VISA Suicaカード
カードデザイン ANA VISA Suicaカードの詳細
申込資格 年齢18歳以上(高校生を除く)
年会費 2,000円 初年度無料
家族カード
ETCカード 年会費500円/1枚
発行期間 通常2~3週間
国際ブランド VISA
マイル ANAマイル 1ポイント⁼5マイル(5マイルコース)
1ポイント⁼10マイル(10マイルコース)
JALマイル
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療補償
疾病治療補償
救援者費用 100万円
賠償責任
携行品損害
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1,000万円
入院日額
通院日額
利用限度額 20万~100万円
キャッシング手数料 18.00%
電子マネー 楽天Edy、iD(VISA/MasterCard)、Suica
ポイント還元率 0.5%~1.0%
LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。




スポンサードリンク






ANA VISA Suicaカードの特徴やメリット・デメリットを解説!マイルやSuicaの貯まり方はどんな感じ?:関連ページ

ANA VISA nimocaカードの特徴やANAマイル、nimocaの貯まり方を解説
ANAと主に九州で有名なnimoca、そしてVISAカードで定番の三井住友が提携したクレジットカードがANA VISA nimocaカード。ANAマイル、nimoca、ワールドプレゼントポイントの3つを貯めることができ、 […]
JALカード VS ANAカード!どっちの方がお得に使えるか比較
航空系クレジットカードの定番がJALカードとANAカード。クレジットカードについて詳しくない人にとっては、いまいち違いが分かりにくいかと思います。 そこで今回はJALカードとANAカードをマイルの貯まり方や移行手数料を比 […]
ANAワイドゴールドカードのマイルの貯まりやすさ海外旅行保険、特典について解説
ANAワイドゴールドカードは、ANAカードのゴールドカードに位置するクレジットカード。フライト時でも普段のショッピングでも、どちらでもAMAマイルをザクザク貯めることができるため、マイルを効率よく貯めたい人におすすめの1 […]
ANAカード(学生用)
ANAカード(学生用)は、その名のとおり学生専用のANAカードです。 ANA一般カードと機能は同じで在学中は年会費が無料ですので、学生なら絶対にこのカードがお得です。 入会ボーナスで1,000マイルがもらえる他、毎年継続 […]
ANAワイドカードの特徴やメリット、マイルの貯まりやすさを解説
ANAカードの中で中間のランクに位置するANAワイドカード。今回は下位カードのANA一般カードやゴールドカードであるANAワイドゴールドカードと比較しながら、「どういった人がお得になれるカードなのか?」「年会費以上のメリ […]
陸マイラー必見!ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の特徴やマイルの貯まりやすさを解説
ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)は、ANAマイルを貯めたい陸マイラーに最もおすすめしたいカード。「ソラチカカードよりもANAマイルをためやすいカードはない」と言われるほど人気の1枚で […]
ANA一般カードの特徴やメリット、マイルの貯まりやすさを解説
AHAカードの中で一番スタンダードなのがANA一般カード。「ANAマイルを貯めたいな」と考えて発行を検討しても、いざ調べてみると特徴(メリット)が分かりづらかったり、そもそもANAカードの種類が多すぎて本当にお得なのか分 […]
ANA JCB一般カード
ANA JCB一般カードは、ANAマイラーなら必須のカードであるANAカードの中でもスタンダードなクレジットカード。 手軽な年会費が魅力で、ANAカードの機能を初めて経験する人におすすめの入門カードと捉えてよいでしょう。 […]
ANAカードを比較!おすすめの1枚はどれ?
ANAマイラーに必須のクレジットカードであるANAカード。大きく分けると『プロパーカード』『交通系IC一体型カード』『提携カード』の3つに分類することができ、全部で数十種類あるため、どれが一番マイルを効率よく貯められるの […]