旅行に強いクレジットカード

*

旅行や出張に強いクレジットカード特集

海外旅行や国内旅行はもちろん、海外出張に強い航空系クレジットカードも特集!
「旅行のためにクレジットカードが欲しいけど、種類が多すぎてどれがいいか分からない」という方のために、当サイトでは、旅行に強いクレジットカードの選び方『使い勝手がいい』『旅行保険の充実度が高い』『旅行が快適になる』など目的別におすすめのクレジットカードをご紹介しています。


旅行に強いクレジットカードの選び方

旅行のためにクレジットカードを作る時、まず何を基準に選べばいいか?をご紹介したいと思います。選ぶポイントは以下の3つ。

【旅行に強いクレジットカードの選びのポイント】

  1. 何のためにクレジットカードを持ちたいのかを確認する
  2. VISAかMasterブランドのカードを選ぶ
  3. 複数のクレジットカードを持つことを前提に考える

何のためにクレジットカードを持ちたいのかを確認する

クレジットカードを選ぶ目的
まずは『何のためにクレジットカードを持ちたいのか?』を確認しておきましょう。「海外旅行には絶対必要だと聞いたから」「クレジットカードの付帯保険があれば旅行保険に入らなくていいから」「あまり現金を持ち歩きたくないから」「プライオリティパスで空港ラウンジを使いたいから」など、人によってクレジットカードを発行する理由は違うかと思います。

クレジットカードによって強みはそれぞれ違いますので、単純に『海外旅行に強いクレジットカードはコレ!』と紹介されているカードだと、実は自分の考えていた使い方ができないことも十分にありますので注意してください。

当サイトではクレジットカードのメリット・デメリットから目的別におすすめのクレジットカードをご紹介していますので、まずは自分が何のためにクレジットカードを持ちたいのかを確認しておきましょう。

もちろん「特に目的なんてない」「お店で使えるなら問題ない」という場合は、特にカードのメリット・デメリットを気にせずVISAブランドかMasterCardブランドのカードを発行すればOKです。三井住友VISAカードなら国内でもどこに出しても恥ずかしくないですし、使い続ければゴールドカードへグレードアップできるのでおすすめ。年齢や性別に合わせて数種類のカードが用意されおり、審査に落ちることもほとんどありません。

海外旅行をきっかけに初めてクレジットカードを発行するならコレがおすすめ

VISAかMasterブランドのカードを選ぶ

クレジットカードのブランド
クレジットカードには『VISA』『Master』『JCB』『アメックス』『ダイナース』などの国際ブランドがあり、『VISA』『Master』が一番多くの国に対応しています。ほとんど全世界どこへ行っても使えますので、必ずどちらか1枚をを発行しておきましょう。『JCB』『アメックス』『ダイナース』は『VISA』『Master』と比べると使えない国も多いため、サブカードとして保有しておくのがおすすめ。保険の充実度や機能面では優れており、持っていると旅行が快適&お得になります。

「VISAとMasterどっちがおすすめ?」と質問されることも多いですが、現在はどちらを選んでも変わりません。昔は「欧米だとMasterカードは使いにくい」「シンガポールはMasterカードしか対応していない」なんて言われていましたが、現在はほとんど両方に対応しています。

複数のクレジットカードを持つことを前提に考える

上記の国際ブランドも関係してきますが、複数の国際ブランドのクレジットカードを用意しておくのが海外旅行の基本です。VISAやMasterが世界中で使えるとはいえ対応していない店もありますので、VISAとMasterを1枚ずつ用意しておいた方がいいです。

また、クレジットカードに付帯されている『傷害・疾病保険(入院や通院、手術が補償される保険)』は持っているカードの数だけプラスすることができます。カードAが200万円、カードBが100万円補償してくれるなら、合わせて300万円まで補償してもらえるので、治療費の高い海外でも安心して過ごすことができます。

このように海外へ行く場合はクレジットカードは複数持つことが前提になりますので、クレジットカード選びの際も『国際ブランドが被らないように選ぶ』『旅行保険の額は大丈夫か?』などを気にしながら選びましょう。

機能が充実!コスパの良い海外旅行おすすめクレジットカード

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードAの詳細 年会費 1,500円(税抜) 初年度年会費無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外/国内:最高2500万円(自動付帯)
入院・通院 100万円
マイル還元率 ANA:0.3%
  • 世界中どこでも使える安心のクレジットカード
  • 年会費が安く、海外・国内旅行保険がしっかりと付帯されている
  • クレヒスを育てることでゴールドカードにグレードアップできる

クレジットカードの定番中の定番『三井住友VISAカード』。VISAブランドなので世界中どこでも使うことができますし、国内の普段使いとしてもどこに出しても恥ずかしくないカードですので、海外旅行を機に初めてクレジットカードを作る人におすすめです。

三井住友VISAカードには『18~25歳限定のデビュープラス』『クラシックカード』『クラシックカードA』の3種類がありますが、クラシックカードAが一番旅行保険が充実しており、国内旅行保険はクラシックカードAにしか付帯されていません。海外旅行へ行くために発行するにしても、国内旅行保険も付帯されていれば、いつかいくかもしれない国内旅行のときにも自動付帯されるので便利ですよ。

また、海外旅行中は専用デスクにおすすめの観光スポットやイベント情報を電話で問い合わせることができるのも三井住友VISAカードの魅力。万が一トラブルがあっても専用デスクが日本語で対応してくれるので、言葉の通じない海外では非常に心強いです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細 年会費 29,000円 初年度年会費無料
国際ブランド AMEX
旅行保険 海外:最高1億円(利用付帯※) 国内:最高5000万円(利用付帯)
入院・通院 300万円
マイル還元率 ANA:0.5%
  • 旅行を快適にする特典の多さNo.1
  • 海外旅行保険は最高1億円まで保障!家族も1000万円まで保障
  • 国内外700ヶ所以上の空港ラウンジを使えるプライオリティパスが年会費無料に

世界最高レベルのサービス特典を受けられるのがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールドカード)。『空港~自宅間の手荷物無料配送サービス』『緊急時の支援が受けられるグローバル・ホットライン』『プライオリティパスの年会費無料』など旅行を最高レベルに快適にしてくる特典が満載です。年会費は29,000円しますが、年会費の何倍もお得な特典ばかりですのでコスパも◎

手荷物無料配送サービスがあれば、わざわざ自分で重たいスーツケースを持ち運びする必要はありません。家族の分も運んでもらえます。グローバル・ホットラインがあれば、万が一病気や事故が発生したときも日本語で丁寧に対応してもらえます。グローバル・ホットラインはアメックスブランドのカードなら利用できますが、他のアメックスカードだと「事故対応の時に最寄の病院を教えてくれる」ぐらいのサポートが、アメックスゴールドカードだと「救急車を手配し、最寄りの病院へ手術の手配までしてもらえる」ぐらいまでサポートしてもらえます。

「海外でテロが起き、飛行機が飛ばなくなった時に、アメックスゴールドカードを持っている人だけが専用デスクにホテルを取ってもらえた」という話もありますから、旅行を快適にしてくれるクレジットカードの中ではトップレベルだと言えます。

プライオリティパスがあれば一緒に旅行している家族も空港ラウンジを格安で使えるので、長時間の飛行機待ち時間もゆっくりと快適に過ごすことができますよ。

昔はアメックスゴールドカードの審査基準は高かったのですが、最近は25歳以上で年収300万円を超えていれば審査に通るぐらい簡単に手に入るカードとなっているので、今が狙い目です。国際ブランドがアメックスなので支払いに使えない国もありますから、VISAやMasterブランドのカードを一緒に持っておきましょう。

※:5000万円までは自動付帯

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細 年会費 3000円 26歳まで年会費無料
国際ブランド AMEX
旅行保険 海外/国内:最高3000万円(自動付帯)
入院・通院 300万円
マイル還元率 JAL:0.25% ANA:0.3%
  • 26歳になるまで年会費無料
  • 旅行保険が充実!入院・通院に関する保険はゴールドカード並みの300万まで保障
  • 即日発行も可能だから急いで欲しい時にも◎

年会費が安い&発行スピードが早いセゾンカードとアメリカンエキスプレスカードが提携して提供しているのがセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルー)。安い年会費ながらアメックス系の充実した特典を受けられるのが、このカードの特徴。『手荷物無料配送サービス』『ホテル・レストランの予約・観光スポットの紹介・緊急時の日本語サポートをしてくれる海外アシスタントデスク』『海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス』など、旅行をより快適なものにしてくれます。

また、この価格帯では最高レベルの『旅行保険最高3000万円』が自動付帯であり、一番利用頻度が高い入院・通院に関する保険が最高300万円まで保障されるのはかなりの魅力。海外ではちょっとした手術で100万円近くかかってしまうこともありますが、セゾンブルーを持っておけば問題なく支払うことができます。上記で紹介したアメックスゴールドカードと並ぶ充実ぶりですので、「保険が充実したクレジットカードを探している」という方には一番おすすめのクレジットカードです。

年会費も25歳以下は無料で使うことができるので、学生の初めてのクレジットカードにもいいですね。他のクレジットカードよりも審査基準が低いので、18歳以上の大学生・専門学生や新卒の人でも問題なく持つことができますよ。年会費無料のクレジットカードでセゾンブルーよりも旅行に強いクレジットカードはありませんので、コスパは最強です。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの詳細 年会費 10800円
国際ブランド VISA/Master/JCB
旅行保険 海外/国内:最高5000万円(自動付帯)
入院・通院 300万円
マイル還元率 ANA:0.5%
  • 海外空港ラウンジを使えるプライオリティパスが無料発行できる
  • 充実した旅行保険が自動付帯されている
  • 楽天市場での買い物が通常の5倍でポイント付与

楽天プレミアムカードの魅力は『プライオリティパスが無料発行できる』『旅行保険が充実している』という2点。プライオリティパスがあれば、海外主要都市にある空港ラウンジを利用することができます。ゆったりとしたソファー、充電完備のパソコンデスク、飲食は全て無料、シャワールームや仮眠室も完備など長い飛行機待ち時間をくつろぎながら過ごせるのですが、通常は年会費4万円がかかってしまいます。頻繁に海外へ行く人には少し負担が大きいですよね。

しかし、楽天プレミアムカードは年会費1万円で持つことができ「年1回家族で海外旅行へ行く」という方でも少ない負担で持てるようになっています。楽天プレミアムカード自体は普段使いも可能ですから、空港ラウンジの利用しか機能がないプライオリティパスを単体で発行するよりもお得です。

プライオリティパスを無料発行できるクレジットカードの中で楽天プレミアムカードは最安ですので、少ない費用で発行するなら一番おすすめです。別途料金はかかりますが、家族みんなで静かな空港ラウンジを利用できますので、海外で大変な思いはできるだけしたくないお父さんにもピッタリですよ。もちろん、国内の空港ラウンジも無料で使えます。

旅行保険も最高5000万円が自動付帯で入院・通院に関する保険も最高300万円まで保障。緊急時の日本語サポートや現地情報の紹介などの専用デスクもしっかりと用意されています。VISAブランドにすれば全世界どこでも問題なく使うことができます。

クレジットカードが持てない高校生は『マネパカード』がおすすめ

マネパカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド Master
旅行保険 -
入院・通院 -
海外ショッピング手数料 0.8%
  • 国内デビットカードの中で海外ショッピング手数料最安値
  • プリペイド形式だから使いすぎる心配がない
  • ショッピング保険で最高50万円まで補償

マネパカードは海外専用のプリペイドカードです。『米ドル』『ユーロ』『英ポンド』『豪ドル』『香港ドル』『日本円』の6通貨をチャージすることができ、海外ショッピングでクレジットカードと同じように使用したり、ATMから現地通貨を引き出すことができます。特にショッピング時の手数料は国内のプリペイドカードの中で最安値ですので、一番お得に利用することができます。

