旅行に強いクレジットカード > クレジットカードと旅行の基礎知識 > JCBは海外で使えない?使える国とVISAやMasterCardにはない魅力的な特典について解説

JCBは海外で使えない?使える国とVISAやMasterCardにはない魅力的な特典について解説

JCBは海外で使えない?正解は「場所による」 - VISAやMasterCardにはない魅力的な特典について解説国内でクレジットカードを作る場合は、国際ブランドを「JCB」に選ぶ方も多いかと思います。JCBは日本唯一の交際ブランドであり、私たちからすれば「クレジットカード = JCB」とイメージするほど認知度も高いです。

しかし、世界全体でみるとJCBのシェア率はわずか3%ほどであり、正直なところ使い勝手はかなり悪いです。「海外ではJCBは使えない」と言われていますが、この話は間違いではありません。

ただ、細かく見てみると地域や場所にっては使えますし、JCBには支払い以外の魅力的な旅行特典も付帯されていますので、一概にも完全に使えないと言うわけではありません。要は使い方です。

今回は「JCBの海外で使える国・使えない国の見分け方」「JCBの海外キャッシング事情」「JCBの海外旅行でお得になる特典」の3つをご紹介していきたいと思います。


JCBの海外で使える国・使えない国の見分け方

JCBの使える国・使えない国を一覧にしてみた

旅井
私が実際に行ってみた国や海外旅行好きの友人からの情報を元に、2018年現在のJCBの使える国・地域をまとめてみました。
国・地域 JCBが使えるお店の数
アジア 韓国 基本的にどこでも使える
台湾 そこそこ使える
中国・香港 ほとんど使えない
シンガポール そこそこ使える
タイ そこそこ使える
北アメリカ アメリカ本土 ほとんど使えない
ハワイ 基本的にどこでも使える
ヨーロッパ イギリス ほとんど使えない
フランス ほとんど使えない
イタリア ほとんど使えない
スペイン ほとんど使えない
オセアニア オーストラリア ほどんと使えない
ニュージーランド ほどんと使えない
ロシア ほとんど使えない
南米 ほとんど使えない
アフリカ ほとんど使えない

正直アジアとハワイ以外は基本的に使えないと思っておいた方がいいですね。他の国や地域でも使えないことはないですが、わざわざ対応しているお店を探し回るのはせっかくの旅行がもったいないです。

あわせて読みたい各国のクレジットカード事情

JCBが支払いで使える国は意外と少ない

JCBの公式サイトを見てみると「どんどん海外に提携店を増やしているから、どこでも使えます!」といった風に記載されていることがありますが、実際に海外旅行へ行ってみると、まだまだ使えないことのほうが多いです。

アメリカ本土(ハワイ・グアム以外)やヨーロッパの国々では有名なお店やレストランでも使えないことが多いです。JCBが記載されているホテルでも、いざ出してみると「JCBとの提携は終わったので使えません」と拒否されるケースもあります。

韓国やハワイなど日本人観光客の多い国(地域)は使える場所が多い(ただし条件あり)

一方、韓国や台湾などのアジア地域やハワイ・グアムなどの日本人観光客の多い地域であれば、JCBでも決済できることが多いです。ホテルやレストランはもちろん、お土産屋やデパート、マッサージ屋、レジャースポットなどでも使えます。

ただし、「日本人観光客が多い場所」というのがポイントです。

例えば、地元の人がよく行くような飲食店や露店ではJCBに対応していないことも多く、使おうとすると「VISAかMasterCardありませんか?」と断られてしまいます。

JCBがかなり優遇されているハワイ・グアムでも同じです。海外の中でも特にJCBが使いやすい地域でありますが、やはりお店によって対応していないこともあり、VISAかMasterCardを請求されることがあります

JCBの海外キャッシング事情 – 実はVISAと同じぐらい使いやすい

支払いでは使いづらいJCBですが、実はキャッシングに関しては非常に使いやすいです。

JCBは「Cirrus(シーラス)」のロゴが入っているATMでキャッシングすることができます。

シーラスのロゴ

↑シーラスのロゴ↑

CirrusはVISAが使える「PLUS」と並ぶ世界2大ブランドであり、PLUSが対応しているATMはほぼ間違いなくCirrusも対応しています。「VISAがキャッシングできる場所はJCBもできる」と言われるほど

