学生専用ライフカードの作り方:申し込みから届くまでの流れ【画像あり】

学生専用ライフカードの作り方:申し込みから届くまでの流れ【画像あり】
このページでは実際に私が学生専用ライフカードに申し込んだときの画面を見ながら、詳しい申し込みの流れを解説して行きます。初めてのクレジットカード発行で「作り方がよく分からない」という方は、ぜひ参考にしながら申し込んでみてください。

申込ページこちら
必要なもの特になし
届くまでの日数オンラインなら最短3営業日(平日3日分)

手順1.公式ページから申込ページへ移動する

学生専用ライフカードはオンライン上で申し込むことができます。以下のリンクから公式ページを開いてください。

⇒学生専用ライフカード公式ページ

ページを移動すると学生専用ライフカードの紹介ページが開きます。

学生専用ライフカードの申込ボタン

ページ下部にある『お申込みはこちら』のボタンを押してください。

手順2.利用規約などに同意

学生専用ライフカードの利用規約
次のページでは利用規約などの説明が表示されます。全て読むのは時間がかかりますので、特に意味がなければページ下部にある『同意して次へ』のボタンを押しましょう。

学生専用ライフカードの同意ボタン

手順3.各種項目を入力する

申込フォームを入力
次のページでは申し込みに必要な個人情報などを入力していきます。

  • カードの種類を選ぶ
  • 名前の入力
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メアドの入力
  • 郵便番号
  • 住所
  • 家族構成
  • 持ち家のタイプ
  • 家賃の支払い
  • 住宅ローンの有無
  • 居住年数

特に難しいことはありませんが、いくつか引っかかりそうな部分をピックアップして解説していきます。

まず『家族構成(申込ページでは「ご家族」と表記)』について。配偶者や同居している家族の人数を入力します。配偶者に関しては基本的にいないはずですので『なし』を選択。

同居している家族の人数や生計を同一にしている人数に関しては、例えば実家で4人暮らし(自分含む)場合は以下のようになります。

学生専用ライフカードの家族構成入力項目

『生計を同一にされている人数』の部分が少し分かりにくいですが、「その他(専業主婦・学生の方)」を選択しておけば間違いありません。

次に『持ち家のタイプ』について。実家住まいなら『持家(家族名義)』か『公営住宅』か『賃貸マンション』を、一人暮らしなら『賃貸マンション』か『アパート』か『寮・下宿』を選択してください。

『住宅ローンの有無』は、基本的に学生で住宅ローンを組んでいる人はいないので『無し』を選択しておけばいいでしょう。

『居住年数』は現在住んでいる家の居住年数を選択します。実家なら10年以上経っている人も多いでしょうし、一人暮らしなら1年~4年を入力するのが一般的でしょう。

全て入力し終わったらページ下部の『次へ』のボタンを押してください。

手順4.学校関係の情報などを入力

学校関係の情報を入力
次のページでは学校名や学部など学校関係の情報や年収、運転免許証の有無などを入力します(ここで入力した情報が学校に伝わるようなことはありません)。具体的な項目は以下の通り。

  • 学校名
  • 学部
  • 学年
  • 学籍番号
  • 卒業予定年月
  • 年収
  • 他社からの借入件数&借入額
  • キャッシング希望額
  • 運転免許証の有無
  • お取引の目的
  • カード暗証番号
  • LIFE-Web Deskパスワード

この項目も特に難しいことはありませんが、いくつかピックアップして解説しておきます。

『他社からの借入件数&借入額』はカードローンの有無を答えます。基本的には利用していないと思いますので、『0件0万円』で入力しておきましょう。

『キャッシング希望額』は『10万円』か『その他』を選択。『その他』を選択すると自分の希望額を入力できますが、希望額が少ないほど審査に受かりやすいので、できるだけ10万円以下を入力するようにしておきましょう。

『お取引の目的』は「何のためにカードを発行するのか」を意味しています。『生計費決済』『事業費決済』『生計費決済及び事業費決済』から選択することができるため、今回は『生計費決済』を選択しておきましょう。

『カード暗証番号』は好きな数字4桁を入力してください。お店で決済するときや海外ATMからお金を引き出す時に必要になりますので、必ず覚えやすい番号にしましょう。

『LIFE-Web Deskパスワード』はLIFE-Web Desk(残高確認や各種設定・変更ができるマイページ)のパスワードを入力します。こちらも利用する機会がそこそこ多いので、覚えやすいパスワードにしておきましょう。

手順5.追加サービスの入力

ページ下部に進むと以下の追加サービスを選択することができます。

  • ライフカードiD
  • ETCカード

『ライフカードiD』は電子マネーのiDのこと。iDを利用する場合は申し込んでおきましょう。年会費や発行費用などは全て無料です。

『ETCカード』は車で使うETCカードのことです。自動的に学生専用ライフカードから決済されますので、高速道路を利用する機会がある場合に申し込んでおくといいでしょう。

全ての入力が終了したら下にある『確認』を押してください。

学生専用ライフカードの申込

手順6.申し込み完了&審査結果の連絡を待つ

学生専門ライフカードの申し込み確認画面
全ての入力が終わり、ページ下の『確認』を押すと、次のページで入力項目の確認ができます。内容に間違いがなければ『申し込み』を押して、そのまま申し込みを完了させましょう。

学生専門ライフカードの申込むボタン

申し込みが終わると審査結果の連絡がメールで届くのを待ちます。メールは30分後に来ることもあれば、2~3日かかることもあります。

カードが発行されるまでの期間は最短3営業日(営業日とは平日を意味します)ですので、一番早く手に入れられる人は申し込みから4日目ぐらいには実物の学生専用ライフカードを手にすることができます。

北海道や九州など東京から離れている地域に住んでいる場合は、郵送の時間も考慮して1週間~10日ほどで手元にカードが届くと考えておきましょう。

まとめ:学生専用ライフカードを手に入れよう

以上が学生専用ライフカードの申し込み手順となります。クレジットカードを発行したことがないと不安にありがちですが、基本的には項目を選択していくだけで終わりますので初心者でも心配する必要はありません

ぜひ学生専用ライフカードを手にして、快適な海外旅行を楽しんでください。

また、学生専用ライフカードの審査の難しさや基準について知りたい場合は学生専用ライフカードの審査をあわせてご参考ください。

このページでは学生専用ライフカードの審査について解説していきます。「年収の制限があるのか」「親や学校、バイト先に確認の電話が入るのか」「どういった人が審査に...
タイトルとURLをコピーしました