旅行保険は付帯されていませんが、ショッピング保険は最高50万円まで補償してもらうことができます。また万が一、カードの盗難・紛失にあっても24時間365日対応のサポートデスクに連絡すれば、連絡時点の残高を補償してくれます。

マネパカードは入会費・年会費が無料で、16歳以上の人なら誰でも申込むことができます。クレジットカードと違って与信審査がなく、簡単に発行することができますよ。使い勝手はクレジットカードと全く変わらないので、お店で見せれば普通に使うことができます。


海外旅行を快適に!クレジットカードを使う4つのメリット

今や海外旅行や出張の際にクレジットカードは必須になっています。その理由となる4つのメリットをご紹介します。

マイルを貯めてタダで海外へ行くことも

クレジットカードを使って貯まったポイントをマイルへ移行してタダで飛行機に乗ることも不可能ではありません。特に日ごろのショッピングや公共料金などの支払いをクレジットカードでの支払いに一本化することで、多くのマイルを貯めることができます。もちろん、クレジットカードによってはポイントからの移行だけではなく直接マイルを貯めることも可能です。有効期限内に一定額貯めれば、タダで旅行に出かけられるのだから、旅行好きならこんなオイシイ話を見逃せるはずがありません。

もしものときも安心!海外旅行保険付帯

ほとんどのクレジットカードには通常、掛け金なしで自動付帯される海外旅行保険が付帯されるので安心。荷物が盗難にあった場合や、病気になったときに保険が適用されるので、お金の心配をする必要がなくなります。

また、海外へ行くときは、よくチケット買う時に海外保険に加盟することを勧められますが、海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていればわざわざそういった旅行保険に加入する必要がありません。保険に加入して毎月何万円もするお金を払う必要もないので節約にもなります。このことを知らずに海外へ旅行に行く方は多いので、これを知っているだけで他の人よりお得な旅行ができますよ。

あなたの信頼度を表す

意外に知らない人が多いのですが、海外では日本よりもクレジットカードを重要視することが多く、クレジットカードがないと困ることが多々あります。例えば、海外のホテルのチェックイン時に払うデポジット(保証金)をクレジットカードで払う必要があります。デポジットは宿泊代を支払わずに逃げられないためにあるのですが、これを現金で支払うと高い金額で払わなければいけないので注意してください。

その他にも、レンタカーを借りる場合にクレジットカードでないと借りることができないというケースもあります。このように海外では、クレジットカードを持っている人は信用できるというのが認識あたりまえになっていますので、海外旅行の際は必ずクレジットカードを持って行くようにしましょう。

現金両替よりも安い!?お得なクレジット払い・キャッシング

海外では日本円が使えないので通貨両替をするのが当たり前ですが、実はクレジットカードで支払いをした方が安くなるのを知っていますか?例えば、日本円をドルに両替する時に手数料を3%程取られます。つまり100万円両替した場合97万円しか手元に残らないわけですね。3%程度ならまだ良いのですが、マイナーな通貨になるほど手数料は高く、10%以上ということもあります。

一方、クレジットカードは手数料が例えば1.63%程度取られるだけで、通貨両替をするよりも断然安いですね。「金利がかかるのでは?」と思う方もいると思いますが、それは分割払いの場合だけですので、一括払いをすれば金利がかかることがありません。ですので、結果として海外旅行ではクレジットカードでの支払いが一番お得だというわけです。

もちろん、いくらクレジットカードでの支払いがお得だからといって、多少は現金を持っていないといけません。そんな時はクレジットカードでの「キャッシング」が便利です。ATMにクレジットカードを入れるだけで現地の通貨が現金で引き出せます。

しかし、日本でキャッシングと聞くとネガティブなイメージがあり「手数料をたくさん取られるのでは?」と心配に思いますが、実は現金両替よりも安い場合がほとんどなのです。例えば年利18%でも、これは「1年間借りた場合18%かかる」という意味ですので、翌月に一括で支払えば手数料は1か月分の1.5%、2ヵ月後でも6分の1の3%です。よって、現金両替よりも安くなるというわけですね。