日本円を両替するよりもキャッシングの方が手数料が安いため、JCBを海外キャッシング用として使うのもおすすめです。

JCBの海外旅行でお得になる特典

キャッシング以外にも、JCBのカードには海外旅行でお得な特典がいくつか付帯されています

特典1.JCBプラザとJCBプラザ ラウンジで日本語サポートが受けられる

ハワイのJCBプラザラウンジ

↑JCBプラザ ラウンジ・ホノルル正面玄関イメージ↑
(引用元:【JCB会員様限定】ハワイにいったらJCB PLAZAへ!

JCB PLAZA海外都市に設置してあるサービス窓口のこと。

【JCBプラザでできる5つのこと】

  1. 現地の観光情報の案内
  2. レストランやレジャースポットの予約代行
  3. カードやパスポート紛失時の緊急サポート
  4. Wi-Fiサービスの無料提供
  5. 荷物の一時預かり

これらのサービスを全て無料&日本語で対応してもらうことができます。

また、ワンランク上のJCBプラザ ラウンジなら「現地ガイドブックや情報誌の閲覧」「ドリンクサービス」「お荷物の当日中一時預かりサービス」などにも対応してもらえます。

海外でも日本ならではの丁寧な対応をしてもらえるのは非常に心強いです。特に初めて行く国や現地の言葉に自信がないときは、これほどありがたいサービスはありません。

正直このためだけにJCBのクレジットカードを発行するのも全然ありです。

JCBプラザとJCBプラザ ラウンジの所在地はこちらの公式一覧からご確認ください。

会員限定優待アプリ「たびらば」で世界中で割引になる

たびらばの利用方法
JCBには会員専用の優待アプリ「たびらば」があります。世界中のレストランや飲食店、ホテル、レジャースポットで割引してもらえるため、お得な旅行をしたい人にはかかせません。

使い方も「アプリ内のクーポン画面を見せてJCBのクレジットカードで支払うだけ」と非常に簡単

アプリをあらかじめダウンロードしておけばオフラインの状態でも使えますし、アプリ内では現地JCBスタッフによるおすすめスポットの紹介記事なんかもありますので、より充実した海外旅行を楽しめますよ。

JCB提示で割引してくれるお店がたまにある

これは私が体験したことなのですが、ドイツへ行ったときに飲食店に入ると「JCBなら5%OFFですよ」と言われたことがあります。そのお店はたびらばに掲載されていませんでしたので、非常に驚きました。

旅行好きの友人たちの中にも別の国で同じような経験をしたことがある人もいましたので、こういったラッキーがあるのもJCBの魅力だといえます。

特にシンガポールでは「JCBなら〇〇%割引!」と表記されたお店が異常に多かったのを覚えています。いろいろと調べても理由は分からないのですが、こちらも同じ体験をされている方がいますので、もしJCBのクレジットカードを持っているなら所持しておいて損はありません。

まとめ

以上のことから、海外旅行では「VISAかMasterCardを1枚」と「JCB1枚」の組み合わせが最強だと言えます。これならJCBのクレジットカードでお得に決済でき、使えないお店に出会っても慌てることなくVISA(またはMasterCard)のクレジットカードで決済することができます。

攻撃と防御を兼ね備えた圧倒的な組み合わせ。海外旅行へ行く際は、ぜひ使ってみてください。

JCBのおすすめを1つ挙げるならJCB CARD Wです。39歳以下は年会費無料で、海外利用ではポイント4倍とカードとしてのスペックも優秀なので、これから作るなら一番おすすめです。

JCB CARD WはJCBの最新OS(オリジナルシリーズ)です。いわゆる「最新のJCBカード」であり、39歳以下なら年会費無料でポイント還元率も他のJCBカードの2倍なので、正直...

VISAのクレジットカードが欲しい方は以下のページを参考に。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする